So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「ザ・インタープリター」ショーン・ペン&ニコール・キッドマン主演の社会派サスペンス。国連で暗殺が?! [映画]

スポンサードリンク




「ザ・インタープリター」2005年アメリカ映画

★★★★☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 シドニー・ポラック

出演者 ショーン・ペン ニコール・キッドマン キャサリン・キーナー

インタープリターとは通訳のこと。
アフリカのある国の大統領が演説のため国連に来るのだが、独裁制をしいているその大統領には大量虐殺の黒いうわさがあった。
国連で通訳をしているシルヴィアはある日、国連内部でその大統領の暗殺が企てられようとしていると知る。
しかし彼女の狂言ではないかと疑われ、身辺を探られることに。
すると彼女はその大統領に家族を殺された過去を持っていた。
シルヴィアは嘘をついていると確信するシークレット・サービスのケラー。
そんな時シルヴィアが仮面をつけた男に襲われる事件が。
果たして彼女は真実を告げているのか?!

ショーン・ペンがめっちゃ味のある中年男、シークレット・サービスを演じていてイイ!!
この人は色々な役柄を演じられる人やねぇ。

ニコール・キッドマンはめちゃくちゃ綺麗。
スタイルもいいし。

ニコール・キッドマンは国連で通訳の仕事をしている。
ある夜、誰もいなくなった会議場で、男がささやいている声を聴く。
それはアフリカの国の大統領を暗殺するという言葉だった。

インタープリター.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用


しかしまさか国連内部で暗殺できるわけがないと、彼女の狂言かと疑われることになってしまう。
そして彼女の過去が探られると、彼女の故郷はそのアフリカの国で、彼女の家族はみんな殺されていることが判明。

なんていうか、疑われてるんだからすべて正直に話せばいいものを、うだうだ隠すから疑われるねん。
と、シルヴィアにいらっとする。
彼女の動向を探るため彼女に監視がつくのだが、その隙をついて、仮面の男が彼女の家に侵入する。

そこで24時間監視をされることになるシルヴィア。
彼女を守るためと、監視と二重の理由で。

映画の中盤まで彼女の過去とか、そういうのが伏せられているため、彼女に何かある!と考えているケラーと共に、なんか怪しい…と思うことに。
そこらへん結構上手い感じ。
はらはらするし。

最初はみんな平和主義者で理想を掲げて国のため決起し、その国を治める。
けれどだんだん権力に酔いしれ、独裁者となってしまう。
みんなそうだよ、という言葉は本当なのかもしれないね。
だから、政権交代が頻繁に行われ、その都度、血が大量に流される。

平和を願うのはみな同じなのにねぇ。
権力を手に入れてしまうと人は変わってしまう。

アフリカの独裁者である大統領暗殺の陰謀を解くために、シークレット・サービス、FBI、CIAなどが入り乱れて捜査するんだけど、なかなか黒幕が判明しない。
どきどきはらはらスリルがあって、飽きずに楽しめます。

一体どうやって警備の厳重な国連で暗殺するのか?…はあまり重要ではなく、誰が暗殺しようと考えているのか…が大事…かな。
暗殺しようとする理由も意表をついている感じ。

しかし、主人公のシルヴィアは過酷な運命を生きてるねぇ。
救われないと可哀相すぎるわ。
めっちゃ美人やのに(美人は関係ない)。

まぁそうやろな…というラストではあるけど、結構そこに至るまでが面白かったな。
え?それで終わりか…とも思うけど、あれはあれでしょうがない結末って気がした。
ショーン・ペンの魅力が満載でもあったな。
それぞれキャラの持つ過去とかが痛くて傷ついた者同士が慰め合う…というスタンスはあまり好きじゃないけど、安易な恋愛に発展しなかったのは良かった。

インタープリター2.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用


結構どきどきするし、一体どうなるの??と目が離せない展開であることは間違いなし!
陰謀系が好きな方ならぜひ!

ルナ129.jpg


暗殺しても結局同じにゃ!

 



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ←ブログランキング参加してます。読んでくださってありがとうございます。社会情勢が不安定な国は怖い…日本で良かったとこんな時だけ思うわたしにポチって下され。


ショーン・ペンの違った顔が観れます↓




スポンサードリンク



nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 12

コメント 4

mitsuya

超ウルトラハイパーインフレのジンバブエもそうですよね(*^^*) 初の自国大統領が権力を手にした途端金の亡者ですからね(¯―¯٥) 1ドル=3京5千兆億円ってナンですかね?
by mitsuya (2015-09-16 10:49) 

youyou_s

>mitsuyaさん そうなんですか!!やっぱり実際にあるんですねぇ。その$換算なんですかぁぁぁ。むちゃくちゃですね。やはり人は権力を手にしたらもう他人のために…とかは思わなくなっちゃうんですねぇ。ま、今の日本の政治家もそうですもんね。独裁かどうかの違いはあっても、似たようなもんですよねぇ。
by youyou_s (2015-09-16 17:32) 

ojioji

あっ、この映画観ました。ニコール・キッドマン綺麗すぎ。あの器量ならこんな人生にはぜったいならない(^O^)、ショーン・ペン好き〜。
ニコール・キッドマンがショーン・ペンに聞かせたクー族の言い伝え?の「憎んでいるやつが溺れているときお前は助けてやれるか」にどう反応するか。復讐は悲しみを産み出す、よく言われます。が、ぼくみたいに仇討ちに感動し復讐を尊ぶ人たちもいる。1999年11月馘首になった会社に合法的に復讐することに全力投球した数週間が懐かしい、大成功、会社はM&Aで消滅しました(^O^)(^^;)。ここが180度異なるまま、人間関係や外交で小手先の手段を弄しても問題は解決しないのでしょうね。中東や朝鮮半島や。ショーン・ペンは自分の妻を死なせた間男?を溺れ死なせたいと言う。が、ニコール・キッドマンが家族のために果たしたい復讐を止めようとする。ニコール・キッドマンは、クー族では命を助ければ悲しみから解法されるとショーン・ペンに教えつつ、復讐のための暗殺に殆ど成功しかける。ほんとは彼女を応援していたのに・・・(^^;)、ラストでカタルシス味わえなかったのが不満です。が、惹き込まれた映画です。ちなみに、映画の初めのほうがわかりにくくて、二回目のほうが楽しめました。脳猫化症です。
by ojioji (2015-09-26 09:58) 

youyou_s

>ojiojiさま そう、復讐するか否かというのは永遠の課題のような気がします。復讐は憎しみの連鎖しか生まないというのも理解できますが、例えば愛する者(子供とか)を残虐にただの嗜好で殺されたら…。その犯人を果たして許せるのか。私は絶対にムリな気がします。そいつがのうのうとこれからも人生を生きていくのかと思うだけで、身体が引き裂かれるような怒りにかられると思います。同じやり方で苦痛を味わわせて殺してやりたい…と思っちゃいます。
ほおっておいても罰が当たる…とも言いますが、世の中そうは甘くありませんからね。泣き寝入り…という言葉しか浮かびません。私はちょっと好戦的すぎるのかもしれませんけど。
この映画は確かに復讐は何も生まない、という結論に落ち着いてしまいましたが、家族を殺された恨みを果たせず自分は国外追放、確かに相手は逮捕されますが、どうなることか。他人の事であればいくらでもいえるんですけどねぇ。相手と同じ位置に落ちるんじゃない!とか。でも自分自身に置き換えると感情を処理できる気がしません…。この映画もニコールが(友達か!)殺さなくて良かった、とは思ったんですが、自分だったら…。
by youyou_s (2015-09-26 11:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。