So-net無料ブログ作成
検索選択

本「セル 下」S・キングのホラー。狂人たちの群れの中、主人公は家族を探す…果たして… [本]

スポンサードリンク




「セル 下」著者 スティーヴン・キング

★★★★☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

クレイはわが子の無事を祈りながら自宅のあるメイン州を目指す。

途中、携帯狂人たちの群れの一つをガス爆発により壊滅させる。

そんな折、携帯狂人の群れにリーダーらしき人物が。

ソレはクレイたちの頭の中に声を送りつけてくる。

クレイたちの運命は‥。そして世界はどこに向かうのか。 

セル 下巻 (新潮文庫 キ 3-57)

セル 下巻 (新潮文庫 キ 3-57)

  • 作者: スティーヴン キング
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/11/28
  • メディア: 文庫

まさしくこれぞキング!といった展開。

キングがよく書く悪の親玉も登場。

今回はちょっとよわっちい親玉やったけども。


キングのリアルで精緻な筆致は読んでる人間をもこの地獄の旅へと道づれにしてしまう。

悪夢の世界へようこそ‥とキングによって導かれた読者はラストまでこの本から眼を離す事はできない。


しかし‥。

あの‥。

えーと‥。


ラストがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

ちょちょちょちょちょちょ!!!!

読者にゆだねるにしてもありゃないでしょ!

ううううう‥。


まぁ、○○を見つけた時点で確かにあり得ないほどのラッキーだったわけで、その上プログラム消去が成功したとなるとあまりに好都合すぎるってのはわかるけど。


んでも!!!!

続きを読みたかった!せめてあと2ページほど!!

あ~でもやっぱりキングは面白い!!!大好き!!

ルナ98.jpg

 

え?わたちが好きなんじゃないの?
↑いや、まぁ、そうなんだけども…

【本映画過去記事】
本「二重螺旋の悪魔 (上)」DNAに潜むものを具現化してしまった人類。果たして人類の運命は…
映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」中国の古代皇帝が蘇りこの世を支配しようとする!
映画「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」仲間由紀恵、阿部寛出演。一番の霊能力者は誰だ?勝てば神? 

 


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。キングの創り出す世界が大好きなわたしにポチっていただけるとめっちゃ喜びます(わたしとルナが)

こんなのも欲しい↓





スポンサードリンク



nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 9

コメント 2

mitsuya

ワタクシもSキングは大ファンです。ビビリてホラー映画はダメなんですけど彼だけは平気。itを見た時はある意味感動しました。原作も軒並み読んだと思いきやコレ知らなかったです(・・;) セルですね、覚えました(^_^)
by mitsuya (2015-12-03 11:41) 

youyou_s

>mitsuyaさま おお!キングファンですか!嬉しいです^^
キングが好きだということは、ディーン・R・クーンツもきっと好きになるはず!彼の作品も超おすすめです!
キング原作の映画はたくさんは観てないんですよね。良作も結構ありますよねぇ。キング作品は長編であればあるほどわくわくします。
by youyou_s (2015-12-03 17:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。