So-net無料ブログ作成
検索選択

漫画「キャットストリート」花より男子の神尾葉子作。引きこもり生活から外の世界へ! [漫画]

スポンサードリンク




「キャットストリート」著者 神尾葉子

★★★★☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

有名な子役だった青山恵都(ケイト)は友達に裏切られたことで舞台に失敗。
それからは学校にも行かず家に引きこもりの生活を送っていた。
16歳になったケイトはある日外で見知らぬ男性から学校へと誘われる。
そこはいろいろな理由で学校へ行けなくなった子たちが通うフリースクールだった。
行ってみようか…ケイトの人生がまた動き出した。

花より男子が大好きでこの人の他の漫画も読んでみたくて購入。
正解でした。
芸能界から引退し引きこもり生活を送っていたケイトがフリースクールで信頼できる仲間に会い、徐々に変わっていく様子を克明に描いた作品。
やはり友達ってめちゃくちゃ大事だと思ったわ。
華やかな芸能界で活躍していたケイトには友達がいなかった。
ようやくできた友達は同じ舞台にダブル主演する相手。
ダンスが苦手なその子に親切に教えていたケイト。
だが相手はただケイトを利用していただけだった。
舞台の幕が上がる直前、その子の本音を聞かされショックのあまり立ち尽くすケイト。
そのことで芸能界に居られなくなり引きこもりへと。
そのケイトがフリースクール(自由に登校し、自由に授業を受ける)に行くことで、自分の進む道を見つけるというお話。
フリースクールに行ったとしても、そう上手く友達が見つかるわけではないよね。
特にその学校が、不登校とかいじめとか普通に学校に行けなくなった子たちばかりなら。
みんな人間不信でコミュニケーションが取れないからこそ、フリースクールに来てるわけだから。
その意味では、まぁご都合主義と言えなくもないんだけど。
しかも知り合う男子はすべて超絶イケメンというね。
ずるいやろ!!!!!
ま、漫画に怒っても仕方ない…。
実際にもこういう自由な学校あるのか知らないけど、こういうのいいな~。
7年も学校行かず家に引きこもるってどんなだろ。
娘がそうなったら一体親に何ができるんだろ、といろいろ考えたな。

娘の人生だからと突っぱねることもできるけど、やっぱりあれこれ口だしするだろうなぁ。。
怒ったり。

わたしには黙って見守るということができないわ。

ケイトがフリースクールで出会った友人たち。

サッカーでの人間関係に挫折した怜(イケメン)
PCオタクでIQが高い天才の浩一(イケメン)
ゴスロリが大好きな紅葉(もみじ)
みんな普通の学校でははみ出してしまった。

しかしみんな美男美女でね、特にケイトは元子役ということで美少女という設定。
いや、みんな同じ顔なんですけどもね。
そない上手くイケメンばっかりと知り合うのかよ!みたいな妬みは出ますわな。

外の世界で出たばかりのケイトは無菌培養されてたのと同じ。
小学校で同じクラスだった男の子、大洋と再会し、彼を好きになってしまう。
でもぐずぐずしているうちに他の女子と付き合ってしまう大洋。
初めての失恋に子供のように泣きじゃくるケイト。
大洋と付き合うことになった女の子がまた良い子なんだよ~。
好きだという気持ちって持てるだけで幸せやねぇ。
成就すれば一番いいけど、たとえそれがかなわない恋であってもね、いろんな感情が出てくるもん。
まぁ大人になった今だからこそ言えるんかもしれんけど。

基本嫌な人間が出てこない漫画。
お約束ですが、怜がケイトを好きになり、付き合うことにはなりますが。。。。。

まぁネタバレはやめておきましょう。
でも結構どきどききゅんきゅんします。

いいな~~!!!!

ほんとに7年引きこもった人がここまで上手に社会復帰できるかと言えば難しいと思う。
でもずっと他人のせいにして生きてきたケイトが自分自身の足で立ち始めて、ようやく前に歩けるようになる。

これは重要。
親が悪い学校が悪いと責任転嫁して生きてる人はいっぱいいるんちゃうかな。
それを自分自身のせいなんだとまずは認めることが始まりやと思うから。
でもこれが難しいねんな~。
他人のせいにしてると楽だからね。

この人の漫画って花より男子もそうだけど、ただの恋愛ものではなくて、成長物語でもあるのがイイ。
それぞれが変わっていくのがね、いいねぇ。
ただただあっちが好き、でもこっちから告白され、でもあっちと付き合ってて…みたいなごちゃごちゃ恋愛だけじゃないのが読み応えあると思う。
感動も呼ぶし。

出てくる人たちは美男美女だから現実味まったくないけど、内面をね見るようにすれば大丈夫。

とりあえず立ち止まるときがあってもいいけど、なんらか行動しないと何も変わりませんよ、と。
ケイトだって16歳でやり直せたから良かったけど、これ、何十年も引きこもって30歳とかになってたら?
フリースクールだって行けるかどうか…。
でも40であっても50であっても学ぶ場はあるし、歩きだすのに遅すぎることはないよねぇ。

よし!頑張って生きていこう!…かな…。
と思える前向きになれる漫画でした。
当然ハッピーエンドなので安心してどっぷりこの世界に浸ってくださいね。

あ、ちなみにタイトルのキャットストリートっていうのはヨーロッパの家の屋根につけられる猫の形のオブジェ。
野良猫が屋根に上がって人間たちを見おろしながら集会を開くという姿を現しているそう。
自分たちの姿を重ね合わせたケイトたちは、フリースクールの屋根に設置するわけです、ラストに。
そんな感じで。

ルナ101.jpg

わたちは何年も引きこもりにゃ!

【本映画過去記事】
本「春の雨にぬれても」壁の花シリーズ最終巻。胸が温かくなりますな~ 
映画「ブロウ」ジョニー・デップの真面目な演技もイイネ!実在する麻薬王のお話です
漫画「僕になった私」男女入れ替わりの学園物語。どっかで読んだことあるような…



にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ←ブログランキング参加中です。毎日更新の応援ポチ頂けたらめっちゃ嬉しいな~てことでお手数おかけいたしますがよろしくお願いします。


スポンサードリンク



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。