So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「そして父になる」福山雅治が父親役に…子供の取り違え、血を取るか一緒に過ごした時間を取るのか [映画]

スポンサードリンク




「そして父になる」2013年日本映画

★★★★☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 是枝裕和

出演者 福山雅治 リリー・フランキー 尾野真千子  真木よう子

建築会社に勤めるエリート野々宮。妻と小学受験に合格した優秀な息子と3人家族で幸せに暮らしていた。
ところがある日、息子は病院で取り違えられた他人の子であると判明。
6年間育ててきたわが子には血のつながりはなかった…。
血の繋がりのある実子を引き取るのか、それとも一緒に過ごした時間が長い「息子」を取るのか…。
野々宮が下した決断とは…。

ストーリーはシンプルだけどテーマはめっちゃ深い。
もし6年間育ててきた子が病院側の手違いで他人の事取り違えられていたら。。。

野々宮はおそらく学歴も高くエリート、イケメンだからモテてきただろうし、給与も相当貰ってる。
でも自分が父親との関係を上手く築けなかったため、自分の子供にも接し方がよくわかっていない。
自分の理想通りに子供に育つように言い聞かせてる感じの父親。
子供がピアノが上手く弾けなかったりするといらだつ。

でも決して子供を愛してないわけじゃないと思うんだよね。
愛し方が下手っていうだけ。
高級マンションに住み高級車に乗り息子は私立の小学校に受験して入る。
絵に描いたような憧れの家庭。
こちらが福山雅治と尾野真千子の夫婦。

もう一方の野々宮の実子を育てている家族。
リリー・フランキーと真木よう子の夫婦。
町の小さな電器店を営み、子供は3人。
ボケかけている老人も一緒に同居。
裕福ではないが、暇な父親はいつも一緒に子供たちとふざけ遊ぶ。
兄妹も仲が良くいつも一緒。

さて、どちらが子供にとって良い環境で幸せなんでしょうか??

これが難しいんだよね。

父親と一緒に楽しく遊ぶ子供たちを観ているとこれが幸せなんだろうな~と思える。
でも将来的に町の小さい電器店の父親とエリートサラリーマンとじゃかける教育資金にも違いが出てくる。
そうなるとやはりお金があったほうがいいのかも…と思えるしね。

ただこの映画はお金持ちで冷たい家族と、貧乏で明るく温かい家族との対比を描いてどちらが子供にとって幸せかを問う映画じゃない。

福山演じる野々宮は最初は子供と一緒に遊ぶことをしないのだが、実子を引き取ったあと態度を改め子供と一緒に楽しむことを覚える。
実子が早くなじめるようにとの配慮だとは思うけど、子供が喜ぶことで自身も楽しめることに気が付く。

おそらく彼もリリー・フランキーの子供との接し方を見ていて学ぶことがあったんだろう。
映画のタイトル通り彼は徐々に「父」になっていくのだ。

彼らは結局それぞれ子供を交換し、実子を育てることになるのだがどちらも家になじめてはいない。
どこか他人行儀でいつうちに帰れるのか…と思っている。
子供にとっていきなり「はい今日からこの人がパパとママです」と言われてもわけがわからないだろう。
もう子供が不憫で不憫で映画途中からずっと泣きっぱなし。

どんな家庭環境だとしても、子供にとって生まれた時から一緒に居る人が親でなじみ深くて信頼できる場所なんだと思う。
お金持ちだろうと貧乏だろうと子供はその環境で育ち馴染み違和感なく暮らしていくのだ。

もしもしこんなことが実際に起こったら。
わたしだったらとても育ててきた子供を手放すことはできないだろう。
でもきっと…どっかで自分の本当の子ではないから…みたいに思う場面が出てくる気もする。
それはどちらにとっても不幸な事だ。
かといって6年も育ててきた子を手放して見知らぬ子を新たに育てるなんてできるだろうか。
オムツを替えて夜泣きをなだめ、初めてママと呼んでくれた日、初めて立った日、初めて歩いた日、そういうものをなかったことにできるだろうか。

一緒に過ごした時間ってめちゃくちゃ重いと思う。
それは血の繋がりよりずっと重い気がする。
産みの親、育ての親…でいいじゃないかと思うんだけど。

映画のラスト。
諸説あるみたいね。
あのまま親戚付き合いをしていくのはデフォだとしても。

実子を引き取るのか、今まで育てた子を引き取るのか。

私は育ててきた子を引き取る…になるんだと思った。
福山は育ててきた子「けいた」に謝る。
今まで父親らしくなくてごめんと。(出来の悪い父だったかな?忘れたけどそんなようなこと)
そしてミッションは終了したとけいたを抱きしめる。

引き取った実子(りゅうせい)は電器店に戻り「ただいま」と言う。
「おかえり」と受け入れるリリー夫婦。
りゅうせいは自分の居場所は電器店だとはっきり認識しているように思えた。
帰る場所はあそこだ、と。

あれをまた引き取ってマンションに連れ戻すなんてできないと思う。
あとはけいたがマンションに戻りたいと言えばきっとそうなると思う。
けいたは父親(福山)が出来の悪い自分をいらないんだと考えてると思える。
でもきっと再度戻った時には、福山はもっと父親らしくなってるんだろうな。
けいたが嫌だと思うことを無理強いしたりはしないと思う。
理想に無理に近づけようとすることを辞めると思うんだよな。

将来、けいたやりゅうせいが大きくなった時に、実は産みの親は別にいるんだ…と教えることでいいんだと思うけど。
どちらの両親にも愛されてるんだと理解させれば彼らはきっと恨んだり怒ったりしないと思う。
だから映画もそういう方向になると思ったんだけどなぁ。
それぞれ実子を引き取るラストだと言う人もいるし。。。

まぁ観た人それぞれが勝手に想像したらいいんちゃうかな。
それが狙いやと思うし。
自分だったらどうするか、どうするのが一番いいのか、きっとそれぞれで出す答えは違うし。
でも子供の事を考えて出す答えなら全部正解なんじゃないかと。

いろいろ考えさせられる映画でした。
福山雅治が出てるってだけでもいいのに、彼がどっちかと言うとちょっと嫌な男の役だったのも新鮮でしたわ。
こういうのも似合うなぁ。。

ルナ90.jpg

結局福山雅治でしゅか…。

【本映画過去記事】
映画「オープン・シーズン」気の弱いクマは野生に戻れるのか?! 
本「過去の眠る館」公爵からのプロポーズを断る女性の真意とは…私ならすぐOKなのに…
本「あなたに会えたから」イケメン獣医師と失語症の女性のピュア恋愛


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ←ブログランキング参加中です。福山雅治がだんなだったら…ぎゃーー勿体なすぎて想像すらできん!な私にポチ下さると妄想が加速します。

夏に向けて今から本気脱毛!↓






スポンサードリンク



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。