So-net無料ブログ作成

本「ゴーン・ガール 上」失踪した妻の行方は?浮気していた夫に嫌疑がかかるが…。 [本]

スポンサードリンク




「ゴーン・ガール 上」著者 ギリアン・フリン

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

34歳のニックはニューヨークで雑誌ライターをしていたがリストラされ、妻とともに故郷のミズーリに帰ってきた。
結婚当初熱々だった二人だったが、故郷へ帰る直前から関係がぎくしゃくし始めていた。
そして結婚五周年記念日に妻が謎の失踪。
家は争った形跡があり血が…。
ニックは一年以上前から浮気をしており、確かなアリバイもないことからニックに嫌疑がかけられる。
ニックが語る結婚生活と、妻の日記が現す結婚生活、それぞれの思いが交差しながらつづられていく。
果たして妻はどこに?!

映画化原作。
映画がいつ観られるかわからないので原作小説を先に読むことに。

ニューヨーク生まれニューヨーク育ちの妻エイミーは両親が児童文学作家でお金持ち。
何不自由なく育ち、結婚してからもアパートメントを両親に購入してもらい、幸せな生活を送っていた。

だが、徐々にニックとエイミーは気持ちが擦れ違い始める。
その様子がニックの独白と、エイミーの日記で語られる。
けれどそれぞれの視点からの話なので、少しずれが生じている。

ニックはエイミーが結婚してから変わったと感じており、エイミーはニックが変わったと感じている。
そしてエイミーはニックが自分を疎ましく思っていると感じていて、まさかとは思いつつも身の危険を感じ始めていた。
しかし結婚五周年の日、エイミーはどうやらやり直したいと考えており、ニックへの愛を綴ったメモ(ヒントが書かれていてそれを基に宝探しゲームをする)が残されていた。
宝探しゲームは毎年エイミーが結婚記念日に企画し、メモをあちこちに隠しヒントを解きながら最後はプレゼントに行き着くと言うものだった。

しかしニックはそのヒントがエイミーだけが覚えている些細な出来事であるため、毎年最後まで解くことができず、エイミーをがっかりさせていた。
まぁこれはちょっとうっとおしいかもなぁ。。
ここでキスをしたね、とか、ここでダンスを踊ったね、とかそんなんいちいち覚えてられるかよ!みたいな。
私は記念日とか場所とか全然覚えてないので、こんなん出されたら一問も解けないわ。
細かく覚えてるのは女性の方が多いのかな。
そんな気もするけど。

ニックの独白を読む限りでは二人の間にすでに愛はなかったように思える。
でもエイミーの日記では、エイミーが必死に我慢しニックの愛を取り戻そうとしているように読める。
まぁそれぞれの視点だとどうしても主観で書くからね。
違いがでるわ、そりゃ。
喧嘩の原因ひとつにしたってそれぞれがあっちが悪いとか思うだろうしね。

事件は結婚五周年記念日にニックが出かけている間に妻が失踪したというもの。
家は争った形跡と血の跡が残されていた。
一体エイミーはどこに行ったのか。
刑事たちはアリバイのないニックを疑うようになる。

ニックがこれまたいらいらさせる人物なんよね。
若い女性と浮気しているし。
他人から良く思われたいという気持ちが強く、笑ってはいけない場面でも笑顔を浮かべてしまったり。
小さな嘘をつきまくったり。
案外、自分勝手だったり。

上巻ではエイミーがどうなったのか、果たして夫ニックが犯人なのか、とかは全然わからない。
ただエイミーの日記ではニックが怪しい感じで書かれてる。
夫婦の間の事なんてその当事者にしかわからないことが多いよね。
毎日一緒に暮らしていて、ほんの小さな食い違いや言動が二人の仲を冷めさせてしまうことだってあるし。
一生一緒に愛し合って暮らす…なんて、どちらかがよほど我慢するか鈍いか、しかありえない気がするわ。

エイミーの両親は競作で児童文学を書いておりその収入で裕福になった。
その児童書はエイミーが主人公ではあるが、理想のエイミー(良い子)として描かれている。
そのことでエイミーは嫌な思いもしてきた感じ。
両親はめちゃくちゃ仲が良く、ずっと熱々。
でも本が売れなくなり借金を抱え、エイミーの信託財産を借りるところまでいってる。
なんとなくこの夫婦は気持ち悪いんだよね。
良い人たちで仲が良くて理想の夫婦ではあるんだけども。

さて、一体誰が犯人なのか、エイミーはどこに行ってしまったのか、続きを楽しみに読みたいと思います。

ルナ121.jpg

結婚生活は難しいにゃ、独り身で良かったにゃ…

【本映画過去記事】
映画「太陽の帝国」第二次世界大戦中の上海で両親とはぐれたイギリス少年の運命 
映画「シークレット・ウインドウ」ジョニー・デップがストーカーに付きまとわれる作家に。スティーブン・キング原作
本「珊瑚礁のキス」隠された秘宝の謎、サンゴ礁の島に隠された秘密とは…



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←ブログランキング参加中です。なかなか気になる展開ですな、映画も見ようかな…なわたしにポチって下さると結婚生活が上手くいきます(たぶん)。

これに座って映画が観たいけどにゃんこに取られそう↓





スポンサードリンク



nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 10

コメント 2

mitsuya

自慢じゃないですけどうちの奥さんは結婚記念日間違えて覚えてましたからね     ( ̄ー ̄)ニヤリ 
by mitsuya (2015-07-01 11:07) 

youyou_s

>mitsuyaさん それっくらいがちょうどいいんですって。これがね、初めてデートした場所だの日付だの、細かい事覚えてられたら困りますよ、きっと。あなたは覚えてるわよね?なんて言われた日には…。この映画の奥さんは当然覚えてるはず!のタイプですから。
by youyou_s (2015-07-01 16:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。