So-net無料ブログ作成

映画「ボクたちの交換日記」売れないお笑い芸人が交換日記を通して本音を言い合うのだが… [映画]

スポンサードリンク




「ボクたちの交換日記」2013年日本映画

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 内村光良

出演者 伊藤淳史(田中) 小出恵介(甲本)  長澤まさみ  木村文乃

千葉県出身のお笑いコンビ、房総スイマーズ。
高校の時、田中と一緒にやったコントが忘れられず甲本は一緒にお笑いをやらないかと田中を誘う。
しかしいつまで経っても目が出ず、生活は苦しくなるばかり。
バイトに明け暮れる毎日だったが、ある日、甲本は田中に交換日記をやろうと言いだす。
本音で話し合える場が必要だと主張する甲本に対し、田中は懐疑的。
それでもなんとか交換日記をやりとりし始めるのだが…。

原作は鈴木おさむの小説。
そして監督はウッチャンナンチャンの内村光良さん。

【多少ネタばれしてます注意】

お笑い芸人を目指す二人。
でも全然売れない。
生活のためバイトをしている。

これは例えばバイキングとかも売れる前はそうだったよね。
きっとたくさんのお笑い芸人たちが同じ道をたどっているんだろう。
だからこの辺はリアルな気がした。

交換日記3.jpg
映画.comサイトより画像引用

テレビ番組に出られたら良い方で、大体は営業に回り、お客さんのいない前で漫才やコントをやる。
ほんの少しのギャラで。

私はてっきり、ここからどうやって抜け出すのか…を描くのかと思ってたけど、そうじゃなかった。
なんていうか、夢を諦めるのがテーマな気がした。
どんなに苦しくても夢を追い続けるというテーマが多い中、これはなかなか斬新ではあったけど。

交換日記.jpg
映画.comサイトより画像引用

お笑い芸人でずっと売れるなんて一握りの人たち。
きっとその人たちだって、いつ仕事が無くなるかわからないと不安はあるはず。
まぁその前にお金貯めていればいいんだろうけど。

夢を諦めるには理由があって、それは幸せになって欲しい人がいるとき…みたいな感じ。
信じていればいつか夢は叶う…なんていうのは嘘っぱちということか。
リアルなんだろうけど、映画でこういうのを見たいかと言えばそうでもないわ。
できれば、夢が叶って欲しいわ。
映画の中くらいは。

誰もが夢をかなえられるわけではないけど、でもやっぱり信じて努力して諦めなければ叶う…と信じたいものだわ。
一人は夢が叶うんやけどね。
でもその過程は思いっきり端折られてるし。

あと、田中と甲本の漫才、コントが…面白くないねん!

交換日記2.jpg
映画.comサイトより画像引用

映画の中とはいえ、ネタとして面白い方がよりリアル感があったはずやのに。
二人が漫才してても違和感しかないねん。
小出恵介と伊藤淳史のコンビがあかんのかなぁ。
なんやろ、この二人が出てても笑えない感じがするねん。

それに比べたら、同じ売れない芸人が夢を叶えようとする「漫才ギャング」という映画の方がよっぽど面白かった。
ネタが。
あれは品川やしあまり褒めたくはないけど(なんか品川嫌いやし…ごめんな…誰に謝ってんのかわからんけど)
でもネタが面白かったもんな、あれは。
こっちの映画は二人がコントしてても全然おもろないねん。
笑えないねん。
これをお笑いの才能あるわ!と褒められても、えええ~そうか??みたいなるわ。

そういう細かい部分がリアルちゃうのがあんまりおすすめできない理由かもしれん。
それに相手のために夢を諦めるっていうのもなぁ。
なんか押しつけがましいやろ、それは。
俺は後悔してへん!っていうならまだしも、後悔しまくってるし…。

売れない芸人がどうやって成り上がるのかという映画でもなし、夢を諦めるきっかけ…を語った…みたいな感じ。
観終わって爽快感もないし、それで?…で終わってしまう感じ。
全然泣けないし。
見てる途中は、いつ夢が叶うんやろ!今か?あれ?違うの?んじゃ、次か?あれ?違うの??みたいな肩すかしがあって続きが気になるっちゃー気になるねん。
だからこそ、唐突に、17年後…とか言われてもさ~。

登場人物に感情移入する前に17年も歳月が経ってしもてて。

おまけに17年も経ってるのに…。

まったく老けてないやん!!

これはもうがっくりしたわ。
ここは特殊メイクの出番やろ。
全然老けてないにもほどがあるわ。
ありえへん。
時の経過が感じられない。

と、いろいろ文句ばっかし言いましたけど、まぁ退屈はしないで最後まで見ました。
どうなるんかな…という好奇心だけで。
ただ演出自体は泣かせようとしてる感じが伝わってきて、全然泣けなかった。

あれかな~役者さんがあんまし合ってなかったんかな~。
小出恵介も伊藤淳史も個人個人ではすっごく好きな俳優さんなんやけど。
お笑い目指す人には向いてなかった気がするわ。

てことでそないおすすめでもなく普通です。
お時間あればどうぞ。
夢を諦めるということに興味がある方にはいいかも。

ルナ58.jpg

ママはお笑いにうるさいにゃ←一家言あると言ってよ

【本映画過去記事】
映画「犬と私の10の約束」14歳のあかりの元にやってきたゴールデンレトリーバー。共に過ごした10年間を描く。
本「黒い春」未知なる病原菌か?!致死率ほぼ100%黒い胞子をまき散らし死亡するその病とは?!
映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる 」佐藤健演じるサウンドクリエーターが出会った女子高生との恋の行方は 



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ←ブログランキング参加してます。夢は叶う…と信じたいけど大人になるにつれて無理だな…と思うようになるね…というわたしにポチって下さい。

これ欲しいけど高いね~↓




スポンサードリンク



nice!(15)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 15

コメント 5

ojioji

おお、小出恵介、スネークさんだ。伊藤淳史って確か「家族狩り」で見たぞ。いいヤツらなのにお笑いは駄目ですか。素の自分が支持されている二人みたいなので、なりきれないのと、おひとりは知性の欠如が理由かなあ。
夢は叶う!の連呼も、勘違いする少年少女が後から後から湧いて困りものでしたが、かと言って、時間やお金を費やして、夢を諦めるテーマを映画で見せられるのは確かに勘弁してくれですよね。
あっ「キサラギ」、もう一度(聴覚障害者用字幕で^^;)見ると、前半で見過ごしていたいろいろに気づけてさらに楽しめました。
by ojioji (2015-08-17 15:17) 

ニッキー

ダッフィ、一昨年にTDSに行った時に「えぇ?こんなの持って歩くおばさんはいないよぉ(>_<)」と渋るかみさんを説得して買っちゃいました(^O^)
結局、「仕方ないなぁ、(優しいw)私が持ってあげるよ(^-^)」の雰囲気を出しつつ私のリュックから顔だけ出してTDSを闊歩w

by ニッキー (2015-08-17 15:27) 

youyou_s

>ojiojiさん この二人の組み合わせだとだめな感じがしますねぇ。面白い感じが全然しない…。
キサラギは何度見ても面白いかも。やはり香川照之さんがキャラ的に好きかもです。変態かと思いきやってとこがぴったり(笑)

>ニッキーさん 笑!ニッキーさんが可愛いもの好きっていうのは知ってます(笑)にゃんこの前足とか肉球萌えですもんね♪てか!私もダッフィー欲しい…。。。ディズニー系はぬいぐるみ高いですよね。
by youyou_s (2015-08-17 16:10) 

mitsuya

品川さんはダメですね(T_T) 嫌われすぎです、もちろんワタクシもダメ。この原作ってキンコンの西野さんがツイッターでツマラナイとか呟いて大島さんまで巻き込んでドロドロになったやつですよね?たしかにこの2人のキャストでは漫才無理ですわ(^^)
by mitsuya (2015-08-17 23:32) 

youyou_s

>mitsuyaさん 品川さんはなんか好きになれないですね。映画でも面白いんですけど、どうだ!笑いってこういうもんだぜ!みたいな上から目線を感じるんですよねぇ。気のせいかもしれんけど…。
この映画はそこまで感じませんけど、ネタが面白くないのが致命的で…。
by youyou_s (2015-08-18 07:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。