So-net無料ブログ作成

映画「GANTZ」嵐の二宮和也主演。人気漫画原作、謎の星人たちと戦わされる一度死んだ者たち… [映画]

スポンサードリンク




「GANTZ」2010年日本映画130分

★★★★☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 佐藤信介

出演者 二宮和也 松山ケンイチ 夏菜 吉高由里子

玄野計は就活中の大学生。
面接に行く途中で小学生時代の友達加藤と出会う。
ところが加藤と一緒に地下鉄で線路に落ちた人を助ける途中で電車にはねられてしまう。

目が覚めたところはマンションの一室。

真っ黒い大きな球があり、ある指令が出される。

自分は死んだのか?!この黒い球の正体は?! 


奥浩哉原作の人気漫画の映画化。
二部構成でこちらは前編。

原作漫画は途中まで読んでます。
ラストだけ読んでないんだよな~。

時間の短い映画にするんだから原作を多少はしょっててもしょうがいないよね。

けど、ちょっと最初、観れるかどうか悩んだわ。

あまりにぐしゃべちょで…。気持ち悪くなったわ。

まぁ原作はもっとグロいけどね。

少し抑えてあるね。当たり前か。

自殺とか事故とかで一度死んでしまった人間をマンションの一室に集める黒い球。
そこから指令が出されて、地上にいる凶悪星人を殺せと言われる。
強化スーツと武器が渡され星人の元へ送り込まれる。
どうやら地球には宇宙人(星人)が結構やってきているらしい。
生きている人間には見えない次元で星人たちと戦う玄野たち。
戦いの中で死にかけても、星人を倒し黒い球に呼び戻されれば再び元気な姿で戦える。

ここで生き返らせられた人間はある一定の星人を殺せばまた現実社会に戻される。
しかしいつまた黒い球に召集されるかわからない。
呼ばれるとまたマンションの一室にいて、星人と戦わなければならない。
星人をたくさん殺して点数を稼げたら、普通の生活に戻れるらしい。
けれど星人との戦いの中で死亡すると、現実社会でも死亡となる。

最初は漫画読んでても、なんでこうなるのか、一体黒い球はなんなのかとか謎だらけ。
徐々に判明はしていくけど、はっきり明らかになるわけでもない。
システムそのものもよくわからないしね。
映画ではそこまで描くつもりはないんやろね。
2時間とか、前編後編では描ききれないわ。


前編観る限りではなかなか原作に忠実で、岸本@夏菜なんてイメージぴったり。

ネギ星人とか田中星人もそこそこ。

仏像が動くのもなかなか。

しかしあのスーツはスタイル良くないと着れないね。

私むり。

入らない。おまけに足が短いのとか、おなか出てるのとか、くびれがないのとかばればれ。

死ぬとか以前にあの羞恥プレイを耐え忍べるか自信ない。

 

GANTZ.jpg
映画.comサイトより画像引用
 

 




とりあえず一体なんで戦わないといけないのか、とか、まだこの前編では全然明かされてない。

次作で終わりなんだよね?説明つくのかな?

予告見たけど、なんで松ケン生きてるの?

原作では玄野が生き返らせたはず。



てことで、原作の世界観も崩れてないし、お話もわりに忠実やしキャラクターもそれぞれ合ってるし、いい感じ。

転送具合も、銃もよい感じ。



しかし、ネギ星人の子供は殺せないやろ、ふつう。

気持ち悪いけどさ。子供やん。。。。。 

悪い星人を殺してるのかと思いきや、よくわからんのも謎になってる。
とりあえず地球上にいる星人は皆殺しみたいな感じ。
映画はそこまでひどくはないけど、原作漫画はめちゃくちゃグロイので気をつけてください。

では次は後編の感想を書きたいと思います。

ルナ84.jpg

 

地球に宇宙人が来てるってほんとにゃ??

【本映画過去記事】
映画「フローズン」スキー場のリフトに取り残されてしまった3人。極寒の中生き延びることはできるのか?!
映画「曲がれ!スプーン」超能力番組のADが本物の能力者を探して全国を廻るが偽物ばかり…
本「過ぎし日の絆 上・下」白人夫婦になぜか黒人の子どもが生まれた…家族の絆が試される… 

 


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。不条理な世界は読んでると頭ぐるぐるなります…というわたしにポチっていただけると理解できるようになるかも。

これが原作、37巻まで出てるね↓




スポンサードリンク



nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 4

mitsuya

もしSMAPがどうにかなっちゃったら後を継ぐのは嵐なんでしょうねぇ。GANTZ原作は過激ですけど面白いんですよね(^_^)
by mitsuya (2016-01-17 10:15) 

youyou_s

>mitsuyaさん SMAP気になりますね…。解散はして欲しくないんだけど。。。
原作めっちゃ過激ですよね。
でもだんだん規模がでかくなっていきましたよね。
いまだによくあの球がよくわかりません…原作読んでても。。。
by youyou_s (2016-01-17 10:22) 

ojioji

夏菜ファンのぼくの記憶にあったのはこの映画でした。
連続テレビ小説「純と愛」で辛口評の多い彼女ですが、ぼくは好き(*^^*)
近藤麻理恵さま原作本のドラマに出ていたのも見ました。
但し、この映画はぼくの守備範囲外と決めつけていたのですが、☆四ツに迷いが(^^;)。youyou_sさまのレビューにハズレ無し。
一応、鑑賞候補作してチェック入れます。
が、不器用なぼくには時間が足りないよ〜。
と言いつつ「牡丹と薔薇」旧作を新作と並行して鑑賞しながら「相棒」修行も継続中という自堕落な日々。
ps SMAPの決起?、ファンと芸能マスコミよ、徒花で終わらせないでほしい。信念を持った行動を応援したい者です。よくわからないけれど、直感的にメリー某さん、隠遁しましょうよと思いました。さっき見つけたメリー某さん退任勧告に署名いたしました(^^;)
by ojioji (2016-01-20 20:23) 

youyou_s

>ojiojiさん 夏菜さんのスタイルの良さにもううっとりする映画です!ぴっちぴちの黒スーツ姿はマネキンみたい。
ちょっとグロイ系なのでお嫌いな場合は注意が必要かも^^;
SMAP騒ぎはすごかったですね。あの事務所は前からちょっとタレントの扱いやファンへの考え方に違和感があったので、今回の騒ぎも納得のような…。
でも解散はしてほしくなかったので、ほんとに良かったです。いくら嵐が人気あってもSMAPはまた別な国民的アイドルだと思うので。
by youyou_s (2016-01-20 21:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。