So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「アバター」ジェームズ・キャメロン 監督が創った新世界。リアルに存在するかのような映像美。 [映画]

スポンサードリンク




アバター2009年アメリカ映画

★★★★★(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 ジェームズキャメロン

出演者 サム・ワーシントン  ゾーイ・サルダナ  シガーニー・ウィーヴァー

ジェイクは元海兵隊員。戦争で負傷し車椅子の生活になった。
惑星パンドラに向かうはずの双子の兄が急死し、その代わりにジェイクが行く事になる。
そこはナヴィと呼ばれる人間に似た身長3メートル、青い肌をした生物が自然と調和しながら暮らす平和な惑星だった。
そこでは豊かな埋蔵資源を狙う軍人が原住民であるナビィを駆逐しようとしていた。
ジェイクの使命は人間とナヴィの遺伝子操作により作られた肉体(ナヴィそのもの)に意識を繋ぎその肉体を自由に操り、ナヴィたちの内部に入り込み彼らの弱点を探ることだ。
しかし彼らと交流するうちにジェイクの心は次第に彼らと同化していく。

面白かった!めっちゃ映像が綺麗!
これは公開当時、劇場へ観に行きました。
やっぱり大画面で3Dで観たかったのでね。


3Dだけどそれを意識しないまま観てたなぁ。
最初はちょっと酔いそう…って思ったけども。

アバター.jpg
映画.comサイトより画像引用


でもね、ほんとナヴィたちが実在するみたいに感じられたわ。
人間がもうね悪魔みたいに見えるんよね。やめて~!!!みたいな。
なんとなく人間に近くて、でも違ってて…というナヴィたちのキャラクター造形の成功が大きいよね。
植物や生物と繋がって意識を共有し生きていく…というのも理想な感じ。

アバター2.jpg
映画.comサイトより画像引用


でもね、無粋なこと言うとさ、槍や弓矢で戦うナヴィが最新兵器を持つ人間と戦って普通勝てるわけないし。
そのへんがね、まぁ都合よくいった感もあるけども。


あれ、絶対また地球から軍隊がやってくるわ。
一度撃退したくらいで諦めるわけないもんねぇ。


しかしCGとかさ、こうなってくるともうナニが映像でナニがCGかわからんね。
区別つかない。
ほんますごかった。
内容はともかく惑星パンドラが実在しそこにはナヴィたちが住んでると信じられるくらい。
空飛ぶとことか、惑星の自然とか、もうめちゃくちゃリアルで美しすぎてこれを観るだけでも価値があるね。

アバター3.jpg
映画.comサイトより画像引用


映画ってここまできたんやねぇ。すごいしか言いようがないわ。
ストーリーはありがちやけどそんなんどうでもええ。
これはそういうの越えた感じ。と言いつつ途中泣きそうになったけど。
お金出しても見る価値あったわ。
これはCG映画の金字塔となってもええんちゃうかと。

本当に宇宙進出したらきっとこんな感じになるよね。
もし資源が豊富な星を見つけたら元々住んでたものを押しのけて発掘しようとするだろうなぁ。
現実、アメリカだってなんだって全部そうだもんね。
見つけたもののもの!みたいな。
最初から住んでたって、もし自分たちより文明が遅くて劣っていると思ったら容赦ないもんね。
人間の身勝手さとか汚さとかがすごい見えるストーリーだったねぇ。


反対に地球を発見した異星人がいたら、こっちが侵略される側になるし。
そうなって初めて自分たちがやってきたことをやり返されるという経験をすることになるんだろうな。
自然と繋がるとか、色々考えさせられる映画でもありました。
これは本当に名作だと思いますです。

ルナ121.jpg

ナヴィたちに飼われるのも幸せな気もするにゃ

【本映画過去記事】
映画「ボクたちの交換日記」売れないお笑い芸人が交換日記を通して本音を言い合うのだが…
映画「地球が静止する日」人類を滅ぼすためにやってきた異星人、彼の判断とは… 
本「呪われた眠りのなかで」ブラックファンタジー。吸血鬼や人狼、悪魔がいる世界です。 



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ←ブログランキング参加中です。映画もここまできたか~と感動だったな、もう5年前?早いなぁ…と思うわたしにポチって下さると嬉しいです。



これ着るの罰ゲームやわ↓

てか私が着てもアバターやとわかってもらえないやろな




スポンサードリンク



nice!(11)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 11

コメント 5

ニッキー

この映画はかみさんが始めて3Dを見たんじゃないかなぁ^^
で、感激して帰ってきましたが、次に3Dで見た映画(何かは忘れましたw)は、「アクションが激しすぎてグルングルンなって気持ち悪くなった(T_T)当分3Dはやめておく(*_*)」と言ってましたw

by ニッキー (2015-09-02 14:47) 

ojioji

アバターって、なんか痘痕のアバタを連想して(^_^;)、
興味の対象外だったのですが、
>植物や生物と繋がって意識を共有し生きていく
エエやつだったのですね。
アメリカ人からこういうメッセージを発してくれるのは嬉しいなあ。
白人とインディアンが心を通わせるみたいなのとはちょっと違うみたいなので、
アバター、チェックしときます(^_^)
ちなみに、ぼくはルナさんと一緒で、衆愚の民主政よりも良い王様の専政の下で暮らすほうが幸せな気がします〜。
by ojioji (2015-09-02 15:13) 

youyou_s

>ニッキーさん わかります!!3Dによっては酔いそうになりますもん。でもアバターに関しては綺麗な景色でうっとりしてましたから大丈夫でした。
ほんとこれは衝撃的な映像でしたよねぇ。

>ojiojiさん 創造の世界なんですが、これがまた綺麗なんですよ。自然と繋がって生きていくべきなのは人間も同じですもんね。その点でもこの映画は良かったです。
私も民主主義に疑問が出てきてたので、良い指導者がいるのであれば独裁政権もありかな…と思うようになりました…。百年法という小説を読んだ事も大きいですね。この小説では独裁制でしたから。
ただ、専制君主の場合は、権力を一点に集中させてしまうのが危険ですもんねぇ。しかし、今の日本は厳密な意味での民主政ではないような気がしてきてます。
政権を取った党が法律を強硬可決するのであれば、これは民主主義とは言えない気がするんですよね。うーん、でもその党を選んだのは国民…だしな…。難しいです><
by youyou_s (2015-09-02 16:54) 

mitsuya

でもCGとかほんとスゴかったですよね(*^^*) アメリカじゃ映画の世界から出られなくなった人達が結構いたとか?アバター症候群でしたっけ?
by mitsuya (2015-09-03 11:57) 

youyou_s

>mitsuyaさん 理解できなくもないですねぇ。あれだけ綺麗な映像だと。実際にああいう世界があるのかと思い込めますもん。
それだけすごかった…ってことですねぇ。。
by youyou_s (2015-09-03 17:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。