So-net無料ブログ作成
検索選択

本「脳漿炸裂ガール どうでもいいけどマカロン食べたい」人気ボカロの小説化第二弾。女子高デスゲームの勝者はだれ? [本]

スポンサードリンク




脳漿炸裂ガール どうでもいいけどマカロン食べたい」著者 吉田 絵里香

★★☆☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

突然理不尽なゲームに強制参加させられた市位ハナ
友達になった稲沢はな、と共にゲームになんとか勝ち抜いていく。
このゲームを仕掛けていたのが学校の教師たちだったとわかる。
そしてこのゲームの正体と黒幕が明らかに。。
ハナは勝者=金の卵になれるのか?!

脳漿炸裂ガールの第二弾。
【ネタバレしますので未読の方は注意】
前の巻で、市位ハナが突然デスゲームに強制参加させられたところからの続き。
憧れていた稲沢はな、とタッグを組みなんとか勝ち抜いてきたハナ。
飼育員と呼ばれるゲーム主催者側の人間たちの中に、教員実習生がいることが判明。
そのうちの一人、久保賀がゲームの秘密を教えると言いだす。
そしてこのゲームの考案者の名前は「稲沢」だと告げる。
なんとなく想像つく展開。

元々、このゲームの世界では死んだことになっても、元の世界に戻ったら生きてるんじゃないか…と薄々感じてた。

しかし!!!

将来の指導者を見つけるため、その金の卵を見つけるゲームと言うけど、そんな生死にかかわるゲームしなくてもわかるんちゃうのかと。
しかもゲーム考案はできたとして、この違う世界っぽいのはどうやって作ったのか。
しかも前頭葉を破壊し、ロボトミー手術と同じ効果を得て、奴隷と化す…というのも、現実世界に戻った時に問題ありありやんか。

もうね、前提からおかしいし、その結果も、効果も、オチも納得いかない…。

いいのか?中学生向けとは言えこんな破綻した内容で。
なんとなくでごまかされるのか?

しかも、主人公市位ハナは勝者で指導者の地位を獲得するが、この世界にとどまると宣言。
そのあと、彼女たちは時折現実社会に出没し、腐った大人たちを粛清していくという。

てことは、失踪者がやまほど出てるってことやん。
問題になるやろ。
都市伝説にしてる場合ちゃうやろ。

まぁ、この小説は続きがあるらしく、また違った展開になるのかもしれんけど。
ちょっと、内容的に??????な部分が多すぎて読んで面白かった!と単純に思えなかった。

ボーカロイドという誰でも気軽に作詞作曲が出来て、おまけにボーカルもつけられるというソフトが出たおかげで、隠れた才能を持つ人たちがyoutubeに発表し、それが話題になるという良い結果が生まれた。
何十万回という再生回数を得た人気曲はCDにもなるし、こうして小説化もされる。
素晴らしいことやね。

今、娘がめちゃくちゃボカロにハマっていて、3DSで聞きまくっている。
内容的には中二病的なものが多くて、親としては複雑。
自殺であったり、世の中を悲観するものだったり、何度も死ぬ系だったり、ちょっと病んでる風なものが多い(ような気がする)。

昔だったら、例えば尾崎豊にしても、最低な大人たちを非難し、そうなりたくない的な、腐った世の中で檻を壊し生きていく的な、前向きな歌詞が多かった気がするんだよなぁ。
でも今のボカロは歌詞を読んでいても(機械が歌っているので歌詞がよく聞き取れない)、狂った世界でただ踊るとか、結果どうしようもないと、諦めている系が多い(気がする)。

ボカロの一部分しか聞いてないのに断言したくはないけど、人気曲と言われるものは総じて暗い歌詞が多い(気がする)。
あとは、やたらめったら難しい文字を入れたがる(気がする)。
脳漿炸裂っていうのもその一種というか。

機械的な声(有名なのは初音ミク)が、私なんかだと全部同じ曲に聞こえてしまう。
これが年を取ったということなのかもしれないな。

今回読んだ本はボカロからイメージ喚起され小説化されたもので、こういうパターンの小説やコミックがたくさん出版されている。
娘はこれを読みたがっているのでまだこれから購入するものもあるだろうな。

年代の差とか、時代とか、色々あるだろうけど、こうやって理解できないものがどんどん娘と私の間に増えていくのかもしれない。
少なくとも頭っから否定しないで、とりあえずは受け入れてはみようと思う。
その結果、私も気に入る場合もあるだろうしね。


一般の人が曲を作り、イラストをつけ、動画をネットにアップし、それをまた一般の人が気に入り再生する。
誰にでもチャンスが転がっている時代になったねぇ。
そこは素晴らしいと思うのだけれど…。

ルナ124.jpg

ママは機械的な声に拒否反応してるにゃぁ←そうなんかも。でもある意味Perfumeもそうだもんね。

【本映画過去記事】
本「魔力の女」不倫する男性に捧げる…果たして正体は死んだ元恋人なのか否か…。
漫画「デトロイト・メタル・シティ」デスメタルのキング、クラウザーの正体…それはPOPSをこよなく愛する地味な根岸だった 
映画「フリー・ウィリー」孤独な少年と家族から引き離されたシャチの友情の行方は



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←ブログランキング参加してます。ボカロにハマるなんてうちの娘もなかなか時代に沿ってるな、と思うわたしに応援ポチよろしくお願いいたします。


MOUSSYバッグ公式サイト↓






スポンサードリンク



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。