So-net無料ブログ作成

本「二重螺旋の悪魔 (上)」DNAに潜むものを具現化してしまった人類。果たして人類の運命は… [本]

スポンサードリンク




二重螺旋の悪魔 (上)著者 梅原 克文

★★★★☆ (個人評価 ★多めならおすすめ)

人間のDNA塩基配列イントロンに隠されていた悪魔。

科学者の手によりそれらC(のちにGOOと呼ばれる)が甦ってしまう。

それを周囲に知られずにそっと始末するのが「遺伝子操作監視委員会」
そこに所属する深尾直樹はかつての恋人がGOOに殺され、その恋人のクローンをGOOが作成するところを目の当たりにする。
結局元恋人のクローンは死んでしまうが、そのクローンを再度作る事を目的に直樹はGOOを追うことを決意する。
そしてGOOとの戦いの中
で再起不能全身麻痺となってしまう。
絶望する直樹に再び歩く事ができる方法があるとある医師が告げる。 

二重螺旋の悪魔〈上〉 (角川ホラー文庫)

二重螺旋の悪魔〈上〉 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 梅原 克文
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1998/12
  • メディア: 文庫



いや~すごい展開。長篇だけど一気に読ませる。


あまりにも専門的すぎる説明が理解できないけど、なんとなく雰囲気で読ませてしまう。


人間の進化、またこうして様々な動物が生きている事に誰かの意思が感じられる…。

確かにただの偶然でここまで精密な生物(人間)ができるものだろうか。
ただのアメーバがここまで進化できるものだろうか。
そういう謎の追及も含まれる。


一度は全身麻痺となった直樹はある方法で生まれ変わる。
ある意味スーパーマンになった直樹の活躍、そして彼は元恋人のクローンを作る事ができるのだろうか。

死んでしまった恋人のクローンをつくることができたら…。
彼女を深く愛していた直樹はそのことだけを願いGOOと戦う。

なんかありそうでなさそうなストーリー。
引き込まれます。

ルナ71.jpg

 

わたちが死んでもクローンは作らにゃいでね
↑そうだね、それはまた別猫だもんね

【本映画過去記事】
本「リ・ジェネシス-感染- 」カナダのテレビドラマノベライズ。医療サスペンスで目が離せない!
映画「エグゼクティブ・デシジョン」ハイジャックパニックアクション映画。セガール冒頭にて死亡の衝撃?!
本「女神のTシャツ」心を読むイケメンってどうですか?わたしは…ムリかも… 



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。なんかものすごい設定でなかなか入り込めないけど読みだしたら止まらない小説ですわ、と思うわたしにポチってくださいませんか?

こんなん着たら本当にダメになる気がする↓




スポンサードリンク



nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 2

mitsuya

こういのって話し出したら止まらないですよね(*^^*) 昆虫の擬態を見てると進化論ってほんとに正しいのかなって思っちゃいます(*^^*) やっぱり神様が作ったのかも……
( ̄ー ̄)ニヤリ…
by mitsuya (2015-11-04 06:38) 

youyou_s

>mitsuyaさん なんらかの意志が働いたのかも…と思ってしまいますよねぇ。人間が出来上がるのにどれだけ天文学的な偶然が起こらなければならなかったか。
これからもっと遺伝子研究が進んだら、病気を治すにとどまらないんじゃないかと思います。
それこそ不老不死とか…。
by youyou_s (2015-11-04 07:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。