So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「舞妓Haaaan!!!」舞妓フェチの阿部サダヲが最高に面白い! [映画]

スポンサードリンク




舞妓Haaaan!!!」2007年日本映画

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 水田伸生

出演者 阿部サダヲ(鬼塚) 堤真一(内藤) 柴咲コウ(駒富士

安倍サダヲ演じる鬼塚公彦は舞妓オタク。
舞妓サイトを立ち上げ管理人をやっている。
念願かない、京都に転勤(左遷)。
ところが、一見さんお断りの壁に阻まれ御茶屋に上がることすらできない。。
そこで社長に連れて行ってもらうために一念発起。
そして初めて上がった御茶屋にて一生のライバルに遭遇。

まぁハチャメチャなんですが笑えます。


舞妓が好きで好きで、野球拳をやるのが夢という鬼塚。
舞妓命もここまでくると応援したくなっちゃいますね。

舞妓Haaan.jpg
映画.comサイトより画像引用


 そこまで拘る理由もよくわからんけど。
修学旅行で迷子になった時に舞妓さんに助けてもらった…という恩はあるにしてもね。
大体、柴咲コウという美人の彼女がいるにも関わらず舞妓のため京都に喜んで転勤になるってのもわからんし。
舞妓の応援サイトをネットで運営してるのもなんかリアルで笑えたな。


しかし鬼塚案外やり手(笑
なんでもこなしてしまうところがすごい。
お茶屋さんに上がるには一見さんでは無理。
そこで社長に連れていってもらおうと奮闘する。
無事に舞妓に逢えたのに、そこで野球選手の内藤に邪魔されてしまう。
舞妓を巡ってのライバルとなるわけですな。


しかし舞妓さん可愛いなぁ。
伊東四郎もイイ!堤真一さんもはじけてます。


一生に一回くらいは舞妓もしくは芸妓の格好してみたいなぁ。
…化け物になる予感はあるけど…。
なんせあの白塗りはね~。

ルナ130.jpg

舞妓さんの恰好はやめた方がいいと思うにゃ…

【本映画過去記事】
本「精霊が愛したプリンセス」お姫様なのに精神は不屈の戦士!ヒロインは弱いだけじゃない!
映画「寄生獣」漫画寄生獣の実写化。人間を喰らう寄生生物との戦いを描く。 
本「翼ある者のさだめ」神をも恐れぬ所業で翼のある子供たちが生まれた。彼らの運命とは。



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ←ブログランキング参加中です。中学生ぐらいの時に舞妓さんの恰好したら可愛かったんちゃうかな…たぶん、きっと、そうであって欲しい…というわたしにポチって下さると嬉しいです。


高級感溢れるスマホケース↓




スポンサードリンク



nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 2

mitsuya

舞妓さんや芸者さんてステキですよね
(*´ェ`*) 昔の彼女が芸者さんていうのは墓場まで持っていくつもりの秘密です
( ̄ー ̄)ニヤリ…
by mitsuya (2015-06-01 09:11) 

youyou_s

>mitsuyaさん うぉ!芸者さんならめちゃくちゃ気の付く美人ってことじゃないですか!元カノが芸者…。なんかイイ。
by youyou_s (2015-06-01 16:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。