So-net無料ブログ作成
検索選択

本「異国の子爵と月の令嬢 」19世紀イギリス。伯爵令嬢が訳あって礼儀作法を教える家庭教師に?! [本]

スポンサードリンク




「異国の子爵と月の令嬢 」著者 クリスティーナ・ドット

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

19世紀の英国。
伯爵令嬢として生まれながら不幸な過去から、家庭教師として働くシャーロット。
新しい仕事は異国帰りの子供たちに英国の礼儀作法を教える事。
その父親であるウィンター子爵は若くして英国を離れ砂漠の民と共に暮らしていた。

異国の子爵と月の令嬢 (MIRA文庫)

異国の子爵と月の令嬢 (MIRA文庫)

ウィンターの思い込みとシャーロットの頑固さが面白かった。


子供たちもとっても魅力的。
ラストは大団円。
読んでほっこり温かくなれた。


ヒストリカルは昔の貴族の生活を知る事ができるから好き。
こんな時代でなくて良かったわ~。
てか、ここまで階級によって区別されてると怖い。
まぁ昔の日本だって似たようなものだけど。
今の時代に生まれてて良かった。
貴族には憧れるけど、私がその時代に行ったところでおそらく貴族階級には生まれてなかった気がする‥哀しいけど。

ルナ147.jpg

あれ?感想それだけ?手抜きにゃ?←内容ほぼ忘れてるからね…

【本映画過去記事】
本「カゲロウデイズⅢ」人気ボカロ曲小説化第三弾。新たなキャラ登場と能力と引き換えに失ったものとは
映画「みんなのいえ」夢のマイホームを建てる夫婦。しかしデザイナーVS昔気質の大工の不和が…
映画「レミーのおいしいレストラン」ネズミがシェフ?…それ衛生的に問題があるんじゃ…という映画(違) 



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←ブログランキング参加してます。いい年しててもお城とかお姫様には憧れがある永遠の乙女(気持ちわるっ!)のわたしにポチって下され。



女性なら着たいよね(私は入らないけど…)↓




スポンサードリンク



nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 11

コメント 2

mitsuya

歴史小説の面白さってまさにそこですよね、同じ国でも年代によっては別世界ですもんね(^_^) ほんとクーラーのある時代でヨカッタ〜(*´ェ`*)
by mitsuya (2015-08-02 07:29) 

youyou_s

>mitsuyaさん そこ!(笑)。でもほんっとに今エアコンなかったら死んでますよ…。
外国の歴史もほんとに面白くてなんでもっと中学や高校時代にしっかり勉強しておかなかったのかと…。なんで今になってこんな興味深く見れるんですかねぇ。あのころは年号とか覚えるだけで必死だったような…。
by youyou_s (2015-08-02 11:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。