So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「GODZILLA ゴジラ」ハリウッドリメイク版。渡辺謙出演。ゴジラがサンフランシスコに出現! [映画]

スポンサードリンク




「GODZILLA ゴジラ」2014年アメリカ映画

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 ギャレス・エドワーズ

出演者 アーロン・テイラー=ジョンソン 渡辺謙  エリザベス・オルセン

15年前、日本原子炉を襲った突発的な地震。
その地震で母を亡くしたフォード
フォードの父は母を失ってしまったことを今でも後悔しており、あれは地震じゃなかったと確信していた。
フォードが住んでいた家は隔離地域となり今では立ち入ることができなくなっていた。
しかし父とフォードは昔のデータを探しに隔離地域に入る。
するとそこには巨大な何かを守るための施設が…。


日本の原発で働いていたアメリカ人夫婦とその息子。
しかしある日突発的な地震により原子炉がメルトダウン
妻が命を失う。
ずっと夫はそのことを後悔しており、あれは地震じゃなかった…と疑いを持っていた。

居住していた家は隔離地域となり立入禁止。
15年の歳月が過ぎたが、夫は日本で過去に捕らわれていた。
アメリカ軍で爆弾処理班に所属する息子は、そんな父を日本に迎えに来る。
しかし一緒に隔離地域に入り、昔の家から過去データを取ってくることに。
隔離地域に入った二人はそこが汚染されていないことに気が付く。
そして政府が隠そうとしていた施設に連行される。

そこでは、放射線をエサに成長する巨大な蛹が研究観察されていた。
ところがその蛹が孵化し、巨大なカマキリのような生物@ムートが現れる。
その生物ムートは翼を有し、空へと逃げ去る。
アメリカに同じく囲われているメスを求めて。

このままではオスとメスが出会い繁殖してしまう。
あわてるアメリカ軍だったが、新たな巨大な影が海中から現れる。

日本映画ゴジラのオマージュとして作られた本作で、ゴジラは本来の意味を持つ。
ゴジラ=自然=神ということね。
地球上にいてはならない生物ムートが現れたことで、ゴジラは深い眠りから目覚め駆逐すべく地上へ現れる。
調和を保つ存在としてゴジラが生存しているという解釈なんだね。

ゴジラ.jpg
映画.comサイトより画像引用

 

ゴジラは自然であり神であるから人間では太刀打ちできない。
その脅威が地上を襲えば人間にはなすすべがない。
いわゆる神が人間に下した罰だと言われている、ポンペイの火山噴火やノアの方舟と同列なのかな。

でもゴジラは決して人間を駆逐しに現れたわけではない。
ムートと言う、今の時代存在してはいけないものを駆逐しに現れたのだ。
同じ放射性物質をエサにしている生物。
でも仲間ではないんだねぇ。

ここでのゴジラは人間の味方のように感じられる。
ムートを倒したあとはそのまま海へと帰っていくゴジラ。
けれどその存在は圧倒的であり、常に地球にとって脅威的な存在かどうかを見守っているのだともいえる。

今は人間は脅威ではないのかもしれない。
でもこのまま地球を搾取し続ければいつかゴジラが本気で人類を消しに出てくるのかもしれない。

と、考えさせてくれるくらい、ゴジラの存在感がしっかりある映画でしたね。
敵のムートも雌雄でなかなかかっこいい造形。
まぁアメリカ西海岸は壊滅状態やけどもね。
ゴジラはがんがん街を破壊しないとゴジラじゃないからね。

ゴジラ3.jpg
映画.comサイトより画像引用

 

あと確か結構前に一度ゴジラが今風にリメイクされた映画があって、観てないんだけども、確かゴジラの造形がもう恐竜みたいなトカゲみたいな感じになってて。
あれはゴジラじゃないなと、観る気が失せてた。
ところが今回は結構忠実な感じ。
なんていうか、昔のゴジラのキグルミ感が感じられるのに、少しリアルという。
動きとかあくまでゴジラ。
人間が着て動いてる感。
あれが良かったなぁ。

渡辺謙はね、結構重要な役ではあるんだけど、活躍はまったくしない。
ずっと眉間にしわを寄せてるだけの役。
一応ゴジラを倒さないで欲しいとは軍にお願いするんだけども。
軍は3匹一度に核で倒すと言い張ってたけども。

 

ゴジラ2.jpg
映画.comサイトより画像引用

 

ストーリー的には単純やし、なんでゴジラがムートを倒しに来たのかとか、軍の作戦が杜撰すぎるとか、突っ込みどころは多い。
でもゴジラ映画なんだから、ゴジラが主役で、軍では太刀打ちできなくて、そいでゴジラが暴れてまた海に帰るというのが大事。
そこらへんは忠実に守られていたので満足。

ゴジラはジュラシックパークのように、人工的に作られた生物ではない。
太古の昔から存在するもの。
時折現れては驚異的な破壊をもたらす。
これは自然そのまんまやね。
人間ではどうすることもできない天災。
そういう感じが出てて、ゴジラというものの本質を理解した映画だと思う。

ま、色々えらそうに語ったけれど、昔のゴジラってあんまり知らない…。
モスラとかキングギドラとかと戦ったんだよね?
昔から人類の味方なのかなぁ。
そこらへんはよく知らないまま語りつくしました。

きっと昔のゴジラ好きの人にも喜ばれる映画なんじゃないかと思うんだけどな。
違うかな。
違ったらごめん(誰に?)

ルナ134.jpg

 

ゴジラは神?にゃんこが神かと思ってたにゃ

【本映画過去記事】
映画「おっぱいバレー」綾瀬はるか演じる女教師が試合に勝ったらおっぱいを見せると約束… 
本「生きがいのマネジメント―癒しあい、活かしあう生き方へ」飯田史彦氏著。生きがいとは何かに答えた人生指南書。
映画「インサイド・マン」NYの銀行に強盗が押し入る。人質を取った犯人に交渉するが…

 



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。日本のゴジラを理解して作ってくれた映画って気がするな、なわたしにポチってくださるとゴジラも怒りません。



こんなんもあるね↓




スポンサードリンク



nice!(12)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 12

コメント 3

mitsuya

ゴジラはずーっと地球の切り札だったんですよ、人間の味方。ところが平成になってからおかしくなっちゃった(¯―¯٥) 諸悪の根源、宇宙怪獣のメカゴジラやキングギドラが人間や未来人の作った正義のマシン、ゴジラが絶対的な悪!ファンはどんどん離れとうとう東宝はゴジラ制作を打ち切り、昭和の昔から名物だった撮影用の巨大プールも撤去。ところがハリウッドが本腰入れて作ったゴジラが全世界で600億円の大ヒット!次回作以降モスラやキングギドラの版権も購入され自作はキングコングvsゴジラだとか……慌てて東宝もゴジラ復活プロジェクトだと( ̄ー ̄)ニヤリ… でも悪役やジャニーズの出るゴジラは見たくありません(^_^)
by mitsuya (2015-10-26 11:22) 

ニッキー

かみさんはこのゴジラもこの1本前のゴジラも(当然w)見てました^^
で、「1本前のゴジラはデッカイとかげで私としてはゴジラと認めたくない(-_-)でもこのゴジラは昔からのゴジラだったから許す(^O^)」となぜか上から目線でしたw
そうそう「主人公が苦労して家族の元に戻ろうと何カ所かウロウロするんだけど必ずその場所に敵怪獣とゴジラが現れて危機に陥るのはさすが映画w」と言ってました^^;
応援ありがとうございました<(_ _)>
暑さに撃沈しました(T_T)
次回に向けて練習頑張ります!(^^)!

圭太、冬に向けてますますモフ度がUPですw
「圭太のお腹に顔を埋めると息が出来ない」とかみさんが申してますw
by ニッキー (2015-10-26 16:04) 

youyou_s

>mitsyaさん そうだったんですか!そりゃゴジラを悪者にしたらだめですよねぇ。私はゴジラをあまり知らなくて、町を破壊し口から火を吹く…イメージしかなかったんです。でも今作観て、ゴジラは地球の味方だなぁと感じました。
キングギドラとかが悪者でゴジラが良い側だと思ってました。もう東宝じゃだめかも…ハリウッドでないとこの迫力は出ないかもなぁと思います。

>ニッキーさん 奥様の感想、やっぱり私と似てる(笑)。そうそう主人公がハワイに行ったらハワイ、サンフランシスコに行くとそこに現れてましたねwwww
あれで撃沈ですか?完走するだけでものすごいですよ!尊敬です…。
なんか圭太くんのモフり具合が増してるな~と写真見て思ったんですよ(笑)もうめっちゃモフりたい!!!
身体中フガフガしたい!(変態)
by youyou_s (2015-10-26 16:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。