So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」様々な時代を行き来する時空ジャーナリストの青年が安土城焼失の謎に挑む [映画]

スポンサードリンク




劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」2013年日本映画

★★★☆☆ (個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 中尾浩之

出演者 要潤 夏帆 杏 カンニング竹山 宇津井健

様々な時代をタイムワープし、その時代の庶民にインタビューし、時代を紐解く、時空ジャーナリストの沢嶋。
彼の持論は、歴史の裏側を知るには名も知られていない人々の話を取材することが大事だということ。
今回は本能寺の変のあと、京都の町は一体どうなっていたのか…を取材していた。
ところが、国宝級のお宝を狙い、未来の武器を使った山伏に襲われてしまう。
失われた宝を探し、持ち主に返さなければ過去が変わってしまう。
お宝の茶器を手に入れるため沢嶋は時代を行き来することに。

 




タイムワープもの。
どうやらNHKで連続ドラマになってたみたいね。
ドラマの方はまったく観ずに、いきなり劇場版を観ましたが問題なし!

主役の要潤さんはやっぱりイケメンですわ。
ちょっと濃いけど。
時空ジャーナリストと呼ばれ、歴史の裏側を取材して回っている。
第一線の有名人ではなく、その周囲の庶民だったり、裏方の名も知られていない人々を取材するのを信条としている。

タイムスクープ.jpg
映画.comサイトより画像引用

 

今回は本能寺の変の直後、一般市民たちはどうしていたのかと取材に訪れる。
ここで織田信長はあまり人々に好かれていなかったことがわかる。
沢嶋は織田家家来の生き残りと、たまたま信長に招待され寺を訪れていた博多の豪商の旅に密着することになる。

織田家の家来は博多まで無事に豪商を送り届けることを使命としていた。
その豪商は国宝級の茶器を持っており、旅の途中で山伏に襲われる。
その山伏は未来の武器を持っており、どうやら沢嶋と同じ会社の人物だとわかる。
歴史上の重要な物を盗みだす窃盗団が存在しており、その一味ではないかと疑いが。

山伏に襲われた際に茶器は紛失、過去を変えてはいけないと茶器を探すことになる沢嶋。
歴史を紐解き茶器が発見された1985年や戦時中へとタイムワープすることになる。
なんとか茶器を豪商に還さなくては過去が変わってしまう。

タイムスクープ2.jpg
映画.comサイトより画像引用

 

結構面白かったけどもね。
取材するという発想が面白い。
でもいろいろな時代に行くわけで、そのたび自分たちの正体はどうしてるんやろかね。
相手に信用してもらえるような恰好してないのに。。
その辺はご都合主義ではあるけど、要潤の真面目でまっすぐな感じのキャラがなかなか良かったわ。

歴史上の真実を知る…のはいいんやけど、あんなことしてたら絶対歴史を変えることになると思うけどね。
未来の恰好した人物があれこれ嗅ぎまわるわけで、捕まってもおかしくない。
持っていた道具類も盗られる可能性はあるわけで、それこそ過去にあってはいけないものが残ることになる。
自由自在に過去を行き来してれば、過去を改ざんする可能性は無限にあるやん。
そういうのはあまり重要視されないんやねぇ。

タイトルにある、安土城の焼失の謎…やけど、ストーリーの最後の方に出てくるだけで、たいした謎でもない。
別にそれを解くために必死になるわけではなくて、茶器を取り戻すために安土城に行くしかないだけ。
しかも焼失の謎って…。
ただ蝋燭が倒れて燃えたってだけやん!!
全然謎解けてない!
てか、謎ちゃう!

歴史上の人物の織田とか主役級の人たちを取材するのは第一調査部で、沢嶋がいるのは第二調査部。
ここは庶民だったり、無名の人を取材する部らしい。
花形の仕事は第一調査部やね。
でもそれこそ歴史を変えてしまう可能性が高いから、接触するのも大変やと思うわ。

しかしこんなふうにタイムワープできるようになると、歴史の謎はすべて解けてしまうね。
実際に観て写真やビデオに撮ることができるわけやし。
なんかロマンがなくなる気がしてしまうけど。
タイムワープものはいろいろあるけど、取材するという名目なのは面白いと思ったな。
それが活かされてるかというと疑問はあるけど。

まぁ相対的に普通…な映画です。
別におすすめ!!ってわけでもなく、しょーもないよ…というわけでもなく。
ドラマ観てたらもっと楽しめたのかな…。

最近は結構、タイムスリップものが多いからね。
現代の若者が信長のコックになったり、信長そのものになったり。
これが結構面白いんだよね。
なので目新しいものではないけれど、設定が色々考えられててそれぞれに面白いわぁと思うわけです。

てことで、この映画は普通です(感想それ!!!!)

 

ルナ133.jpg

 

タイムワープって美味しいの??

【本映画過去記事】
映画「第9地区」宇宙から難民がやってきた…彼らを隔離した第9地区はスラム化。強制収容所へと移送しようとするのだが
本「美しい標的」企業買収の情報収集のため美人秘書に近づくイケメン。リンダ・ハワード作。
映画「ザ・インタープリター」ショーン・ペン&ニコール・キッドマン主演の社会派サスペンス。国連で暗殺が?!

 



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。過去には行きたくないなぁ…特に戦国時代は…と思うわたしにポチってくださると嬉しいです。



ええ~シーズン4まであるんか!びっくり↓




スポンサードリンク



nice!(13)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 13

コメント 6

mitsuya

これ久々に面白い番組でしたよね(*^^*) 要潤さんも仮面ライダーを足掛かりにしっかり俳優さんとして成功されましたよね(*^^*)
by mitsuya (2015-10-10 10:10) 

youyou_s

>mitsuyaさん ドラマを観ておられたんですか?これきっとドラマで見た方が楽しめた気がします。
そういえば要潤さんも仮面ライダー出身でしたっけ。最近の仮面ライダーの主演の方は印象に残らない薄いイケメンが多い気がします。
by youyou_s (2015-10-10 11:15) 

ojioji

JIN-仁-の第一部最終回を見たところで、この作品面白そうです。
要潤さん、「キミ犯人じゃないよね?」を貫地谷しほりさま目当てで見てすっかりファンに。
夏ドラマ「エイジハラスメント」でも会えました。
キミ犯のDVDの付録で見た地のトークからは、人柄とかちょっと期待を裏切られましたが、演技している人柄?は好感大でした。
by ojioji (2015-10-11 20:19) 

youyou_s

>ojiojiさま 地のトーク…めっちゃ気になります!(笑)
JINも大好きなんですよ、原作漫画が。
ドラマは観てないんですけど、原作があれだけ良ければきっと面白いでしょうね。
タイムスクープハンターは要潤さんのキャラが良かったので人気になった気がしますね。
by youyou_s (2015-10-12 10:22) 

ojioji

要潤さん、地は知性を感じさせない好青年でしょうか^^;。いい人だけど、おーっというところが無い。でも好きです(*^^*)。彼の滑舌のわるさは斉藤洋介さんと一緒で、マイナスになっていないと思います。
JIN-仁-、ぼくも先に原作漫画を京都の歯医者さんで読破!(^O^)v、感銘を受けて結局購入、今も所持。
先日見たドラマでは現代に野風そっくりの恋人がいたり、原作と異なる設定があって、さらに面白くなっています。地元放送局で今、第二部完結編の再放送が始まっているので録画中。イッキ見が楽しみです。
by ojioji (2015-10-19 12:55) 

youyou_s

>ojiojiさま 笑!なるほど、あまり知性は感じられないと(笑)まぁそれも魅力になるかもしれませんね!
仁のドラマ版も面白そうですねぇ。原作が良すぎると実写に期待しすぎて残念なことになるので、あまり見ないんですが、これは観てもよさそうですね。老後の楽しみが増えました(笑)
by youyou_s (2015-10-19 16:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。