So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「パコと魔法の絵本」たった一日しか記憶が持たない少女と知り合ったワンマン社長は… [映画]

スポンサードリンク




「パコと魔法の絵本」2008年日本映画

★★★★☆ (個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 中島哲也

出演者 役所広司(大貫) アヤカ・ウィルソン(パコ) 妻夫木聡 土屋アンナ

自分一人で小さな事業を起こし、今では大企業に育てた大貫。

ところがここにきて体調を崩し会議中に倒れ入院することに。

意地が悪く誰も信用せず自分本位な大貫の前に、パコという一人の入院患者である少女が現れる。

パコは両親を事故で亡くし、その際の後遺症でたった一日しか記憶がもたない。
次の日になればすべて忘れてしまうのだ。

少女と触れ合ううちに大貫は徐々に変わっていく。 


なんか舞台っぽい感じで、ほぼ場面は変わらない。
と思っていたら舞台劇を映画化したものらしい。

全体的な雰囲気はティムバートンやね。
奇妙な世界観が似てた。

パコ2.jpg
映画.comサイトより画像引用

変わった患者ばかりの病院に、変わった看護婦に医者。

最初の方なんてホラーかと思うくらい。
ちょっととっつきにくかったんやけど、だんだんのめりこんで観てしまったわ。

それぞれに抱える悩みとかもきちんとわかりやすくて良かったし。

 



挿入されるアニメCGも面白かったわ。

それぞれ役者さんが演技派で役にハマってて良かった。

パコは素人臭さが余計によかったかも。可愛かったし。

パコ3.jpg
映画.comサイトより画像引用

 

独裁者的でワンマン社長の大貫がまたものすごい髪型で、見るからに怖そう。
でもパコと話すうちにだんだん優しくなっていく。
変わっていく過程が案外違和感なく、すんなり受け入れられる。
パコが可愛いからな~。

パコ.jpg
映画.comサイトより画像引用

ラストも意外性があって面白かった。

けどなんか泣けそうで泣けなかったわ~。

もうちょっとのとこで泣けなかったのはなぜやろか。

ほらほらここで泣け泣けという演出がなかったし、あっさりすんなり展開していったからかもな。

 


あと、安部サダヲがすんごくすんごく面白かった。

この人いいわ~。
8歳の娘@鑑賞当時も楽しめた映画でした。

家族で観ればいいんじゃないでしょうか。

でもあまり小さい子供だとちょっと怖がるかもなぁ。

土屋アンナと小池栄子めちゃ怖いし(笑)

出演者が豪華なのも見どころのひとつかも。

ちょっと観る人を選ぶかもしれん映画ですけど、内容はハートフルで心温まるストーリー。
絵柄の特殊さがまた独特で面白いです。
時間があればぜひ。

 

ルナ109.jpg

 

出てくる人みんな怖い…←確かに見た目怖いね…

【本映画過去記事】
本「死都日本」九州の霧島が大噴火!日本のみならず世界が壊れる?!究極災害小説。
映画「2012」マヤ暦2012年地球滅亡説が本当になった!果たして人類は生き残れるのか?!
映画「トイストーリー3」大人になるとおもちゃでは遊ばない…ウッディたちの哀しい運命?!あらすじと感想

 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へにほんブログ村←ブログランキング参加してます。いつもご訪問ありがとうございます。遊びに来たついでに遠慮せずポチっとお願いします。



これが原作舞台です↓



スポンサードリンク



nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。