So-net無料ブログ作成

本「あやまちは愛」双子の姉と入れ替わって結婚した妹。彼を愛するが故の行為だったが… [本]

スポンサードリンク




「あやまちは愛」著者 トレイシー・アン・ウォレン

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

社交的な姉ジーネットは結婚式当日、内気な双子の妹バイオレットに身代わり結婚を持ちかける。
バイオレットは姉の婚約者であるエイドリアン公爵をひそかに思い続けていた。
その愛ゆえに身代わりを引き受けてしまうバイオレット。
公爵はわがままで勝気なジーネットの身代わりに妻となった、聡明で優しいバイオレットにそうとは知らずだんだん惹かれて行く。
公爵を騙しているその罪悪感に苦しめられながらもバイオレットは必死に姉と入れ替わった事がばれないよう暮らしていくのだが。

あやまちは愛 (二見文庫 ウ 6-1 ザ・ミステリ・コレクション)

あやまちは愛 (二見文庫 ウ 6-1 ザ・ミステリ・コレクション)

  • 作者: トレイシー・アン・ウォレン
  • 出版社/メーカー: 二見書房
  • 発売日: 2007/06/25
  • メディア: 文庫

19世紀の英国ヒストリカルロマンス。
しかし英国貴族ってのは優雅やね。夢のような生活。いいなぁ。

双子って憧れがあるわ。
同じ顔ってことは、客観的に自分の容姿を見ることができるわけやしね。

双子でも性格が全然違うっていうのはよく聞くね。
同じ顔でも性格が違えば、好きになる人も違うし、反対に好きになってくれる男性も違ったタイプになるような気がする。

時折両親でも間違うくらい似てる双子がいるよねぇ。
入れ替わってもバレないくらいの。
今回の小説はそんな感じ。
しかも、現代と違ってずっと長く付き合って結婚するわけちゃうからね。
あれ?なんか思ってたのと性格違うなぁ…くらいは思うかもしれんけど。
でも、双子の姉妹がいることは知ってるわけやし、二人を見比べ一緒に話をしたらバレるとは思うな。


だからこそバイオレットの正体がばれないよう思わず祈ってしまう。
はらはらしつつも熱愛にうっとり…みたいな。


えーと。まぁ良かったです。
読んでて楽しかった。

ルナ116.jpg

わたちも双子だったらにゃ…
貴女は五つ子だったけどね。全員違う毛並の。

【本映画過去記事】
本「異国の子爵と月の令嬢 」19世紀イギリス。伯爵令嬢が訳あって礼儀作法を教える家庭教師に?!
映画「ピンポン」卓球にかける高校生の青春物語。ちょっと老けた高校生やけども… 
漫画「東京タラレバ娘1」東村アキコが未婚アラサーの実情をリアルに描く、胸に痛すぎる漫画 



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←ブログランキング参加中です。双子だったらな~と憧れるわたしにポチって下さると感謝感激です。

お城に似合うテーブル(偏見)↓





スポンサードリンク



nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 2

mitsuya

内緒の話ですけどね、Youさん誰にも言ってはダメですよ。うちの奥さん双子なんです。お母さ系は女の子が生まれるとみんな一卵性双生児だからややこしくてしょうがないんです(T_T)
by mitsuya (2015-08-30 01:33) 

youyou_s

>mitsuyaさん うわぁうらやましい!!私ね、自分が産むのも双子だといいな…って思ってたくらい。子育ては大変だけど、お揃い着せたり、なんといっても、二人で遊べて二人で助け合えるから。
奥さん、一卵性ですか?mitsuyaさん、区別付きます??奥さんを間違えたら怒られちゃいますけども…。
by youyou_s (2015-08-30 11:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。