So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「39 刑法第三十九条」堤真一が演じる多重人格の男が犯した夫婦惨殺。果たして彼は裁かれるのか?! [映画]

スポンサードリンク




「39 刑法第三十九条」1999年日本映画

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 森田芳光

出演者 鈴木京香 堤真一 岸部一徳 江守徹 樹木希林

劇団員の男が夫婦を惨殺したとして逮捕される。
しかし精神鑑定の末、彼は多重人格と判明。
心身喪失者の行為はこれを罰しない。心身耗弱者の行為はその刑を減刑するとされる、刑法39条。
彼は無罪になるのか?!
精神鑑定士の助手である小川は違和感を覚えるのだが。

39-刑法第三十九条- [DVD]

39-刑法第三十九条- [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD

映画の最初っから暗い暗い。
登場人物全員暗くてぼそぼそしゃべるし覇気が感じられない人ばかり。
特に主人公である精神鑑定に携わる小川。
おどおどして目を合わせないし、これで鑑定できるの?と観てるものを不安にする。

助手だけでなく、実際の精神鑑定をする教授もおどおど。
目をきょときょとさせて、前かがみで、信用できない感じ。
なんか最後まで観る気が失せる導入部分だった。

まぁ途中からだんだん引き込まれていくんだけど。

助手の小川が家庭に問題を抱えているのもすぐわかる。
母親が病んでいる。
二人の食事に大量の大皿。
それ以外にも母親が食べている感じで、過食症かなと想像する。
小川自体も病んでるのかな?と思わせる感じ。

彼女の家庭も複雑で、父親が人を殺し、逃げる途中で車に轢かれて死亡。
父親は罪から逃れようとしたのではないかと、小川は尊敬していた父親の行動に納得いかないまま暮らしていた。

これで精神鑑定できるのか?とちょっと疑問。
自分自身が過去に縛られ、父親の精神状態ですらわからない精神鑑定士なんて…。
と、途中まで鈴木京香演じる小川に不信感ばかり持ってた。
なんでここまでおどおどするねん!といらいら。
他の登場人物にも、なんでぼそぼそしゃべるねんといらいら。
これもこの映画の演出なんかな。

ただ堤真一の鬼気迫る演技は良かった。
普段爽やかさが前面に出てるのに、悪者の目もできるんや~とびっくり。
この演技だけでもこの映画は価値があったかも。

観ていくにつれて、この映画の複雑さや裏がわかってきて、どんどん面白さは増していく。
ただの多重人格者の殺人事件ではなかった。

刑法第三十九条については、私も疑問に思う部分があるだけに、この映画に共感したわ。
病人でも病気でも未成年でもなんでも、殺人は殺人やと思うけど。
本人に責任がない…なんてどう考えてもおかしい。
病気だから人を殺した、ならその病気は人に危害を加える病気ってことでしょうが。
精神病院に入れて、数年経ったから治った、退院して普通に暮らす…こんなことはありえないんちゃうやろか。
罪は罪だと思うけど。

しかし堤真一が殺人を犯すのをあと数日待っていれば状況は変わっていたのに、なんて運が悪いのかと思うわ。
ネタバレしたくないので書きませんけど、観た方ならわかってもらえるかな。

終始暗いし、みんな覇気が感じられないし、暗い気分になる映画やけど、刑法第三十九条に対して疑問を呈するという意味では良い映画だと思った。
鈴木京香演じる精神鑑定医が、精神鑑定なんて、鑑定士の主観でしかないと言い切るのも良かったな。
人間の精神なんて正確に鑑定できるものではないと思うから。
それに病んでる病んでないなんて少しの差ではないかとも思う。
誰だって激昂し我を忘れる事もあるだろうし、その一瞬で事故が起こらないとも限らない。
狂気なんて誰にでもあって、それが表に出るかでないかの違い程度ではないのか。

小川の母しかり、小川自身もそう、小川の師匠である教授もそう、事件を追う刑事もそう。
みんなどこか病んでる風。

常々刑法第三十九条には疑問があり、未成年を守る法律にも納得いかなかった私としては、この映画は応援すべき映画ではあった。
ただ暗いから最後まで観るのは結構覚悟がいるかもねぇ。

ルナ126.jpg

わたちは病んでにゃい!

【本映画過去記事】
映画「日輪の遺産」マッカーサーの財宝を隠匿せよ、敗戦を悟った軍から密命を受けた少佐は
本「水曜は秘密の香り」毎週水曜日にだけ逢う名も知らぬ恋人。でもそれだけでは飽き足らなくなって…
映画「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」白鳥・田口コンビが挑む最後の謎とは



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ←ブログランキング参加中です。罪は罪として罰することはできないものか…人間に人間を罰することができるのか…となると答えはでないけど…ポチって下さると嬉しいです。


 





スポンサードリンク



nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 2

mitsuya

なんかyouさんの評価読んでたら引き込まれちゃいました。自分も39条と少年法には疑問を感じている部分があるからはまるかも(*^^*) とりあえず、ボソボソ喋るような元気のないヤツはぶーぶーしちゃいましょ
( ̄ー ̄)ニヤリ ちょっとツタヤ行ってきます(^_^)/~
by mitsuya (2015-05-21 07:06) 

youyou_s

>mitsuyaさん いっつも読んでくださっててほんと嬉しいです^^ありがとう♪
少年法も39条も納得いかないので、この映画には共感できる部分もありました。全体的に暗くてぼそぼそで最初の方は観るのがちょっと苦痛だったけど、だんだん引き込まれていきます。
by youyou_s (2015-05-21 08:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。