So-net無料ブログ作成
検索選択

本「美しき容疑者」美術品の窃盗犯として疑われた美女。彼がCIA捜査官とも知らず恋に落ち… [本]

スポンサードリンク




「美しき容疑者」著者 スーザンブロックマン

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

工芸品鑑定士のアニーは美術品窃盗の容疑者としてFBIにマークされている。
その上、何者かに命まで狙われているらしい。
心配したクライアントから命を受けボディガードが現れる。
実はCIA捜査官であるピートは窃盗の罪を確定するためにボディガードと偽ってアニーの元へとやってきたのだ。
ピートがCIAだと知らないアニーは彼を信じそして愛してしまう。

美しき容疑者 (MIRA文庫)

美しき容疑者 (MIRA文庫)

はぁ。ええ男やな。
CIAでも全然OK。まったく問題なし!
…私なら。

自分を窃盗犯と疑って証拠をつかむために近づいてきた彼を信用できるかと言えばできんわな。
むかつくと思う。
疑ってたんかい!!と。
いくら仕事やとは言え、親切にしてくれたのはそれが理由か…みたいに考えてしまうやろねぇ。
裏切られた気持ちにはなる。

でも!
それが超絶イケメンなら!!!

許されるんちゃうやろか!!!!! 

少なくとも私は許すね。
君を疑ってた、ごめん、でも今は犯人じゃないとわかってるし、君を愛してるんだ、と言われたら。


後半なかなかスリルある展開でどきどきできた。
命を狙われる理由がちょっと薄いけど、それを除けば面白かったな。

ルナ129.jpg

わたちも実は潜入捜査中にゃ←え?なんの?

【本映画過去記事】
本「摘出―つくられた癌」大学付属病院で医療過誤…正常な乳房を切除?!医師は信用できるのか
映画「おとうと」山田洋次監督の現代劇。鶴瓶と吉永小百合がだめな弟とできた姉を演じる家族人情劇。
本「カゲロウデイズ」2年引きこもり動画サイトに投稿し続ける引きニートが巻き込まれた事件とは



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←ブログランキング参加中です。捜査官とかかっこいいけど実際問題身内にいたら嫌かも…な現実的なわたしにポチって下され。


スポンサードリンク



nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 2

mitsuya

やはり、この世の中は美男美女には有利に出来ているんでしょうかねぇ…(¯―¯٥) イケメンでCIAなんて中二病要素くすぐられまくりです(*^^*)
by mitsuya (2015-07-19 06:51) 

youyou_s

>mitsuyaさん まぁハーレクインの世界では美男美女じゃないと話が進みませんからね。時々、少しぽっちゃり女性とかは出てきますけど、愛すべきキャラで、超絶美青年に愛されたりします。女性が夢見るストーリーじゃないとあかんのがハーレクインですからね。
確かに夢見る乙女ってのもある意味中二病と一緒かも…。
by youyou_s (2015-07-19 12:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。