So-net無料ブログ作成

映画「レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い」1994年のブラッド・ピットが美しすぎる映画です(それだけかよ) [映画]

スポンサードリンク




「レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い」1994年アメリカ映画132分

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 エドワード・ズウィック

出演者 ブラッド・ピット アンソニー・ホプキンス エイダン・クイン  ジュリア・オーモンド

1900年代初頭。
インディアンを狩る仕事に嫌気がさし騎兵隊を辞めた元大佐の父親。
騎兵隊を辞めたあとモンタナへ移り住み牧場を経営する。
しかし厳しい自然に耐えられなかった母親は一人家を出る。
残されたのは父親と三人の息子たち。
三人の中で次男は野性的で、寝ているクマに触れ危うく殺されそうになるなど、まるで死に魅入られているかのような行動をすることが多かった。
成長した三人、そして誰からも可愛がられ愛され守られてきた三男が婚約者を連れてくる。
男ばかりの生活に美女がやってきてから三人の運命が回りだす…。


インディアンが先住民として迫害されていた時代のお話。

まずは、広大な自然の中で暮らす生活が素晴らしいわ。
美しい景色にうっとり。
その中を金髪をなびかせて馬で疾走するブラッド・ピット。
これが絵にならずして何を絵だと??

いや~なんというかもうね、ブラッド・ピットありきで作られた映画やね。
ストーリーもすべてね。
ちょっと変わった少年だった次男をみんなが愛している。
牧場で働くインディアンの男も彼を特別可愛がっている。
お父さんも同じ。
三男は確かにみんなに可愛がられていたけど、ペット扱いのような…。

大人になった三男はきっと牧場を離れて都会へ行ってたんやろね。
過酷な自然と牧場暮らしが合わなくて出ていった母親の元に行ってたんかな。
ある日、婚約者を連れて牧場に戻ってくる。
この婚約者が結構活動的で芯が強そうな感じ。
三男のような優男には合わないと一目でわかるわ。
そして当然のように、野性的でワイルド(同じ意味や!)な金髪青い目の次男、トリスタン(ブラピ)に惹かれるわけよ。

 

レジェンドオブフォール2.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用
この三人の中やったら、そりゃブラピを選ぶやろな↑

 

婚約者として牧場で過ごすうちに、なぜか三男が戦争に行くと言い出す。
イギリスを守ってドイツと戦うといい、その三男を守るために長男も次男も一緒に戦争へ。
これはもうフラグ立てまくりやね。
一生懸命三男を守るトリスタン。
しかし長男は怪我をし、少し目を離した隙に殺されてしまう三男。
自分のせいで三男を死なせてしまったとトリスタンは精神を病んでしまう。
元々インディアンの影響を受け、死生観も普通とは違ってたんちゃうかな。
ドイツ兵を殺しては頭の皮を剥ぎ取り、そのまま牧場へは帰らずに放浪の旅へ出てしまうトリスタン。 

婚約者(三男)が死んでしまった女性スザンヌはそのまま牧場に滞在し、長男から好きだと言われるが答えられない。
そしてトリスタンが戻ってきて、すぐさま、トリスタンの女になるスザンヌ。
元々トリスタンと逢った時から好きっぽかったもんなぁ。
三兄弟から愛された女性スザンヌやけど、彼女が選んだのはワイルドやけど傷つきやすそうなトリスタン。
これは気持ちがわかるわ~。

 

レジェンドオブフォール.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用

 

ただ、トリスタンは心の内に野生の血(熊らしい)を持っていて、その血が騒ぐと牧場で平穏な暮らしを営めない。
またもや牧場から出ていこうとするトリスタン。
いつまでも待っているというスザンヌ。
でもさ、なんでスザンヌといい仲になって結婚しようかというときに、出ていくねんとちょっと疑問。
確かにひとところにじっとしていられないタイプっぽいけどさ。
ああ、これはなかなか帰ってこないやろな…ってわかるもんなぁ。

そして数年が経って、トリスタンがようやく牧場に戻ったときには、スザンヌは長男の嫁になっていた。
当たり前やわね。
そんないつ帰ってくるかもわからん男を待てないわ。
しかもトリスタンはスザンヌに対し、「俺は死んだ。他の男と結婚しろ」という手紙を出してるわけで。
これ読んだら、捨てられた…と思っても仕方ないもん。

帰ってきたトリスタンは、牧場で暮らしているインディアン2世の少女と結婚し、子どもをもうける。
ここでスザンヌはめちゃくちゃ傷つく。
そら、好きな男を待てなかった自分に後悔するよなぁ。
好きな男は別の女と結婚して子供もうけて幸せそう…その姿を見たらもう嫉妬とか後悔とかむちゃくちゃになるわ。

んで、まぁまた事件は起こるわけですが。
なんていうか、ブラッド・ピットを愛してしまう人はみんな傷つくのだろうな。
彼は自由で奔放で、捕まえたと思ってもまた飛び立ってしまう。
愛すると不幸になるわけではないけど、魅入られてしまう…。

なんか、なんだろ、まぁ家族は仲良しで、兄弟も諍いを起こすけど、本当は心の底で愛してるという感じやし、そこらへんはいいんだけど、女性ばっかりなんか損してるふうな映画。
トリスタンは悪い人ではなくて、子どものまま大人になったような素直でピュアですぐ行動してしまう男。
そういう男を愛してしまうと、女性は苦労するのかもしれんな。

脇役のインディアンも元大佐の父親もすごくいいし、風景が美しくて音楽と合ってて観てて気持ちはいいかな。
でもなんか腑に落ちないというか、こういう男には振り回されるよなぁ…と周囲に同情したりしてしまう。
女性側に共感し感情移入しそうにはなったけど、スザンヌのラストの行動には納得いかんわ。
んじゃ、ずっとトリスタンを待ってたら良かったのに。あほやな、としか。

広大で雄大な自然の中、長髪の超絶かっこいいブラッド・ピットが観れてうっとりして、あ~でもこういう男と結婚は嫌やな~としみじみ思ったり、アンソニー・ホプキンスはかっこいいおじいちゃんやな~と思ったり、ラスト近くの銃撃はすっきり!!!やったりと、全体通してはなかなか見ごたえがある映画でしたわ。
観てる間飽きたりはしなかったし、観終わって何かが残るわけではないけど、そこそこな感じの映画でした。

しかし最近、★三つの普通の可もなく不可もなくという映画が多いわ。
もっと、しょーもな!!の★一つとか、おすすめ!の★よっつとかが観たいな。。。
ま、あくまで主観なので違う人が観たらまた違った感想が当然出るわけですけども。

ま、ブラッド・ピットがかっこよかったし、ま、いっか。

ルナ128.jpg

 

イケメン出てたらなんでもいいにゃ?
↑まぁ基本そうかも。

【本映画過去記事】
映画「セレンディピティ」お互い名前も知らず、でも忘れられない…偶然出会った二人は果たして運命の相手なのか?! 
漫画「かくかくしかじか」東村アキコの自伝的漫画。美大へ入るための絵画教室で出会った先生とは… 
映画「Returner リターナー」未来からやってきた少女と共に人類滅亡を阻止する裏稼業の男…

 


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。ブラピは我儘な男の役は似合うね。自由な感じが合ってる気がするわ、とイケメン好きのわたしにポチって下さるとなかなかに嬉しいです。

この映画のブラピも超絶かっこよかった↓





スポンサードリンク



nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 2

ニッキー

かみさんも「面白いのが一番だけど、いまいちでもイケメンが出てたらそれだけである程度は許せる(^^♪」と言ってますw
by ニッキー (2016-01-06 11:00) 

youyou_s

>ニッキーさん やはり奥様とは気が合いそう(笑)
見どころがある映画と言えますからね、イケメン出てたら。
目の保養にもなるし。
ストーリーがいまいちならそこしか楽しみないですから。。
ぜひぜひ奥様によろしくお伝えください!!(笑)
by youyou_s (2016-01-06 20:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。