So-net無料ブログ作成
検索選択

本「Doctor-X 外科医・大門未知子」米倉涼子主演の人気ドラマ完全ノベライズ [本]

スポンサードリンク




「Doctor-X 外科医・大門未知子」著者 百瀬しのぶ

★★☆☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

大学病院で三人の外科医が突然辞める。
その後釜として雇われたのがフリーランスの外科医、大門未知子だった。
彼女は権力や地位にはまったく惑わされずわが道を行く。
医師免許の必要ではない仕事は一切「致しません」という。
しかし外科手術の腕は一流だった。
金と権力の野望渦巻く大学病院でいやおうなく権力争いに巻き込まれるのだが…。

ノベライズなのでほぼほぼドラマを観るのと同じやったはず…と思う。
ドラマは観てないので本で読んだ。
ただ、このノベライズ書いてる人、ちょっとわかりにくい。
誰がしゃべってるのか時々わからないことがあったわ。

こういうお医者さんどっかで見たか読んだわ…な展開。
例えば「ブラックジャック」とか「医龍」とかで。
ただそれよりもっと人間としてコミュニケーションが取れないのが大門かも。
いくら手術の腕が良くてもこういう態度では周囲と上手くいかないわなぁ。

ドラマのノベライズなので誰がどれを演じているのかが書かれていた。
主人公の大門は米倉涼子。
これはなかなかイメージ通りな感じ。
てかノベライズなんやからイメージもくそもないけども。
結構医療用語も出てくるから、これ役者さんたちセリフが大変やったやろうね。

「私、失敗しないので」というセリフが決まり文句みたいやったけど、半沢みたいに流行りはしなかったねぇ。。

タカビーなフリーランスの外科医が、その腕で次々と患者を救っていく…というどっかで読んだようなお話ですわ。
あまりにタカビーなのでこの人社会不適合者ちゃうかと思うくらい。
そら大学病院のようなところでは生きていけないわ。
どうやら世界のあちこちで手術の腕を磨いてきたっぽい。
まんま医龍やな。。

確かに、みんなの反発の中次々手術を成功させる手腕とか観てて気持ちいいのかもしれない。
でもノベライズ読んで私は余計にドラマ観る気が失せたな…。
ただ、実は次の巻もあるので読むつもり。
実家の父がこのドラマにハマったらしく、ドラマだけで満足できずにノベライズを2冊も買ってたんよね。
それを貰ってきて読んでます。

ドラマ観てないので興味はあるけど、どうも主人公は好きになれないタイプ。
どうしてタカビーな主人公はたいてい美女なんでしょうか。
ぶちゃいくはタカビーになってはいけないということでしょうか。。。

ただ小説の中でたびたび新米の医師が言ってるけど、多少タカビーであっても腕が良い外科医に手術して欲しいのは事実。
大学病院の教授だからと言って必ず手術の腕が良いとは限らない。
それは今まで医療小説を多々読んできてわかってる。
でも教授執刀というだけでありがたがらないとあかんと言うね。

こういう小説が世間に出回るようになって大学病院の医師や教授たちはどう思ってるんだろう。
地位や名誉を求めて派閥争いで必死になってるのを面白おかしく書かれて。
こんなの読んで医者になろうと思う人が減らないといいなと思いますわ。

とりあえず、医療小説大好きな私ですが、これはあまり面白いとは思わなかった。
でも一応続きは読みます、気になるので。

米倉涼子さんは好きですが。
ドラマは続編あっても観ないだろうなぁ。

ルナ72.jpg

お医者さんは嫌いにゃ!!!

【本過去記事】
本「楽園の闇に抱かれて」ハーレクインお得意の官能小説でした 
本「悪魔は地下室で歌う」ジョン・ソールお得意の誘拐虐待、娘をもし攫われたら?



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←ブログランキング参加中です。最近はドラマ見逃してもノベライズ出るからいいね!な私にポチって頂けると大感謝です。

メンズの履きやすいパンツです↓





スポンサードリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。