So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「借りぐらしのアリエッティ」床下に住む小人たちの生活と、少年との交流とは [映画]

スポンサードリンク




「借りぐらしのアリエッティ」2010年日本映画

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 米林宏昌

声優 志田未来 (アリエッティ) 神木隆之介 (翔) 大竹しのぶ (ホミリー) 竹下景子 (貞子)

家の床下に住む小人たちの家族。
人間からいろいろな物を少しずつ借りて暮らしている。
「人間に見られてはいけない」そういい聞かされてきたアリエッティだがある日、少年に姿を見られてしまう。

借りぐらしのアリエッティ [DVD]

借りぐらしのアリエッティ [DVD]

2010年8月公開時、映画館で鑑賞。

床下に住む小人たちの暮らしは素敵だった。
確かにドールハウスの物なんかぴったりだわ。
釘の階段とか、まち針が武器になるのとか面白かったな。

アリエッティ2.jpg
映画.comサイトより画像引用


角砂糖も一個あれば相当持つよねぇ。
そういう小人たちの生活とか目線とか小物使いはめっちゃ良かった。


割りに話が淡々と進んで、ラストもとりたてて感動でもなかったしちょっと物足りない部分があったかな。
少年がどうなるのかとか、アリエッティたちの新生活もちらっと見せて欲しかった。


アリエッティ.jpg
映画.comサイトより画像引用


私も小さい頃、どっかに小人がいると信じてたなぁ。
夜中に出てきて遊んだり食べたりしてると思ってたし。
コロボックル読んでたからね。
そういうの思い出してほんわかした。


ただね~やっぱりちょっと物足らない気がしてさ~。
なんだろね。期待が大きすぎたんかな。
映画館じゃなくてDVDレンタルでも良かったかも。
あ、でも1000円で見たし、それならまぁ納得(なんでも金かい!)

小人の生活って夢があるし、ドールハウスを集めたいという願望もあるし、夢が詰まった映画ではあるな。
人間に見られたらだめ!というルールもわかるし、それを破り少年との交流を持ったアリエッティの葛藤とか勇気とかもなかなか。
ずっと一緒に暮らすわけにはいかないやろね。
私だって小人が目の前に現れたら捕まえてしまうわ(鬼)。
でも見世物にするのは可哀相やしねぇ。

結局種の違う者同士がずっと友達でいるなんて無理があるってことかもね。
ラストももう少し先まで観たかったけど、別れを描くのであればあれで良かったのかもしれん。

ルナ152.jpg

小人にゃんて見つけたら追いかけてしまうにゃ



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ←ブログランキング参加してます。借りぐらしって言うけど絶対返さないよね…と思うわたしにポチ応援よろしくお願いいたします。


超有名な小人と言ったらこれ↓




スポンサードリンク



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。