So-net無料ブログ作成

本「クラッシュ・ブレイズ9ー夜の展覧会」ルゥを描いた名画が盗まれた?リィが所有権を主張し事態は混乱! [本]

スポンサードリンク




「クラッシュ・ブレイズ9 夜の展覧会」著者 茅田砂胡

★★★★☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

どうみてもルゥを描いたとしか思えない314年前の絵画「暁の天使」。
しかも作者のドミニクが遺言として残したのは「黄金と翠緑玉の君」これはどう考えてもリィにこの絵を遺したとしか思えない。
しかし美術館に展示された名画をもらっていくわけにもいかず…。
そんな時美術館の改築が終了、その後に展示された「暁の天使」を見てリィは「先週見た絵はどこ?」
そして鑑定の結果贋作だとわかる。
一体どうやって摩り替えたのか?一体誰が?

夜の展覧会―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)

夜の展覧会―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)

  • 作者: 茅田 砂胡
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 新書

300年以上前に描かれた名画「暁の天使」が美術館から消える。
一体どうやって盗んだのか?
って、まぁ、工事期間中に、工事業者が盗んだんやけどね。
黒幕が一体だれかってこと。

ルゥはどうやらあちこち時代を飛び越えて移動していた時期があったらしい。
その時に知り合った画家がルゥを描き、そしていつか現れるルゥの相棒である、黄金と翠緑玉の君、すなわちリィにこの絵を遺したのだ。
しかし、画家ドミニクは有名画家となり、その作品には高額の値が付き、作品は文化遺産とされるようになる。
当然美術館に寄贈され、そこで展示されることとなったのだが。

リィがこれは俺に遺すと書かれているから、俺の絵である、だからこれを欲しい。
と無茶な(でも正当な)主張をして周囲を混乱させるのが面白い。
財閥総帥だったジャスミンをもってしても、手に入れることがかなわない絵。
それを中学生であるリィが手に入れられるわけがない。

そんな時「暁の天使」が盗まれるのだが、贋作があまりに良く出来ているもので、美術館関係者は贋作だと気が付かない。
そこへリィがこれは違う絵だと言い張り、そして真贋鑑定をするべきという密書が届く。
鑑定をするとれっきとした偽物だと判明。

ここでリィが理路整然と言い放つ言葉が面白い。
みんながこれを本物だと思っていたのだから、これでいいじゃない。
これを展示しておけば贋作だと誰もわからないんだから。
だから盗まれた本物の絵は俺にちょうだい、と。

全くその通りだと笑えてきた。
詳しく調査しなければ贋作かどうかわからないほど精巧に作られているのであれば、それでもいいじゃないかと。
もちろん文化遺産なのだからそうはいかないけれども。

結果、リィたちの活躍で名画は無事に取り戻せるのだけど、その過程もいちいち面白い。
刑事たちより先んじてリィやシェラが名画に肉薄する。
でもこの刑事が結構物わかりが良くてそれも面白かったな。
リィの父親であるアーサーも、リィにヨワヨワなところが可愛いわ。
息子から頼られることがあまりないものだから、リィから頼まれると喜んでしまうとことかね。

結局絵はどうなったのか…。
まぁ意外な人物が手に入れてたんやけど、これはネタバレやめとくわ。

ラスト、美術品鑑定の教授が、実物の暁の天使に逢えて感激するとこ…。
なんか微笑ましかったな…。
どこか幸せな気分になれるラストで気持ち良かった。

ルナ124.jpg

わたちをモデルにしたら名画になるにゃ

【本映画過去記事】
映画「最強のふたり」生活も境遇も人種も違うふたりが親友になるまで… 
本「魔力の女」不倫する男性に捧げる…果たして正体は死んだ元恋人なのか否か…。
漫画「デトロイト・メタル・シティ」デスメタルのキング、クラウザーの正体…それはPOPSをこよなく愛する地味な根岸だった



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←ブログランキング参加してます。名画を自分一人のものにしたい…という欲求に全然共感できない美術音痴のわたしにポチって下さると嬉しいです。

リンツのチョコレートはいかがですか?↓







スポンサードリンク



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。