So-net無料ブログ作成

本「処刑者たち上・下」愛するものが嬲り殺されたとき、貴方は復讐せずにいられますか? [本]

スポンサードリンク




「処刑者たち 上・下」著者 グレッグ・ハーウィッツ

★★★★☆ (個人評価 ★多めならおすすめ)

7歳の娘が誕生日のその日、レ〇プさればらばらにされ殺害される。

犯人はすぐ逮捕されるが不当逮捕により無罪放免となってしまう。

愕然とするティム(殺された娘の父親)に秘密機関が接触してくる。
罪を逃れた凶悪犯に独自に制裁を加えるというその「委員会」にティムは協力する事に。

厳格な法のせいで罪を逃れる犯罪者たちを処刑することは正義なのか。
ティムは娘を亡くした絶望感のなか正義を求め苦しみ悩み何が正しいのかを必死で探ろうとする。 

 

処刑者たち〈上〉 (ヴィレッジブックス)

処刑者たち〈上〉 (ヴィレッジブックス)

  • 作者: グレッグ ハーウィッツ
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 文庫

処刑者たち〈下〉 (ヴィレッジブックス)

処刑者たち〈下〉 (ヴィレッジブックス)

  • 作者: グレッグ ハーウィッツ
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 文庫

 

すごい!面白かった!
いやまぁ最初に幼い娘が残虐に殺されてしまうので、面白いというと語弊があるなぁ。
私が常々思っている、犯罪者への罰に対して色々考えさせられたからね。
もし自分の愛する者が殺されて、その加害者が思ったよりも軽い罪になったとしたら…。
司法の限界があるからね。
例えば加害者が未成年だった場合とか。
精神薄弱者とか。
罪でも裁かれない犯罪者たち。
その時自分がどう行動するか…。
やりきれない怒り悲しみ痛み苦しみ憎しみ恨み…その感情をどう処理していくのか。


実はオチというのは上巻の最初の方でわかってしまったんだけども…。

それでも!息をもつかせぬ展開。


可愛い盛りの娘を亡くす喪失感に私まで重苦しい気分を味わったけれど、それをも上回る爽快感のあるラスト。
いや、哀しみは深く濃くあるんだけども。


ティムの凄腕っぷりはまさしくヒーローやね。

サスペンス、アクション、緊迫感、諜報知識、どれも素晴らしかったわ~。


犯罪を犯した者を裁くのは「法」以外にはないのだ。
抜け道を探し無罪になる犯罪者もいるが、それを教訓としてより厳しく厳格に犯罪者を裁く必要があるのだと思った。

復讐は復讐を呼び、殺しは殺しを呼ぶ。
相手(加害者)と同じ位置に自分を貶めてはいけないのだね。
じゃないと相手を糾弾できなくなってしまう。
罪を罪と認めることができなくなってしまう。


しかし自分の娘が殺されたらやっぱり犯人を殺したくなるだろうなぁ。
そこで温情なんて絶対にムリ。
相手が未成年とか精神障碍者でもし罪を逃れてしまったら?
相手を許せる?
自分の娘の将来は無くなってしまったのに、相手はこれからもずっと生きていって、笑うこともあるだろうし美味しいものを食べることだってあるだろう。
名前を変え住所を変え、犯罪をなかったことにして生きていくのだ。
それを許せるのか。
自分の精神状態はどうなるのか想像すらできない。

でもティムの思考苦悩はリアルに感じられた。
苦しみ憎み、その時相手が生きていくことを許せるのかどうか…。

これはおすすめ。
犯罪被害者に対して、理想的すぎるかもしれないけど、ティムと一緒に苦しみ泣き憎みそして悩むことができる小説。

 

ルナ129.jpg

 

わたちが死んだら…獣医をやっつけてにゃ!!!
↑いや、獣医さんは助けてくれてるんだけども。。

【本映画過去記事】
映画「カイジ 人生逆転ゲーム」漫画原作。藤原竜也主演の借金を抱えた男の人生逆転ゲームとは 
本「お母さんの「敏感期」―モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる」子供の行動を良く見て理由を考える…なかなかできないよねぇ。
映画「なくもんか」下町商店街でハムカツを売る裕太には生き別れの弟がいた…阿部サダヲ+クドカン脚本!



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。幼い子供が殺されるのは耐え難いな…と思うわたしにポチってくださると嬉しいです。

こういう物が必要な時代かも↓




スポンサードリンク



nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 9

コメント 2

mitsuya

これ考えさせられますよね(¯―¯٥) 最近だと酒鬼薔薇が顔出ししないまま本出したりブログで自身の裸の画像出したり……彼の場合は少年法で罪を償ってないんですもんね(¯―¯٥)
by mitsuya (2015-10-23 09:57) 

youyou_s

>mitsuyaさん そうなんですよね。彼の場合、被害者遺族の気持ちを考えていないとしか思えないし。てことは、自分が犯した罪を反省してないんじゃないかと疑ってしまいますよね。それならなんで世間で普通に生活してるのかと。
野放しにしてはいけない人間ってことはないんですかね。
復讐はいけないとわかっていても、もし娘を殺されて、その犯人がのうのうと司法に守られて生活していると知ったら。
やっぱり復讐したくなりますわ、私は。
by youyou_s (2015-10-23 16:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。