So-net無料ブログ作成
検索選択

本「スカーレット・ウィザード (1)」宇宙を自由に飛び回るSFファンタジー世界 [本]

スポンサードリンク




スカーレットウィザード (1)」著者 茅田 砂胡

★★★★☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

SFスペースファンタジーです。
宇宙空間を縦横無尽に飛び回る世界。
惑星間を行き来し宇宙ごと一つの世界となっています。 
その中でキング・オブ・パイレーツ「海賊達の王」と呼ばれる一匹狼ケリーと巨大財閥の女王ジャスミンの恋愛(?)が見所。
ジャスミンは財閥の一人娘であるが結婚しないと財産を継がせないと言われ旦那にするにふさわしい男を探す。
そこで目を付けたのが海賊王と呼ばれるケリー。
身長2M近く思わず二度観するほどの美男子、でも誰ともつるまず孤高の一匹狼を貫いている。
産まれながらに女王然としたジャスミンに堂々と求婚されるが…。

スカーレット・ウィザード〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)

スカーレット・ウィザード〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)


スカーレット・ウィザード 全5巻完結セット (C・NOVELSファンタジア)

スカーレット・ウィザード 全5巻完結セット (C・NOVELSファンタジア)

  • 作者: 茅田 砂胡
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2001/04/01
  • メディア: 新書
ケリーのかっこよさに惚れ惚れするわ。
そして財閥の令嬢ジャスミン。
こう書いてしまうとか弱き美女を想像しちゃいますが、彼女も身長175cm体格の堂々とした男らしい(?)性格の持ち主。
その彼女が契約結婚の相手に選んだのが海賊王だというところがまた面白いわけで。
それぞれのキャラが際立って個性的。
あと一番読んでてどきどきわくわくするのが、宇宙を舞台にしているということ。
人工知能を搭載した宇宙船で惑星間を自由に行き来している時代。
その中で積み荷を奪う宇宙海賊も登場。
あまりにリアルに生き生きと描かれているので、もうそんな時代が到来してるかのように錯覚しちゃうほど。
本当に宇宙に人類が進出していたら、地球上での戦争なんてなくなってるだろうね。
宇宙にある無限の惑星の中から資源も見つかるだろうし、他の生き物だっているかもしれない。
あくまで狭い一つの惑星の中に縛られているからこそ、戦争はなくならないんだろう。
その意味でもものすごく視野の広いお話になるし、その中での財閥つったらもう想像もできないくらいのお金持ち。
ジャスミンにはいろいろ事情があるんだけど、淡々と結婚しろと言われてもそりゃ簡単にケリーは結婚承諾はしないよねぇ。
特に一人で生きている海賊なんだから。

どうやってジャスミンが彼に結婚を承諾させるのか、それは読んでのお楽しみ。
思わずにやにやしちゃうお話です。
一巻一巻ちまちま買って読むんじゃなくて一気買いして読むことをおすすめします。
ルナ26.jpg
え?結婚って無理やり承諾させるものにゃの?
【本過去記事】



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←ブログランキング参加中です。お手数ですがポチっとして頂けるとめっちゃ嬉しいです^^

まずはこちらを読んでから↓

デルフィニア戦記全18巻化粧箱(沖麻実也・画)セット

デルフィニア戦記全18巻化粧箱(沖麻実也・画)セット

  • 作者: 茅田 砂胡
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2005/02/08
  • メディア: 大型本





スポンサードリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。