So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「塔の上のラプンツェル」ディズニーが送るアドベンチャー・アニメーション。髪長姫をモチーフによりロマンティックに描く。 [映画]

スポンサードリンク




「塔の上のラプンツェル」2010年 アメリカ映画

★★★★☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 ネイサン・グレノ  バイロン・ハワード

声優 ラプンツェル( マンディ・ムーア/中川翔子) フリン( ザッカリー・リーヴァイ/ 畠中洋)

ラプンツェルは幼い頃に誘拐され塔の上に幽閉されている。

しかし本人は誘拐してきた女を母だと思い込んで育てられてきた。

実はラプンツェルの長い金色の髪には秘密があったのだ。

塔から出てみたいという望みを持ったラプンツェルのもとにある日一人の盗賊が現れる。 

 


これは公開当時2011年に映画館にて鑑賞。
娘と行ったので日本語吹き替え版にて。

やはり3Dというだけあってめちゃ綺麗。

 

ラプンツェル.jpg
映画.comサイトより画像引用

 

特にクライマックスというべきランプが空を飛ぶシーンは最高に綺麗。うっとり。

 

ラプンツェル2.jpg
映画.comサイトより画像引用

 

あと、ラプンツェルの長い金髪がもう本当に綺麗。



ラプンツェル自体もすごく可愛いし、馬のマキシマムといいディズニーのキャラクターって本当に魅力的に作られてるなぁ。

 

ラプンツェル3.jpg
映画.comサイトより画像引用

 



親子の再会シーンでは泣きそうになったし。

こらえたし。

家族で見るのにほんとぴったりだと思いますわ。

綺麗なシーン満載やしね。3Dというのも満喫できた。

当時小学二年の娘も楽しんでおりました。

長い間(18年間)高い塔の上に幽閉されていたラプンツェル。
本当は彼女は誘拐されてきたのだけれど、それを知らず塔での生活を楽しんでいる。
外には彼女の魔法の髪を狙う悪者がいっぱいいると教えられてきたからだ。
けれど好奇心旺盛な彼女は外の世界に憧れてもいる。
そんな時に、塔に盗人であるフリン・ライダーが忍んでくる。
ここでようやく初めて外の世界と触れ合うわけね。

外の世界を知らずに生きてきた彼女の成長物語。
これは家族全員が観て楽しめるわ。


しかしディズニー映画にはあまりはずれがないねぇ。
どれを観てもキャラクターが活き活きしていて、前向きで明るく、観て元気になれる。

娘だっていつまでも親の庇護のもとで暮らせるわけではない。
いずれは独り立ちする必要が出てくるんよねぇ。
親も子離れが必要だし。
そう考えると寂しいわ…。

ルナ106.jpg

 

わたちがそばにいてお世話もさせてあげるにゃ

【本映画過去記事】
映画「アナと雪の女王」大ヒット~Let'it goありのままで~アンデルセン雪の女王をオリジナルストーリーに
映画「シュレック3」王様が逝去、シュレックが王位に?!断固拒否のシュレックは次期王位継承者を探す旅に
映画「トイストーリー3」大人になるとおもちゃでは遊ばない…ウッディたちの哀しい運命?!あらすじと感想

 


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村←ディズニーアニメに限らず今のアニメ映画って全部面白いよねぇ。映像も綺麗だし。はずれがないわと思うわたしにポチってくださいませんか?

ディズニーなら子どもに安心↓
全部持ってます!





スポンサードリンク



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。