So-net無料ブログ作成

映画「インサイド・マン」NYの銀行に強盗が押し入る。人質を取った犯人に交渉するが… [映画]

スポンサードリンク




「インサイド・マン」2006年アメリカ映画

★★★★☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 スパイク・リー

出演者 デンゼル・ワシントン  クライヴ・オーウェン  ジョディ・フォスター

NYの信託銀行に4人の銀行強盗が押し入る。
彼らは中にいた客や行員を人質に取り銀行の中に立てこもる。
犯人はバスやジャンボ機を要求。
交渉にあたる警官、信託銀行会長から依頼を受けた弁護士、そして犯人たちとの心理戦が始まる…。


 



何の予備知識もなく観はじめたらこれが面白かったんですよ!

ただの銀行強盗と警察の交渉の話かと思って観ていたら…。

まず犯人たちの冷静な行動に驚き、???となってくる。
あれ?この人たちお金が目的じゃないの?と。

普通だと、強盗の中にもどんくさい奴がいてそいつのせいで窮地に陥ったり、人質の中にも勇気なんだかバカなんだかわからん行動に出る奴とかいるやん?
ところが、ちょっと違う。

強盗たちは終始冷静で、リーダーに従い、何らかの目的があって(お金以外?)行動しているように見える。
警察に対し、逃走用のバスや飛行機を要求するけど、お金を盗る様子がないんだよね。

交渉人として捜査官フレイジャー(デンゼル・ワシントン)がやってくるんだけど、犯人と話すうちに時間稼ぎをしているんじゃないかと疑いを持つ。
一体なんのために?

そして映画では途中途中で人質たちへの聞き取りのシーンが挟み込まれる。
つまり、人質は救出されて、犯人はまだ捕まっていないことがわかる。
ん?じゃ犯人は一体?
警察は人質の中に犯人がいると確信し、各々に事情聴取するが、怪しい奴が見つからない。

インサイド・マン2.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用

 

なんていうか、まずはこの銀行強盗の手際の良さとか、用意周到なところが痛快。
なるほどねぇ、と思ったわ。
でも危険な賭けやけどもね。
人質の中に紛れたって調べられたらばれそうなもんやし。

あまりネタバレしないでおきたいので、内容は詳しく書けないのがもどかしいわ。

犯人と交渉人の捜査官と、別に弁護士が関わってくる。
これがジョディ・フォスター。
ものすごく頭の切れる弁護士で、どうやら市長の弱みまで握っているというやり手の女性。

この弁護士に依頼してくるのが、襲われた信託銀行の会長。
どうやらこの信託銀行の貸金庫に、誰にも知られたくないヒミツを隠しているらしい。
それを公にせず回収してほしいと、弁護士に依頼してきたのだ。

この会長の秘密と銀行強盗が関係するわけだけど、なんていうか、観てて嫌な気分になる映画じゃないことが確かだな。

銀行強盗だとちょっと嫌な展開になったりもするけど、これは勧善懲悪の物語ともいえるので、ラストには「ああ良かった!結構めでたしめでたしやん!」となったわ。

きっちり結末が描かれているわけではないけれど、おそらく、こうなるのだろうな…くらいはわかるし、それは希望の持てる未来な感じ。
観てすっきりするかと言えば結末が描かれていないだけに、もやっとする部分もあるけれど、それでもまぁいいんちゃう?きっとうまくいくわ…程度に、にやっとできる。

思いがけない拾い物をした気持ち。
まったく予備知識なしに観たからデンゼル・ワシントンとかジョディー・フォスターとか豪華俳優さんたちが出演してるのも良かったし、期待を持たずに観たので引き込まれたのもあるかも。

インサイド・マン.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用

基本的に善側は誰も死なず、悪はきっと滅ぼされるんやろな…な安心して観ていられる映画でもあります。

 

ちょっと今まで観た銀行強盗ものとは違ったので、面白かったですわ。
お時間あればぜひ観てみては??

 

ルナ152.jpg

 

銀行強盗する奴は悪い奴にゃ!!!

【本映画過去記事】
本「エデンの彼方に」リンジーは心にトラウマを持ちながらもモデルとして成功するが何者かに命を狙われる?!
映画「サマータイムマシン・ブルース」瑛太主演。劇団ヨーロッパ企画の舞台を本広克行監督が映画化!
漫画「東京タラレバ娘3」崖っぷちアラサーの3人娘の恋の行方は前途多難で… 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。これはお金出してレンタルしてもいいかもレベルな映画でしたと思うわたしにポチってくださると喜びます(私が)。

こんなの出るんだね!↓古いゲームで遊べる!




スポンサードリンク



nice!(11)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 11

コメント 3

ojioji

あっ、この映画、録画で見ました。
ぼくも記事と同じような感想を持ちました。
トリックを書けないのがもどかしいです(^^;)
現実に可能かと言われると、たぶん無理でしょうが、
警察の質が低下した今の日本でなら可能かも(^^;)
ただ、「ザ・インタープリター」のときと同じく、ぼくの頭が猫化したせいで、挿入される聞き取りシーンの顔が銀行内のどいつかわかりにくいときがあって、ビデオは一回見ただけで消去したのですが、もう一回見ればもっと深く楽しめたのにと後悔。
近頃の説明描写しすぎのドラマや小説に辟易している身としては、不満というより自分への嘆きです(^^;)
ジョディ・フォスター、綺麗で知性的でかっこ良すぎでした。
デンゼル・ワシントンって「ボーン・コレクター」のリンカーン・ライムの人?
原作に嵌った時期がありました。
最後にルナさんへ
義のために許される銀行強盗もあるのです(^O^)
by ojioji (2015-10-02 09:30) 

mitsuya

面白そうですねぇ(^_^) ちょっとツタヤ行ってきます(*^^*) ジョディ・フォスター好きだし( ̄ー ̄)ニヤリ…
by mitsuya (2015-10-02 10:50) 

youyou_s

>ojiojiさん 確かに私もラストで犯人が判明したときに、あ、この人か!みたいなあやふやな感じでした…。
上手く行きすぎ感はありますけど、銀行強盗にしては意外な着地点でほんと驚きました。
ジョディ・フォスター知的でしたねぇ。かっこ良かった。。
デンゼル・ワシントンさんは結構あちこちで見ますね。この方も結構好きです^^

>mitsuyaさん ぜひぜひ観てください!意外性があってほんと面白かったですから!
by youyou_s (2015-10-02 18:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。