So-net無料ブログ作成

映画「自虐の詩」幸薄い女性を中谷美紀、無職でチンピラの夫を阿部寛が演じる底辺の生活っぷりを描いた映画 [映画]

スポンサードリンク




「自虐の詩」2007年日本映画

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 堤幸彦

出演者 中谷美紀 阿部寛 西田敏行 遠藤憲一 

森田幸江は幼い頃母親に捨てられ、父親は銀行強盗で刑務所という幸薄い人生を送ってきた。
身体を売る仕事をしていた時に知り合ったやくざのイサオと一緒に暮らし始める。
しかし極道は辞めたものの無職でギャンブルばかり、特技はちゃぶ台返しだけのイサオ。
そんなイサオを支えるため幸江はラーメン屋でパートをするが店主に言い寄られている。
ある日幸江は、刑務所から出てきた父親と久しぶりに再会し…。




原作はなんと4コマ漫画らしい。
業田良家さん作の。

チンピラまがいのイサオと一緒に暮らす幸江。
もういかにもなぼろアパートで、貧しい生活。
イサオは無職でギャンブルばかりだから当たり前。
生活は、幸江がラーメン屋でバイトして稼いでいる。

もう最初っからいかにも不幸そうな感じの中谷美紀。
この人はこういう役似あうねぇ。
「嫌われ松子の一生」を思い出して、あの映画とめっちゃ似てるやんと思った。

自虐の詩3.jpg

 

最初コメディなのかな~と思って観てたけど、案外シリアスだったり、泣かせる演出があったりする。
とにかく阿部寛が無口。
映画の前半は一切セリフないんちゃうやろか。
ああ、これは一生貧乏から逃れられないやろな…みたいな生活。

中学時代からもう悲惨な幸江。
お弁当は白ごはんに梅干し一つ。
家では内職でお花を作っている。
父親は若いホステスを後妻に迎え言いなりになっている。
お金に困り銀行強盗をやらかすがすぐ逮捕。
刑務所に入ることに。
独りになった幸江は東京に出ることに。

中学時代、たった一人の親友が同じ貧乏な暮らしをしている熊本。
この子がいたから幸江は耐えられたのだと思う。

そして、現在。
ひも生活を送るイサオを支えて、毎日ちゃぶ台をひっくり返されても笑顔の幸江。
決して今の自分を幸せだとは思っていないけれど、幸せがなんなのかわからなくなってもいる。

どうやら今のどうしようもないイサオは、昔幸江を救ってくれた恩人のよう。
身体を売り、クスリをやり、むちゃくちゃな生活をしていた幸江を愛していると言い、やくざを辞めて一緒に大阪に引っ越してくれた。
最初はあんなにやさしかったイサオがいつからあのチンピラまがいになったのか。
そこらへんは描かれてないね。
せっかく幸江のためにやくざを辞めたのに、結局真面目な生活はムリだったのかな。

自虐の詩.jpg

 

嫌われ松子の一生という映画ではもっと悲惨やったし、今回はまだマシな方かもね。
少なくとも幸江に対し、暴力は振るわないから。
こんな生活なら一人で生きていったほうがいいやんと思うけど、孤独の方が嫌なんかもねぇ。
そこらへんはわからんわ。理解できないからね。

パートをしているラーメン屋の店主。
遠藤憲一なんだけど、この人が幸江にご執心。
結婚を申し込むんだけど、幸江は迷いもなく断る。
たぶん、この人と結婚した方が平凡に幸せに暮らせると思うわ。
でもイサオがいる限りは幸江は他の男性を見ないという感じ。
やはり一番最初、ひどい生活をしているときに、初めて愛していると言ってくれた男やから捨てられないのかも。

イサオと住んでるぼろアパートの大家さんがカルーセル麻紀。
この人は幸江を娘のように優しく面倒見ている。
結局幸江は貧乏かもしれんけど、常に誰か幸江を心配する人がそばについている。
ラストにはそのことに気が付くんだけどもね。

自虐の詩2.jpg

 

結局、人生には幸も不幸もないのかもしれない…と幸江は語る。
どれが幸せでどうなったら不幸…というのは人によるからね。
同じ境遇でも幸せだと思う人もいれば不幸だと思う人もいるから。

まぁでも幸江はずっとこのままなんだろうなぁ。
絶対お金持ちににはなれないんだろうという感じ。
それでも、なんだろな、ちょっとほんわかした気持ちにはなれる。
やはり人間は孤独が一番だめなのかもね。
誰か愛する人がいればそれだけで十分なのかもしれない。

少なくとも「嫌われ松子の一生」みたいに嫌な気分にはならなかったな。
なんとなくいい感じのラスト。
ああ、こういう生き方もあるのかもしれない…みたいな。

絶対おすすめなわけではないけれど、自分を不幸だと感じたら観てみるのもいいかもしれない映画です。
自分にとって大事な人は誰なのか…を再度考える映画でもあるかな。

ルナ110.jpg

 

ママにとって大事にゃのはわたちに違いない!
↑確かに大事な一人やね

【本映画過去記事】
本「あなたに包まれて」上院議員を好きになったリン。しかし彼女には隠したい過去が…
映画「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」様々な時代を行き来する時空ジャーナリストの青年が安土城焼失の謎に挑む
本「リ・ジェネシス-感染- 」カナダのテレビドラマノベライズ。医療サスペンスで目が離せない!

 



にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。でもでもやっぱりちゃぶ台ひっくり返す男は嫌いや!!なわたしにポチってくださると幸せです(わたしが)

原作はこちら↓




スポンサードリンク



nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 11

コメント 4

ojioji

自虐の詩、映画になっていたのですね。
週刊誌に連載されてたときに何回か見て印象に残っています。ずいぶん昔だったような。
by ojioji (2015-11-06 21:52) 

youyou_s

>ojiojiさま 週刊誌に連載だったんですか。四コマ漫画らしいですね、原作。
これはなかなか暗い内容だったんじゃないかと想像できます。
映画では阿部寛ですし、そこまで暗い感じではないんですが、内容は深刻で、結構深い気がしました。
by youyou_s (2015-11-07 00:02) 

mitsuya

え〜、これ知らないです(*^^*) 阿部寛さんがチンピラ役ってのも珍しいですね(・・;)ちょっとツタヤ行ってきます(*^^*)
by mitsuya (2015-11-07 01:23) 

youyou_s

>mitsuyaさん パンチパーマがめっちゃ似合ってましたよ、阿部寛(笑)。しかも、ロン毛もありました。これは全然似合ってなかったけどw
ちゃぶ台返しは似合ってました!
by youyou_s (2015-11-07 11:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。