So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「太陽の帝国」第二次世界大戦中の上海で両親とはぐれたイギリス少年の運命 [映画]

スポンサードリンク




「太陽の帝国」1987年アメリカ映画

★★★★☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

 監督 スティーヴン・スピルバーグ

出演者 クリスチャン・ベイル  ジョン・マルコヴィッチ

世界第二次大戦のまっただ中、中国への日本軍侵攻が始まった。
上海に駐在している両親と共に中国で育ったイギリス少年のジェイミー。
日本軍から逃れようとするパニックの中、両親とはぐれてしまう。
誰もいない邸宅に戻ったジェイミーだったが、食料も水もなくなっていく。
そんな時知り合ったアメリカ人ベイシーに救われなんとか彼の庇護を得ようとするが…。

イギリス少年のジェイミーは上流階級のどら息子。
中国に駐在する社長の父親と、母親の元でなんの苦労もなく良い暮らしを送っていた。

太陽の帝国.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用


ところが、第二次世界大戦がはじまり、中国に日本兵が侵攻してくる。
あわてて上海から逃げ出そうとする最中、大勢の人民の中で両親とはぐれてしまう。
仕方なく一人で邸宅に戻ったジェイミーだったが、誰ひとりいない。
召使だった中国人は邸宅から家具を持ちだそうとしているし、大人の庇護を得ることもなく、家の食料も食べつくしてしまう。

町に出たジェイミーは、アメリカ人のベイシーと知り合い、彼と一緒に行動することに。
必死でベイシーの庇護を得ようとするジェイミー。
しかし彼らは日本兵に捕えられ強制収容所へと送られる。
そこは不衛生で食事も満足に与えられず死んでいく人間でいっぱいだった。

庇護してもらえる相手のいないジェイミーは必死でベイシーにすがりつく。
ベイシーは死体から平気で靴や食器を盗める人間。
最初は反対していたジェイミーだったが、徐々に盗むことに呵責を覚えなくなっていく。

太陽の帝国2.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用


次に送られた収容所では少し環境は改善されたが、やはり過酷な状況。
少ない食料を奪いあい、狭い部屋で寝起きをする。
ここでジェイミーはどんどん適応していき、ベイシーのためにいろいろなものを盗み調達する。

以前、死体から靴を盗もうとしたベイシーを非難したジェイミーが、今では死にかけた人間から靴を欲しがるまでに。
顔つきも精悍になり、生きるために処世術を身につけていく姿はたくましく変わっていく。
以前の何の苦労も知らないおぼっちゃま、何かと言えば、父が社長だから助けてくれたら謝礼をあげられる…と言った言葉はもう出てはこない。

以前は我儘だったのに、収容所ではコクゾウムシを貴重なタンパク源だとし食べているその姿には、以前のお坊ちゃま然としたところはまったくない。

太陽の帝国3.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用


ここでジェイミーは本当に変わっていくのだけれど、ベイシーに拘る様子にはまだ子供なのだと気づかされる。
なんとか彼と行動を共にしたいと、彼に認められたいと必死になるジェイミー。
彼の顔つきは最初と最後ではまったく違う。
同一人物とは思えないほど。
これはすごいと思った。

どうやらイギリス人作家の半自叙伝を基に映画化されたものらしい。
こんな過酷な状況を生き抜いたら性格がまるっきり変わってしまうだろうな。
それでも死なずに生きていたのは彼がたくましく強く変わったから。

ラストの彼の眼には涙はない。
なんだろな、諦めもあり、もう両親の庇護は必要のない一人の男としての目。

途中、日本軍兵士として、伊武雅刀と山田たかおとガッツ石松が出てくる。
ほとんどの日本人兵士が中国人だったけど、この3人ともう一人、ジェイミーと心通わせることになる兵士に片岡孝太郎が出ている。
実際の日本人を使ってくれたことも嬉しいし、必要以上に日本人を怖いものとしては描いていないのも安心。

なかなか過酷な時間を過ごした少年をずっと観ていて、どきどきはしたけど、子供のたくましさも改めてわかったし、ずっと目を離せずのめり込んで観てた。
こういうことがあったんだなぁという史実としても面白かったし、少年の成長物語としても面白かった。

日本に原爆が落とされた瞬間を少年は目にしていた。
まぁ原爆に触れたのはそこだけくらいなんだけども。
戦争というものはすべての人間にとって生活の変化や様々なものを壊してしまう。
やはり日本を二度と戦争のできる国にしてはいけないと改めて思ったわ。

ルナ118.jpg

虫にゃんて絶対食べられにゃい←お嬢様にゃんこだもんね

【本映画過去記事】
映画「仮面ライダー THE FIRST 」仮面ライダー1号の物語。改造人間にされてしまった本郷は…。 
本「光る牙」巨大羆が襲いくる恐怖、北海道の自然の驚異を相手にする森林保護官…
映画「バトルシップ」エイリアンの侵略に立ち向かう自衛官役で浅野忠信ハリウッド進出! 



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ←ブログランキング参加中です。戦争中なのに仮装パーティーやってるイギリス人って…と思ったわたしにポチって下さると嬉しいです。


美味しそうなお米↓




スポンサードリンク



nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 12

コメント 2

mitsuya

最初スピルバーグ監督が描く第二次世界大戦ものだということでどうなることかと思いましたけどさすがに安定した面白さですね(^_^) やっぱ偉大な人ですわ(*^^*)
by mitsuya (2015-06-23 13:12) 

youyou_s

>mitsuyaさん 長い映画やったのに退屈しませんでしたもんね。ほんと監督って偉大ですよねぇ。スピルバーグ監督ってだけで観たくなりますからね。
by youyou_s (2015-06-23 17:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。