So-net無料ブログ作成

映画「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語」衝撃の物語の続きがここに!魔法少女たちの新たな運命とは? [映画]

スポンサードリンク




「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語」2013年日本映画

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 宮本幸裕

声優 悠木碧 (まどか) 斎藤千和 (ほむら) 水橋かおり (マミ) 喜多村英梨(さやか) 野中藍(杏子)

テレビ版に続くオリジナルストーリー。
まどか、ほむら、マミ、さやか、杏子の5人は魔法少女として敵と戦っていた。
5人で協力し敵を倒すことで、以前よりずっと楽に戦えるように。
こんな生活も悪くないねと笑いあう日々。
しかし、この幸せな生活にほむらは疑問を抱く…。
何かこの世界はおかしい…。

あいかわらず、戦いのシーンの綺麗さは健在。
切り絵のような悪夢のような外国のような不思議な世界。

まどか4.jpg
映画.comサイトより画像引用


映画の最初、まるで表少女ヒーローもののように、5人で力を合わせて敵と戦う少女たち。
まどか、ほむら、マミ、さやか、杏子、そしてきゅうべえ。
敵と戦ってはいるけれど、どこか安穏とした仲間と笑いあえる世界。

しかし、ほむらは、どこか違和感を覚える。
いつから五人で戦うようになったのか…。
敵である魔女は、たしか…まどかが犠牲となることで、浄化され魔女は産まれなくなったのではなかったか。

記憶の奥底から徐々に甦る過去たち。
そしてほむらは気づいてしまう。
この世界はまやかし。
誰かが創った嘘の世界だと。

今回の主人公はほむら。
彼女は時間をさかのぼることが出来て、テレビストーリーではまどかを救うため、何度も何度も何度も時間をさかのぼり、戦いをやり直してきた。
しかし結局まどかは、自らが神となることで、魔法少女たちが魔女になることを止めたのだった。
以前のレビューではネタバレとなるから書かなかったけど、そもそもこの映画を観るためには、テレビストーリーを知っておかないと始まらないので書きます。

まどか.jpg
映画.comサイトより画像引用
ほむら

インキュベーター(異星人)のきゅうべえは、魔法少女を作り、その魔法少女たちの絶望がいっぱいになったときに魔女に変わってしまうその時のエネルギーを搾取するためにやってきていた。
魔法少女は結局、元魔法少女であった敵を倒して、そのうち自らも魔女になるために戦っていたことになる。
絶望しかない運命に終止符を打つためまどかは自らの存在を懸け、世界を造り変える。
その結果魔法少女たちは魔女になることなく浄化されることになる。

まどか2.jpg
映画.comサイトより画像引用
まどか

しかし、まどかのその運命を変えようと必死になっているほむら。
彼女はまどかを哀しい運命から救うため、何度も何度も人生をやり直していた。

まどか3.jpg
映画.comサイトより画像引用
きゅうべえ


今回、映画のしょっぱなで、死んだはずのマミやさやか、杏子たちが一緒に戦っているのを見て、あれ?これ違う世界の話なんかな…と。
そしたら、やっぱり、この世界は誰かが強く望んだまやかしの世界だと判明する。
そしてこの世界を作り上げた張本人は…。

というね、ちょっと複雑な感じ。
ていうか、この映画、ものすご~くわかりにくい!!!!
まぁテレビ版もわかったようなわからなかったような感じなんやけども。

この映画は一度観ただけでは理解できんわ。
わたし程度の知能では。

まどかを救いたい!一緒に居たい!という思いだけで生きているほむら。
彼女の願いは届くのか?というところが見どころか。

結局まどかとほむらは対極にあるような存在だったということか。
まどかは、魔法少女全員を助けたがった。
ほむらは、まどか一人を救いたかった。
その違いからこのような混沌が生まれてくるわけで。

話が壮大になりすぎて、一体何がどうなったんだかさっぱりわからないラストでしたわ。
なんとなくで、自分を納得させる感じで。
でも結局はほむらは幸せになってないんじゃないかと思えるわ。

ほむらの望むことは結局は自分本位であり、まどかの思いや決意は考慮していない。
当然他の魔法少女のことも。
無理やりまどかを自分のものにしたところで、どこかに歪みが出てしまう。
これはほむらの永遠の片思いストーリーともいえるかも。

これだと続きも作れてしまう感じではあるな。
でもテレビ版の方が数倍良かった。
なんていうかきちんとそれぞれの役目をこなしていて、まどかが全員を救ったラストで希望があるというかね。
でも映画の場合、これでいいのか??という謎とか不明瞭感が強くなってしまってる。
もっとすっきり!気持ち良く終わって欲しいわ。

なんとなく、もやもやもやもやした感じで、これ誰か幸せになってる??と疑問マークが大量発生したわ。
ほむらがすべて支配する世界ってことじゃないのかな?
結局どうなるのかよくわからんラストでしたもん。

これはテレビ版で終わっておくべきやったんちゃうかな。
そしたら、感動!!!で終わったのにな…。
勿体ないわ。

ただ、映像はほんとうに奇妙で綺麗で禍々しくて想像を超える造形で見ごたえはありました。
絵と内容のギャップも健在やしね。
けど、一般大衆向けかというと、やっぱり一部のコアなファン向けという感じがしましたです。
わかる人だけわかればいい…みたいな。
私はテレビ版が好きでしたわ。

ルナ86.jpg

ママはあんまり意味わかってにゃいやろ←はい…

【本映画過去記事】
本「富士山大噴火」東京に地震が起こり富士山が噴火!果たして日本はどうなるのか?
映画「幸せへのキセキ」動物園付きの家を購入したベンジャミン。実話を基に映画化!
漫画「東京タラレバ娘2」アラサー女3人の恋愛はことごとく上手くいかない…愛は手に入るのか? 



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ←ブログランキング参加してます。深夜アニメをバカにしたらあかんね…というわたしにポチって下さると理解力があがるかも…。


こっちのテレビ版がおすすめ↓




スポンサードリンク



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。