So-net無料ブログ作成
検索選択

本「地球の静止する日」映画原作。SF。地球に宇宙人が降り立ち人類存亡を判断する?! [本]

スポンサードリンク




「地球の静止する日」著者 ハリー・ベイツ

★★★★☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

SFホラーの短編集。
その中の一つ「地球の静止する日」はキアヌ・リーブス主演で映画化。

地球の静止する日 (角川文庫)

地球の静止する日 (角川文庫)

トップのお話しが「地球の静止する日」
映画原作読むの好きなんで買ってみた。


えと、たぶんこれ映画とだいぶ違うよね?
だって映画の予告のシーンなんてないもん。

原作ではもっと小さな地域でちまちま起こる出来事。
人類よりもっと高い知性を持ち文明もずっと発達した種族が突然地球に現れたら…。


まぁこんなもんかもなと。
もしくはすべてを隠蔽するか。


ラストの言葉にはちょっとびっくり。
そっか。そういうこともあるのかもね。
結構な意外性があって面白かった。

あ~映画原作やからあんましネタばれできないわ!
まぁ原作っちゅーっても映画と内容は違うと思うわ。
なので映画も楽しみ。


あとのお話しも古いSFって感じやね。
オチも読めるし。
でもなんか救いがあるっていうかラストまで悲惨なのはなくて読みやすかったよ。


一番好きなのは「38世紀からきた兵士」
今の地球にもこういう兵士が来てくれないかなぁ。
戦争反対!!!
戦争の愚かさを未来の兵士が教えてくれるお話。


 

全般的に古い古典SFという感じ。
でもどれもオチが用意されていて、なんとなくほっこりするようなラストばかりでいい感じ。
映画「地球が静止する日」を観た方なら原作との違いを比べるのもいいかも。

ルナ99.jpg

宇宙人が人類を滅ぼしてもにゃんこは見逃してくれるにゃ

【本映画過去記事】
映画「デトロイト・メタル・シティ」地味で平凡な根岸は実は人気ヘビメタルバンドのカリスマボーカリストだった!
本「誘惑のトレモロ」天使の歌声と容貌を持つデイジー。彼女が出会った運命の男は… 
映画「永遠の僕たち」死に憑りつかれた少年と余命3か月の少女との出会い



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←ブログランキング参加してます。古典SFも今読むと結構面白いな、昔の人の未来予想が今とどれほど違っているのか…比べるのも面白いと思うわたしにポチって下さると嬉しいです。


これだけ暑いと家でお買いものがベスト




スポンサードリンク



nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 13

コメント 2

mitsuya

ハインラインとかアシモフなんかの古典SFいいですよね(^^) 一生懸命未来のことを想像してこうなった~みたいな(^^) 現代は小説とは微妙に違う未来に向かっているようですけどね( ̄ー ̄)ニヤリ
by mitsuya (2015-08-11 21:12) 

youyou_s

>mitsuyaさん 古典SFは読み返してみると新しい発見があったりして楽しいですよねぇ。確かに彼らが昔想像した未来と今は違っているかも…。いまだに戦争してるしねぇ。。。
by youyou_s (2015-08-12 10:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。