So-net無料ブログ作成

本「誘惑のトレモロ」天使の歌声と容貌を持つデイジー。彼女が出会った運命の男は… [本]

スポンサードリンク




「誘惑のトレモロ」著者 アイリス・ジョハンセン

★★★★☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

スイスに住む天使の歌声と容貌を持つミュージカル歌手のデイジーは若き天才作曲家のジェイソンによってブロードウェーのヒロインに抜擢される。
しかし、デイジーはNYには行けないと断ってしまう。
しかしジェイソンの情熱にだんだんと惹きつけられるデイジー。
やがてデイジーはNYへと渡るのだが、何者かに命を狙われてしまう。

誘惑のトレモロ (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

誘惑のトレモロ (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

  • 作者: アイリス ジョハンセン
  • 出版社/メーカー: 二見書房
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 文庫

デイジーの精神的強さと優しさが素敵。
愛する男性にまっすぐに向かうその勇気にも感嘆。
ジェイソンに同情。ネタばれになるんで書けないけどひどすぎる。そりゃ引きこもるわ。

やはり引きこもりになるには、なんらか外的要因があって、それに傷つけられて外に出るのが嫌になるんやねぇ。
家でゲームしてたい…というゲーム中毒者もいるとは思うけど。
うちの娘もそうならない事を願うわ。

話が逸れてしまったけども。


アイリスジョハンセンもはずれないねぇ。
どれも恋愛だけに留まらずサスペンス色たっぷりで面白い。
結構冒険があったり、ミステリー書いたりしてるんで、読んでみて欲しいわ。

しかし、天使の歌声と容貌って…。
世の中には恵まれてる人っているよねぇ。


ルナ129.jpg

わたちも容姿には恵まれてるからにゃぁ

【本映画過去記事】
本「失意の向こう側」サンドラ・ブラウンの恋愛物語。事故で亡くなった夫が公金横領?!…
映画「おろしや国酔夢譚」18世紀鎖国中の日本人がシベリアに漂着、彼らの帰国の夢は叶うのか
本「カゲロウデイズⅣ」”眼”の能力者たちの秘密が明らかに…それは大昔化け物と呼ばれたものから生まれた



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←ブログランキング参加中です。天使の歌声って聞いてみたいわ~なわたしにポチって下さると感謝です。

むしゃくしゃしたらお買いもの!↓





スポンサードリンク



nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 11

コメント 2

mitsuya

天が二物を与えちゃった人ってけっこういるから癪ですよね(-_-;) スーザン・ボイルなんか、奇跡の歌声だけだったから純粋に応援出来たという僻み根性丸出しのワタクシがいます(T_T)
by mitsuya (2015-08-08 23:53) 

youyou_s

>mitsuyaさん ほんとですよね、なんだったら二物も三物も与えてもらった人がいますからねぇ。うらやましすぎます…。スーザン・ボイルさんはもし容姿が違ってたら、そこまで騒がれなかったかもしれませんもんね。ギャップというか。それでも才能があるのはうらやましいんですけどもね。。。
by youyou_s (2015-08-09 08:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。