So-net無料ブログ作成

本「死都日本」九州の霧島が大噴火!日本のみならず世界が壊れる?!究極災害小説。 [本]

スポンサードリンク




「死都日本」著者 石黒 耀

★★★★★(個人評価 ★多めならおすすめ)

九州の霧島が大噴火。
九州のみならず日本、いや世界に影響が‥。
その時総理大臣が取った政治的手段とは。

死都日本 (講談社文庫)

死都日本 (講談社文庫)

  • 作者: 石黒 耀
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/11/14
  • メディア: 文庫
なんか災害小説もこれが究極かと思う。

読んでてリアルでリアルで怖かった。
日本の今の現状(政治)とかも。



日本ほど黙ったまま政治家に搾取されてる国民は他にない‥とか。
外国なら暴動が起きてるはず。

なんせ国民から搾り取った血税を天下りのための公共施設、無駄なダム、アメリカへのお土産、等々に堂々と使用してるんだからね。

そら年金も税金も自分たちのポケットマネーだと思ってるんだもんね、政治家は。
何度も何度も天下りして何度も何度も退職金貰ってる官僚たち。
国会でそっと大事な法案を可決しちゃう政治家たち。
憲法すら自分たちの都合の良いように捻じ曲げ改正、いや、改悪しようとするからね。



どうやって国民からもっともっと搾り取ろうかと思ってるだけ。
国民に還元なんてこれっぽっちも考えてない。
今まで国民が喜ぶような政策がひとつでもあっただろうか。



なんつーか日本人はあまりに従順。
まぁそういう私腹を肥やす政治家を選んでるんだから仕方ないけど。


この小説ではラストがまたすごいのだ。

総理の演説。噴火はイヤだけどこうなって欲しい日本の姿、理想が見えた気がする。
日本という国には地震、火山等自然を甘く見たツケがいつかやってくる。

乱立する原発、埋め立て、耐震偽装、すべて大災害が起こった時の被害を想定されていない。
想定外という言葉ですべて説明されてしまう。
原発が絶対安全だから、基準を満たしたから再稼働します…って言うけど。
その絶対安全は何基準?
結局原発が不慮の事故を起こしたとしても、想定外という言葉で終わらせるんちゃうの。




地震も噴火もイヤだけど今の日本を作り直すにはこうやって一度リセットされなければならないのかもしれない。
と、思わせるほどリアルで怖い小説。

ただどれほど自然災害小説を読もうと、東日本大震災の映像ほど怖くはないな…と今なら思いますわ。

日本は島国であるがゆえに、津波だったり地震だったり噴火だったり、巨大な自然災害には弱い。
小説日本沈没みたいに、沈んだとしてもおかしくない。
なのに、なお原発を再稼働するなんて、人間が制御できないと思い知らされたはずなのに懲りてないなんて。

どうか未来を見据える政治家が増えますように…。
子供たちに安全で美しい日本を遺してもらえますように…。

ルナ129.jpg

高齢者に政治を任せるからあかんにゃ←確かに!

【本映画過去記事】
映画「地球が静止する日」人類を滅ぼすためにやってきた異星人、彼の判断とは…
本「呪われた眠りのなかで」ブラックファンタジー。吸血鬼や人狼、悪魔がいる世界です。
映画「アフタースクール」失踪した友人を探偵と共に探す中学校教師、彼は一体どこにいるのか?



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ←ブログランキング参加してます。阿蘇山が噴火警戒に入ったということで、決して絵空事ではないな、と思うわたしにポチって下さい。


スポンサードリンク



nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 4

mitsuya

ホントにその通りです。いま阿蘇山が危ないじゃないですか?災害は嫌ですけどとことんまで落ちないと日本は変わらないかもしれませんね(¯―¯٥)
by mitsuya (2015-09-15 13:51) 

youyou_s

>mitsuyaさん ねぇそう思いますよね。今のままでは日本はアメリカの言うなりでそのうち戦争に参加し始めますしね。災害があっても、国内ではなく国外を見てるような気がしてなりませんわ。
阿蘇はどうなるんでしょう…。地元の方は本当に心配でしょうね。かと言って人間にはどうすることもできないのが自然災害ですからもどかしいです。。。
by youyou_s (2015-09-15 17:16) 

ojioji

熱きレビューをありがとうございます。
気持ちがびんびん伝わりました。一度リセット、同感です。
が、毎年の自然災害によって、地域地域は目を覚まされているとも言えます。大津波や御嶽山噴火や鬼怒川?氾濫などの大規模なものに限らず、毎年のように各地で被災、亡くなられています。被災された方たちは肝に銘じるわけで、だからこそ日本はお気楽になりきらないで、こうしてやれているのでしょうね。ところで、肝に銘じていない政治家や役人に多くのことを任せすぎる社会にしたのも国民。所謂他人任せ。一次産業も他人任せ。鼓腹撃壌に憧れるぼくとしては、管理社会粉砕し不便を楽しむスタンスでまいりたいと思っております(^^;)
by ojioji (2015-09-26 09:34) 

youyou_s

>ojiojiさん そうか、確かに毎年大きな自然災害が起こっていて、被災された方々がどんどん増えていってるわけですよねぇ。日本という国がいかに危うい土壌に建っているのか、国民全員が認識して、その上で政治家を選べたら…と思います。しかし常に政治家というのは同じような人物ばかりになるのはどうしてでしょうね。常に高齢者で、誰が総理になってもやはり同じようになってしまう。これはやはり政治家は持ち回り制がいいんじゃないかと思ってしまいます。。。
by youyou_s (2015-09-26 10:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。