So-net無料ブログ作成
検索選択

本「孤高のメス 6 外科医当麻鉄彦」脳死肝移植に成功した当麻だったが… [本]

スポンサードリンク




「孤高のメス 6 外科医当麻鉄彦」著者 大鐘 稔彦

★★★★★(個人評価 ★多めならおすすめ)

地方の病院で脳死肝移植に挑み無事に成功させた当麻。

しかしその風当たりは強く、とうとう同じ院内でまでもバッシングが起こってしまう。

この巻は何度か泣けてきた。
当麻がどれだけ周囲の看護婦や技師や患者に慕われていたか、そしてまた多くの医者の指針となったかが胸を打った。

当麻に命を救われた大川町長が島田院長に対して言い切った言葉にも泣けた。


今まで教授って言うのは手術が上手いんだとばっかり思ってたけど違うんだね。。。
なんかこの本読むと医療関係者に対して不信感がふつふつと。


小説内では、あまり当麻の心理描写がなされない。
そこらあたりがもどかしい時もあるのだけれど

その辺がかえって当麻の外科医としての優秀さが感じられた理由かもしれない。
クールというか人間離れしたっていうか。


これほんっとに面白かった。
超おすすめ。


ルナ90.jpg

お医者選びは大事にゃ

【本映画過去記事】
映画「劇場版 ATARU ‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐」サヴァン症候群であるアタルが難事件に挑むが?!
映画「かもめ食堂」フィンランドで和食食堂を営むサチエ。憧れの生活がここに。。。 
映画「オープン・シーズン」気の弱いクマは野生に戻れるのか?! 



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←ブログランキング参加中です。やっぱりお医者さまに逆らうなんて絶対できない!なわたしにポチ頂けたら感謝です!

今流行りのFX!口座開設も簡単↓







スポンサードリンク



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。