So-net無料ブログ作成
検索選択

本「カゲロウデイズⅢ」人気ボカロ曲小説化第三弾。新たなキャラ登場と能力と引き換えに失ったものとは [本]

スポンサードリンク




「カゲロウデイズⅢ」著者 じん(自然の敵P)

★★☆☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

小学生のヒビヤは美少女で令嬢のヒヨリを好きだった。
でも彼女はみんなの憧れの的でとても手の届かない存在。
ところが落とした定期を彼女が拾ってくれたことで一緒に都会へ旅行することに?!
彼女にとってはただの荷物持ち係りだったがヒビヤにとって忘れられない夏になることに。

カゲロウデイズIII -the children reason- (KCG文庫)

カゲロウデイズIII -the children reason- (KCG文庫)

今回新たに登場するのは小学生男子ヒビヤ。
彼のおかげでなぜメカクシ団たちが能力を得たのかが判明?!

毎回新たなキャラが出てきて最初とまどう。
人気ボーカロイド曲を繋げて小説にしているので毎回新たな曲でストーリーが展開するせい。
ただすべてが繋がるらしいんだけども、三巻ではまだよくわからない。

今回、最初は能力がなかったヒビヤがどうやって能力を発動するようになったのか。
メカクシ団とのかかわりの中で彼がどのように影響してくるのか…という感じ。

みんな「目」に関する能力を持っていて、それらはすべて「あるもの」と引き換えに手にいれたよう。
それはネタバレになるので書かないけれども、ちょっときついかもね。

キャラが多くてなかなかつかみきれず。
おそらく著者のじん(自然の敵P)さんの作るボカロ曲を知っていれば楽しめるんだろうかね。
だから娘はすっごく楽しんでこの小説を読んでる。

しかし!
おばさ…あ、いや、お姉さんにはきついわ~。
ボカロ聴いても同じような曲にしか聴こえないし、それを小説にされてもよくわからんというのが本音だな。

まぁ自分に他人と違う能力があり、同じような能力を持った仲間たちと行動する…なんてのは中二病ではないかと思うのだけれども。
中学生小学生あたりが一度は夢見る感じ。
それを小説化しているのだから、中学生に人気なのはわかる。

しかし話の展開があっちこっちに飛ぶし、なんで?この人なんでここにいるの?とか結構理解力が必要だとも思う。
あまり理由が説明されていないし、すべて中途半端に終わっているし、途中途中で差し挟まれる会話とか、ややこしいんだよね。
これを理解して読んでるのであればそれはすごいと思う。

娘が面白いから読め読め言うし、せっかく買ったし、活字中毒者だしで読んでるけど、正直あまり面白くない…かな。
すべてが繋がって理由も判明してそういうことか!みたいな展開を期待しつつ続きを読もう。
ていうか、これ以上新たなキャラを出さないで欲しいな。
おばさ…あ、いや、お姉さんにはきついわ~。

ルナ147.jpg

お姉さんって誰が??

【本映画過去記事】
映画「ラヂオの時間」三谷幸喜監督作。ラジオドラマの現場での大混乱をコメディタッチに描く。
本「あるスキャンダルの覚え書き」60歳独身の女性教師が綴るスキャンダルとは…映画原作
映画「魔法にかけられて」おとぎ話のプリンセスが現実社会に出てきたら…



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←ブログランキング参加してます。ゾンビが襲ってきたら…と夢想するわたしも中二病かも…なわたしにポチって下さると大人への階段登ります(遅っ!)

これで作詞作曲して動画サイトへ投稿!↓





スポンサードリンク



nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 4

mitsuya

分かります(。ŏ﹏ŏ) おっさん……いえ、ワタクシも年甲斐もなく「うみねこのなく頃に」を見た時には言いようのない怒りを覚えましたっけ……(¯―¯٥)
by mitsuya (2015-07-08 06:23) 

youyou_s

>mitsuyaさん ティーンズ向けと言われるのは理由があるんですよね。それを無理して観てもあまり面白くないというね。。。こういうとこで年を感じたくないものです。もっと感受性豊かにしないと!…涙もろいんだけど、それとはまた別みたいですねぇ。。
by youyou_s (2015-07-08 09:03) 

ojioji

ちょっと違うかもしれませんが、
荻原規子さんの「空色勾玉」とおっさんが読んでも感動しました。
「白鳥異伝」まで読んでしまいました。
中学生の生徒に勧められて。
おっさんも感動するティーンズものが本物。
by ojioji (2015-07-08 15:26) 

youyou_s

>ojiojiさん なるほど!ティーンズでも大人が感動する小説もあるってことですよね。そういうのを探さないとあきませんねぇ。荻原規子さん…まったく存じ上げませんでした…。勉強不足。今度探してみます。娘には良い小説を読ませたいですもんね。
by youyou_s (2015-07-08 15:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。