So-net無料ブログ作成

本「過去の眠る館」公爵からのプロポーズを断る女性の真意とは…私ならすぐOKなのに… [本]

スポンサードリンク




「過去の眠る館」著者 キャンディス・キャンプ

★★★★☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

モアランド公爵家の物語第三弾。
公爵家唯一の常識人リード。彼は三年前に愛する女性アンナに振られていた。

その心の痛みを抱えたリードはある夜、アンナが危機に陥る夢を見る。あまりにリアルなその夢に胸騒ぎを覚え、再び彼女の元へと駆けつける。

そしてリードがアンナの前に現れた後、三十年前に起こった連続殺人事件とまったく同じ事件が再び起こった。

森を闊歩するという野獣の正体とは。そしてアンナがリードとの結婚を避ける理由とは。。。

過去の眠る館―モアランド公爵家の秘密 (MIRA文庫)

過去の眠る館―モアランド公爵家の秘密 (MIRA文庫)

  • 作者: キャンディス キャンプ
  • 出版社/メーカー: ハーレクイン
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 文庫

面白かった!
殺人事件の犯人もわかりにくくしてあるし、過去のお話も上手く現代に繋がっている。

ただの甘い甘い恋愛ものではなくて、殺人事件が起こって野獣の仕業だと思われてて…とかちゃんとサスペンスフルになってるとこが高評価。
一体、犯人は?とか、公爵を断る理由は?とかわくわくしながら読める。

ハーレクインだけど、上質なサスペンスでそこに恋愛をからめてきてて…これはなかなか良かった。
この作者さんは、甘い甘い恋愛を書くのも上手だし、決してストーリーもそれだけじゃないから面白い。


最後はハーレクインらしくハッピーエンドなのだけど、そこもまたほっとさせられた。
サスペンスあり、魅力的なキャラありのおすすめできる作品。

ルナ87.jpg

わたちも美猫だからハーレクインヒロインにぴったりにゃ?

【本映画過去記事】




スポンサードリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。