So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」漫画原作。藤原竜也主演の借金を抱えた男の人生逆転ゲームとは [映画]

スポンサードリンク




「カイジ 人生逆転ゲーム2009年日本映画

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 佐藤東弥

出演者 藤原竜也 香川照之 天海祐希

友人の借金の保証人になったため自らが借金を負うはめになったカイジ。
金融会社からすすめられたのは一発逆転を狙うゲームに参加すること。
豪華客船で行われたそのゲームにはカイジと同じく借金を背負った人間がたくさん集められていた。
騙し騙され勝ち組に成り上がるためのゲームが始まる。

福本伸行さん漫画原作ですね。


カイジは最初の方しか読んでないけど、主役カイジの藤原竜也はなかなか良かった。
男前すぎるけどさ。
あの汗だらけの暑苦しいカイジの世界をちゃんと表現してた気がする。
熱過ぎる演技にさすがやなぁと。


内容は当然はしょられてたり順序違ったりしてるけど面白かったと思うわ。
演技派の人が出てたからかもしれんけど。
特に香川照之ってすごいなぁ。
よくあれだけ悪人顔ができるな。
めちゃ悪そうな顔でさ~。


天海裕希も良かったわ。
ラストちょっとひどすぎるやろ…と思わないでもないけども。

カイジ2.jpg
映画.comサイトより画像引用


松山ケンイチが友情出演してるのもよかったわ。
ライトとLの競演やもんね。

カイジ.jpg
映画.comサイトより画像引用


しかしカイジ読んでると消費者金融でだけは借金したくないわ。
どれだけお金に困っても一生こんなとこでお金は借りないと改めて自分に誓った次第です。
でもやっぱり原作漫画の方がどきどきはらはら面白いかも…。
ライアーゲームとちょっとかぶるとこがあるね。

ルナ68.jpg

借金したら死ぬしかにゃい!!!!

↑いや、まぁそこまでちゃうけども。

【本映画過去記事】
本「20年目のクラスメート」20年ぶりの同窓会。しかしかつての仲間が次々殺され… 
映画「永遠の0」百田尚樹が描く零戦特攻隊員の悲劇。彼らは何を思い散っていったのか。
映画「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」昭和から平成の仮面ライダー大集合!死神博士も登場!



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ←ブログランキング参加してます。カイジの漫画も面白いんだけど、絵があまり好きじゃないんだよな~なわたしにポチって下さると嬉しいんですが…(遠慮がちに)。


カイジ原作はこれ↓
面白いです!!




スポンサードリンク



nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 12

コメント 4

ojioji

マハトマ・ガンジー師が資本主義七つの大罪で「道徳なき商業」を五番目に挙げておられます。貸すほうも貸すほうですが、借りるほうも借りるほうですよね。Amazonで検索すると、次のような巫山戯た題名の本が☆☆☆☆とかの評価に。「図解 借りたカネは返すな!―目からウロコの合法的“借金”帳消し術」「借りたカネは忘れろ!―誰にでもできる合法的借金帳消し術」「銀行にカネは返すな!―会計士・税理士では手に負えない会社を再生するテクニック」「借りたカネはやっぱり返すな!」「あなたの借金、返さなくていい!―借金は踏み越えろ!!ローン・サラ金・クレジット」中身はわかりませんが、最後の本のレビューをチェックすると、☆☆☆☆☆が10人、☆は2人。そりゃ国家財政赤字が1000兆円を超えるわけです。まさか、国はこれらの本を読んで赤字国債を償還しないつもりじゃあ(^O^)。まあよい、それも面白い、正々堂々とダイナマイトを巻いて国会議事堂か霞ヶ関に突入する理由が出来るから。子どもの頃飼ってた犬を保健所で殺されたから厚生官僚OBを刺殺するのとは違って、格好良いでしょう。
by ojioji (2015-09-26 10:41) 

youyou_s

>ojiojiさま うわぁマジですか。そんな本があって評価がそんな高いとは。。確かに道徳心とかがなくなってしまったら人間社会が崩壊する気がしますね。借りたものは返さないと。そう思うと、カイジが借金して返せなくて強制労働させられるのも正しいことなのかな…。どうしても同情してしまいますけども。まぁ彼は友人に騙されて借金背負うというこがありますからね。それも道徳心の欠如が原因ですし。
法律の隙間を縫って上手く立ち回るのは確かに胸のすくような思いがしないでもないですが、ほとんどの人が正直にまっすぐ生きてることを想えば、やはりあまりそういう事はしたくない気がします。正直者は損をする時代ではあるとは思いますが。理性とか秩序とか道徳とかそういうので判断するんじゃなく、もう100%感情で考える時代だとしたら怖いですねぇ。
by youyou_s (2015-09-26 11:30) 

ojioji

100%感情で考える時代、言い得て妙かと思います。感情どころか快不快の法則だけで生きているとしか思えない大人もおりますし。幼児ならそれでよいけれど。
昔からぼくは、サラキンに悪い印象はあまりなくて(^_^;)、借りるほうの愚かさばかりが気にかかっていました。借りなきゃあいいだけ。なのに、返さない酷い奴を、まるで災難に巻き込まれたかの如く新聞記事で書く。お前らおかしい。サラキンの取り立てで一家心中とかを悲劇として取り上げるようになったのがぼくの大学時代のことでした。本来は違法の赤字国債を法の目をくぐって政府が発行し始めたのも同じ時期。たぶん日本人がカネかね金の拝金主義の生き方を選んだときと一致するように思います。
by ojioji (2015-09-27 16:45) 

youyou_s

>ojiojiさん 確かに快か不快かで生きてる大人も多いですよね。子どもの見本となるような大人が少ない今、結果的に回転すしで醤油さしを鼻にいれてネットにアップするような大学生が増えてるのかもしれません。これをしたらどうなる、ネットにアップしたらどうなる…という先を見越すことができない大人が増えてきていることは怖いです。
確かにサラ金で返せないくらいの借金をする行為が問題なのであって、サラ金の存在がなければ困る人もいるわけですからね。利子が高くほおっておけば雪だるま式に借金が膨らむ…という先を見越せないから困ることに。
やはり、こうしたらこうなる、という行動の先の結果をしっかり認識するのが良識ある大人かもと思います。
by youyou_s (2015-09-28 08:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。