So-net無料ブログ作成
検索選択

本「盗まれた街」町の人々が突然見知らぬ人に変わる?!身体を乗っ取られる系SFです。 [本]

スポンサードリンク




「盗まれた街」著者 ジャック・フィニイ

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

小さな町で、奇妙なことが起こり始める。
夫はこれは妻ではない…と思い、子どもが親を、知人が知人を偽物だと感じ始める。
開業医であるマイルズはある日友人の家で奇妙なものを見る…。
それは徐々に人間の形になっていく謎の生命体であった。

盗まれた街 (ハヤカワ文庫SF フ 2-2)

盗まれた街 (ハヤカワ文庫SF フ 2-2)


まずこれが50年以上前に書かれた小説である事に驚愕。

今読んでもそんなに古さを感じない。

もちろん所々あっさり書きすぎてる感があるけど、それでもやっぱりすごいと思う。


家族、知人がどんどん見知らぬ他人となってしまう。

侵略ものとしては今となってはありがちかもしれんけど、これは先駆けだったわけで。


ラストの持って行きかたも斬新だと思う。

ちと、え?それで解決?と思わんでもないけど、これが昔の小説だと思えば全然OK。


何度か映画化されてるらしく「ボディスナッチャー」というタイトルは聞き覚えがあるな。
見てないけど。

数年前にも映画化され「インベーション」ニコールキッドマン出演らしい。
DVD借りようかな。
原作とは違ってるらしいから違った楽しみ方ができそう。


体を乗っ取られて…という映画では「遊星からの物体X」を思い浮かべる。
あれも確かこの中の誰が異星人なのか?みたいなのだった気がする。たぶん。

たぶんで書くなっての。

親や子供がいつの間にか他人とすり替わっている…というのは怖いわ。
あれ?なんか変だ…と思うのは、きっとその人をよく知っている家族だからこそだな。
仲良しの友達でもわかるかもしれんけど。
今まで知ってた人がまるで見知らぬ人になるなんて、きっとめちゃくちゃ怖いことだと思う。
宇宙人も侵略してくるならくるで、正々堂々として欲しいわ。
インデペンデンスディみたいに。
こっそりいつの間にか入れ替わるとか陰湿なのは勘弁してほしいわ。

この小説のラストはまぁ映画化はされないだろうな…って感じのオチだけど、それぞれ映画化されたものは趣向を凝らしてるんだろう。
また映画の方も観たいと思います。
たぶん。

 

ルナ133.jpg

 

にゃんこはきっと飼い主が入れ替わったら
すぐわかると思うにゃ

【本映画過去記事】
映画「ベスト・フレンズ・ウェディング」今では親友の元カレが結婚するって!実は彼を愛していたと気づいた彼女は彼を取り戻せるのか?! 
本「ザ・プレイ」元FBI捜査官の小説家が書いたとおりに犯罪が起こる。しかも犯人から送られてきたものとは…
映画「アザーズ」ニコール・キッドマン主演、サスペンスホラー。衝撃のラストは必見!!

 


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。身体を乗っ取る系はちょっとホラーなSF映画だよね、観るのも躊躇するな…怖いから、というわたしにポチって下さると嬉しいです。

これやね↓





スポンサードリンク



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。