So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「イエスマン “YES”は人生のパスワード 」ジム・キャリー主演。なんにでもノーと答えていた男が一念発起! [映画]

スポンサードリンク




「イエスマン “YES”は人生のパスワード」2008年アメリカ映画104分

★★★★☆ (個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 ペイトン・リード

出演者 ジム・キャリー(カール) ゾーイ・デシャネル(アリソン)  ブラッドリー・クーパー

カールは真面目な銀行員。
妻に離婚され家に引きこもりDVDを観る日々。
なんにでもノーを連発し、親友の婚約パーティーすらすっぽかす始末。
昇進がなくなりますます落ち込むカールはふとしたきっかけであるセミナーに参加する。
それはなんにでも「イエス」と答えれば人生が変わる!というものだった。


まったく予備知識なしに鑑賞。
ジム・キャリーって普通にしてたらめちゃイケメンやねぇ。
「エターナル・サンシャイン」で初めて真面目なジム・キャリーを観て、「マスク」とかのコメディとかではわからなかったイケメンっぷりに惚れたもん。

ヒロインはゾーイ・デシャネル。
この人可愛いねぇ。
ちょっとメグ・ライアンに似てる。
口元とか目元が。
どっかの映画で観たなぁ…。

 

イエスマン2.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用

 

ジム・キャリー演じるカールは真面目な銀行員。
妻とは離婚して、暗い毎日を送っている。
誰から誘われてもノーと答え、家でDVDを観る。
親友の婚約パーティーまでもすっぽかし、このままでは孤独死だと言われてしまう。
そんな時、旧友に出会い、あるセミナーを紹介される。
これがまた怪しさ満載のセミナー。

しかしそこでカールの人生が大きく変わることになる。
そのセミナーではどんなことにも「イエス」と答えるのだと誓約させられてしまう。
その帰り道すべてイエスで答えたため、ホームレスを公園まで送り届け、有り金を全部渡し、携帯を使われ電池切れと、あまり良いことがあったとは言えないような出来事が。
しかも車がガス欠。
ホームレスに携帯を貸して電池切れにされたため、遠い道のりを歩いてガソリンを買いにいくことに。
全然良いことはない!と憤慨していると、ガソリンスタンドで若く可愛い女性アリソンと出会う。
その女性が遠い公園まで送ってくれて、しかもキスまでされてしまう。

途端に「イエス」の魅力に憑りつかれたカール。
今までノーと言ってきたことすべてにイエスと答えるようになる。
たまたまノーと言ってしまうと、不幸な出来事が起こるように…。
これは誓約を破ったからだとカールはますますイエスと言うようになってしまう。

韓国語を習い、飛行機の操縦を習い、銀行ではすべての融資にイエスと答えるカール。
そのおかげでアリスンは、人生を楽しんでいるカールを好きになっていく。
おまけに昇進まで決まり、カールは絶好調に。

まぁイエスと答えるだけでこれだけ人生が上手くいくとは限らないけども。
映画やし(それを言ったら終わりや)。

それでもカールがどんどん行動的になって明るくなり、人生が上手くいく様子は見ていてめっちゃ楽しかった。
イエスという言葉がいいのではなくて、色々なチャンスがあってそれを見逃していることが多いんだよなってこと。
でもすべてにアンテナを立てていれば、面白いこと、楽しいことを見逃すことがない。
そして最初は嫌々イエスと答えていたものが徐々に本心から楽しめるようになる。

 

イエスマン.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用

 

けれどノーと答えると悪いことが起こる…と信じてしまったカールは、多少気にそまない事でもイエスと答える。
イエスイエスと答え続けたことで、テロリストに間違われるわ、アリソンには嫌われるは、結局事態は悪い方向へと向かってしまう。
しかし「嫌なことはノーと言ってもいいのだ」とセミナーの教祖から言われ、ようやく我に返ることに。

ところどころ笑いどころもあって、ジム・キャリーの演技もおおげさではなくて、普通にイケメンで、良い人たちばかり出てきて、観てて楽しい映画。
人生を楽しむってことはすごく大事なことだよね。
ちゃんとコメディで、人生を楽しもう!というテーマがわかりやすく、でも教訓めいた感じでもなく、押し付けがましくもなく、なかなか良かった。
ちょっと下品な下ネタもあるので、あまり家族では観ない方がいいとは思います。
夫婦とか一人とかで楽しんでくださいな。
テッドほど下ネタ満載ではないけどね。
一か所きっつい下ネタが出てくるので注意。

友達を大事にしよう、人脈も大事にしよう、というのも人生を楽しく生きるこつなんだろうね。
この映画を観ると、もっと色々チャレンジしてみてもいいかも…とは思えるようになるかもね。

ルナ74.jpg

 

にゃんこはにゃん生を楽しむすべを知ってるにゃ…ニヤリ

【本映画過去記事】
映画「曲がれ!スプーン」超能力番組のADが本物の能力者を探して全国を廻るが偽物ばかり…
本「過ぎし日の絆 上・下」白人夫婦になぜか黒人の子どもが生まれた…家族の絆が試される… 
映画「思い出のマーニー」ジブリ作品。世界から離れたように感じ心を閉ざす少女が出会ったひと夏の友達…

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。こういう笑えて前向きになる映画はいいねぇ、好きやわ…と思うわたしにポチって下さるともっと前向きになれます(これ以上??)

同一人物とは思えない…↓





スポンサードリンク



nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 2

ojioji

この映画、録画したまま未だ見られてないです。ジム・キャリー、「マスク」しか知らないけれど、好きです。
ヒロインの人、画像から「キューティ・ブロンド」でエルに対抗してた子かと思ったけど違ったみたいです。
四ツ☆で楽しみ倍増(=^・^=)、鑑賞予定を早めます。
by ojioji (2016-01-20 20:13) 

youyou_s

>ojiojiさん 私もテレビ録画で観ました!期待しないで観るからかなぁ、面白かったです。ジム・キャリーの過剰な演技も抑えられてて、ヒロインは可愛くて、なかなかでしたよ^^
by youyou_s (2016-01-20 21:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。