So-net無料ブログ作成

本「翼ある者のさだめ」神をも恐れぬ所業で翼のある子供たちが生まれた。彼らの運命とは。 [本]

スポンサードリンク




「翼ある者のさだめ」著者 ジェイムズ・パタースン

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

翼のある子供たち続編。
違法な人体実験の結果生み出された奇跡の存在である翼のある美しい子供達。

キットとフラニーの働きにより助け出された子供達はマスコミ、世間に翻弄される。
実父母の元にばらばらに戻された6人は幸せではなかった。

キットとフラニーが実の両親のようになっていたからだ。
彼らの実父母と親権を争うキットとフラニー。

そのさなか、再び翼のある子供達が武装集団に襲われる。
あの悪夢はまだ終わっていなかったのだ。
彼らの運命は…。

翼ある者のさだめ (ランダムハウス講談社文庫)

翼ある者のさだめ (ランダムハウス講談社文庫)

  • 作者: ジェイムズ・パタースン
  • 出版社/メーカー: ランダムハウス講談社
  • 発売日: 2007/02/02
  • メディア: 文庫
うーん。ラストは良かったんだけど、結局は「復活」というのは一体なんだったのかわからん。

どうやって死んだものを生き返らせたり、自分が若返ったりしてるんやろか。
ヤングアダルト向けらしいからそのへんは詳しく説明を省いたんかもな。

医療サスペンスというよりかは荒唐無稽なファンタジィーに終始した感じ。
それはそれでおもろいんだけどさ。ちょっと物足らないわ。


ラストはハッピーエンド…かな。

なんかまだ続編が書けそうな感じやけど。


どうやら映画化されているらしい。
この美しい子供達をどうやって撮るのか興味あり!

ルナ124.jpg

この美しい毛皮があるから翼はいらにゃい

【本映画過去記事】
映画「ガタカ」近未来、遺伝子操作で優秀な子供だけ選別して産まれる社会。劣性遺伝子を持った ヴィンセントは宇宙飛行士を夢見るが…
本「愛は炎のように」別居中の夫と再会…まだ彼を愛してる妻は… 
映画「ひまわりと子犬の7日間」命の期限は7日間。それまでに家族になれるのか?! 



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←ブログランキング参加中です。もし私にも翼が生えたら…黒い羽のような気がする今日この頃、ポチって頂けると嬉しいです。

ナチュラル服の福袋です↓





スポンサードリンク



nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 8

コメント 2

mitsuya

設定が中途半端なSFってちょっとイライラしちゃいますよね(^_^) それにしても翼ネタって結構多いんですね(*^^*)
by mitsuya (2015-05-12 08:21) 

youyou_s

>mitsuyaさん やっぱり翼って夢がありますからねぇ。自分自身で空が飛べたらいいですもん。でも翼があったら服の背中を破かないと着れませんよねぇ。
by youyou_s (2015-05-12 17:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。