So-net無料ブログ作成
検索選択

本「M8」東京直下型マグニチュード8の巨大地震が起こったら…。もはや小説じゃなくリアルシミュレーション。 [本]

スポンサードリンク




「M8」著者 高嶋 哲夫

★★★★★(個人評価 ★多めならおすすめ)

東京直下型地震マグニチュード8が起こったら…。
若き地震学者の予知を通じ、都知事は演習と称し警戒宣言を出す。
その後とうとう地震が!

M8(エムエイト) (集英社文庫)

M8(エムエイト) (集英社文庫)

なんか地震小説にハマってるわ~。
東京で地震が起こったら。
読み進めていくうちに本当に怖くなってくる。

たぶん、本当に地震が起こったらこの小説に書かれていることの数倍、数十倍ひどい状況に陥ると思えるから。
小説では政治家が自分の利益等ではなく、国民の安全、命、を優先し行動する。
不眠不休でことにあたる彼ら。

本物の都知事、総理大臣がこのような行動を取るとは思えない…。
おそらく新品の作業服を着て警護の車と共に避難所を二箇所ほど廻るぐらいが精一杯だろうな。

結局自分たちの命は自分たち自身で守るしかないのだ。
地震が当たり前のように起こる日本。
はぁ~ほんと日本に住んでるのが嫌になるな。
地震は絶対起こるのに、原発乱立させるもんな。
もうあほとしか思えないわ。


とりあえず地震対策というのは常に必要なのだと思いました。
その意味でもこの小説、たくさんの人に読んで欲しい。

東京直下型地震の可能性がどんどん高まっていると報道されている。
何十年という単位で起こるとされているらしいやん。
けして絵空事じゃないってことだ。

生き残るためにこういう小説を読むのも無駄じゃないと思うんやけど。

サバイバル知識を身に着けるような本もいいと思う。

東京で巨大地震が起こったら日本という国がどうなるのか…。すっごく怖い。
首都が壊滅状態になる…。
おそらく経済的にも国際的にも最悪な状態に陥るのだろうな。
なかなか想像すらできないのに、よくこんな小説書けたな~本当にすごい。

ルナ101.jpg

地震が起きたら助けてにゃ

【本映画過去記事】
映画「アイ・アム・レジェンド」人類滅亡後たった一人で生き残った男が伝説となる…
本「天使は同じ夢を見る」幼い少女連続殺人事件の犯人を追う女性刑事、彼女に犯人からゲームが仕掛けられる
映画「ジョバンニの島」太平洋戦争直後の色丹島でのロシア兵上陸を描いたアニメ。 



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←ブログランキング参加中です。自然災害には手も足も出ない…と恐れるわたしにポチって下さると嬉しいです。


こういうのも用意しとかないと↓




スポンサードリンク



nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 4

ニッキー

地震対策、「にゃんずもかみさんも俺が守らなきゃ!(^^)!」と固い決意をしてますが、かみさんには「ニッキーはどうせ自己防衛本能でダッシュで逃げるだろうけど、落ち着いたらにゃんずを迎えに来てね(-_-)」と言われてますw
前科があると信用してもらえない^^;
by ニッキー (2015-08-25 13:57) 

youyou_s

>ニッキーさん その前科が気になります(笑)
でも仕事してる時だったら、一緒に逃げるとか無理ですもんねぇ。
でもおそらく奥さまはしっかりにゃんずを守る方だと想像します。なんといってもゴッドマザーですもん!!
家族一緒に時に災害に遭うとも限りませんからね。
案外そういうときの女性はめっちゃ強かったりしますから!
by youyou_s (2015-08-25 15:14) 

mitsuya

こういう都市型災害が起きたらどうなんでしょう?以前の日本ならみんなで助けあって切り抜けそうな感じがするんですけど、最近はいろんな事件があってちょっと自信なくなっちゃいますね(-_-;) やっぱり暴動とか略奪とか起きるのかな?北斗の拳みたいに「ヒャッハー」みたいなモヒカンさんが溢れて……(T_T)
by mitsuya (2015-08-25 22:27) 

youyou_s

>mitsuyaさん 実際に起きた震災でも、強盗や強奪、レ〇プがあったそうですからね。報道はあまりされませんが。有事になると人間の本性が現れる気がします。まだ日本人は助け合いの精神を持つ人が多いと信じてます。。。マッドマックスもそうですけど、強そうにしないとあかんからモヒカンなのかな?なんとなく終末チックな髪型ですもんねぇ。
by youyou_s (2015-08-26 07:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。