So-net無料ブログ作成

映画「最強のふたり」生活も境遇も人種も違うふたりが親友になるまで… [映画]

スポンサードリンク




「最強のふたり」2011年フランス映画

★★★★☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 エリック・トレダノ オリヴィエ・ナカシュ

出演者 フランソワ・クリュゼ (フィリップ) オマール・シー (ドリス)

首から下がマヒし動かなくなり車いす生活の大富豪、フィリップ。
住み込みの介護人として雇われたのは、貧困層出身で前科のある黒人ドリスだった。
彼はフィリップを障碍者として扱わず、一人の男性として世話をする。
フィリップは徐々にドリスとの生活を楽しみ始める。

冒頭いきなり車の暴走シーン。

一体何が起こったのか?と思いきや、単にドライブを楽しんでいただけという。

最強のふたり.jpg
映画.comサイトより画像引用

この映画は実話を基に作られている。
これテレビで見て知っていた。
なので、映画の内容もうすうすわかって観ました。

わかって観てても面白かった。

ブラックジョークを連発するドリスにはらはらしたけど、笑顔になるフィリップを見て、ああ笑っていいんだと。

フィリップは障碍者を腫物を扱うように丁寧に接する相手に辟易していたんだろうと思う。
ドリスが面接に来た時に、半ばやけくそのように彼を雇ったんじゃないかと。
最初は好奇心で雇ったドリスだったけど、彼を普通の男性のように扱い、楽しみを教え、あれをしたらだめこれをしたらだめと指図しない。
平気で大麻たばこを吸わせ、娼婦を呼びよせる。

最強のふたり2.jpg
映画.comサイトより画像引用

フィリップにしたら新鮮だったろう。
障碍者になってからすべての楽しみを奪われたように感じていたんじゃないかな。
それをドリスが一掃してくれた。
これはドリスの性格なんだろうな。
障碍者であろうが、お金持ちだろうが、白人だろうが、紳士だろうが、一緒。
尊敬し敬いもしないけど、決して見下したりもしない。
同じ男だと思ってそう扱う。
ただ、行動が制限されていて、「やっかいだな」と感じるだけ。

最強のふたり3.jpg
映画.comサイトより画像引用


そういうドリスに徐々に心許していくフィリップ。
彼はきっと健常者だった頃から、周囲には同じお金持ちの紳士ばかりだっただろう。
障碍者になって初めてドリスのような貧困層で、前科者で、ガサツな人種を知ったんだろうな。

この映画はただの障碍者と健常者の友情物語ではないと思う。

人種、境遇、環境、お金のあるなし、障害があるなし関係なく友情というのは育まれるものだということ。

この二人は観てても気が合うのがわかる。
ユーモアを楽しむ感覚も同じ、笑えるつぼが一緒って大きい要素だよねぇ。
それ以外は音楽も絵の鑑賞感覚も違う。
当然性格も好みもすべて違う。
でもそれと関係なく友情というものは有りえるのだとこの映画は言ってる気がする。

一緒に楽しく過ごせるかどうか、一緒に笑えるかどうか、楽しもうとする感覚が一緒かどうか、こういうのが重要なファクターなのかもしれない。
これなら人種も健常者も障碍者も関係ないからね。

障碍者に相対するときって、慣れてないとすごく難しい。
必要以上に手伝うのもどうかと思うし、かといってぞんざいに扱えないし。
その人自身がどう感じどう考えてるか、すぐに理解できるわけでもないしね。
その点、子供ってすごい。
仲間に障碍者がいても、自然に手伝うし、必要以上に世話を焼いたりもしない。
この子はこうなんだと受け入れているように見える。

大人はだめだね。なかなか考えすぎてしまって。
ドリスはきっと子供に近い感覚の持ち主なのかもしれない。
その人の姿あるがままを受け入れることのできる人。
多少動くのにやっかいだけど、俺と一緒の男じゃん?みたいな。

だから平気で障碍者をジョークにする。
ヒトラーまでもジョークにする。
普通は言わない。
彼は障碍者が可哀相だとか、みじめだとか思ってないから平気でジョークのターゲットにしてしまう。
フィリップはそれを一緒になって笑う。
彼にとって同情されたり、必要以上に気遣われたりするのは嫌なんだと思う。
プライド高そうだから。

二人がたまたま出会って、気があって、親友になれたのは本当に奇跡のようなものだろうね。
これが実話なんだから驚く。
普通だったら接点のない二人なんだから。

ずっとフィリップの介護をするのかと思いきや、離れてしまうところもびっくり。
今ではフィリップは再婚し、二人の子供を持ち、ドリスは会社経営しているというナレーションが。
でも二人はずっと友達。

なんらか大きな事件が起こるわけでもなし、ずっと一緒に暮らしました…というオチでもなし、介護人と雇い主がそういう立場ではなくなっても一生変わらぬ友情を得ました…という映画なのがいいね。

ルナ118.jpg

わたちの一生の友達は…ママかにゃ?←そうだね。

【本映画過去記事】
本「デイジー・メイ」結婚否定論者の彼と結婚するには?!
映画「かぐや姫の物語」高畑監督が描く竹取物語の世界。姫の犯した罪と罰とは…
本「天使の迷い道〈上〉〈下〉」アメリカンドリーム!スターへの道 



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ←ブログランキング参加中です。一生の親友に出会えたらそれは一生の幸せを手に入れたこと…だと思うわたしにポチって下さると嬉しいです。



人気のプラセンタ原液↓







スポンサードリンク



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。