So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「エラゴン 遺志を継ぐ者 」俺、伝説のドラゴンライダーになる!!!(嘘)まぁそんな話です。 [映画]

スポンサードリンク




エラゴン 遺志を継ぐ者」2006年アメリカ104分

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 シュテフェン・ファンマイアー

出演者 エド・スペリーアス シエンナ・ギロリー ジョン・マルコヴィッチ

ドラゴンに乗って平和を守るドラゴンライダーたちのおかげで平和だった帝国アラゲイシア。
ところが一人の裏切り者ライダーにより、すべてのドラゴンとライダーたちが殺されてしまう。
そしてその裏切り者ライダーにより、帝国は力により押さえつけられる過酷な国へと変貌した。
人々は再び善のドラゴンライダーの出現を待ちわびる。
そんな時、農村に住む少年、エラゴンが猟に出かけた時に不思議な青い石を見つける…。


児童書の映画化。
15歳で小説を書きはじめ17歳で自費出版した作家クリストファー・パオリーニ原作。
図書館とか本屋さんで見かけてはいた小説。
でもなんか児童書に関してはハリーポッターでお腹いっぱいって感じやったのでスルーしてた本。
分厚くて巻数も一冊ではなかったような…。

まるっきり世界観は指輪物語だね。
あのホビットの出てくるやつ。
エルフやドワーフもいる世界。
そこではドラゴンと意思を通わせ、乗りこなすドラゴンライダーがかつて存在していた。
火を吹くドラゴンを乗りこなしたらそら無敵やもんね。

 

エラゴン2.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用

 

ライダーたちは一匹のドラゴンとのみ意思を通わせる。
知性を持つドラゴンは、運命のライダーのそばでのみ孵化する。
そのライダーが死ぬとドラゴンも一緒に死んでしまうほど、一蓮托生の運命を持つ。
しかし、権力に溺れた一人のドラゴンライダーによりすべてのドラゴンとライダーが殺されてしまう。
そして、帝国は悪い王様に支配される嫌な国になりました。

この王様は一つ大事にしていた青い石があって、それをお姫様が盗んだと。
そしてその石は、農家に住む一人の少年が森で拾うことになる。
実はその石はドラゴンの卵で、運命のライダーを待っていた。
少年の元で石は孵化し、メスのドラゴンが生まれる。
そのことを知った王様は、手下の魔法使いを少年の元に送り込む。

帝国では王様に反抗する一派がいて、山の中に砦を築き反逆の機会をうかがっていた。
そして少年はドラゴンライダーとして彼らと手を組み、魔法使いや王様の軍団を倒す決意をする。

まぁ、どっかで観たことあるような感じのストーリーやけど、やはりドラゴンの魅力が大きいね。
羽っぽい感じで、グリフォンという伝説の怪物に似てる。
でももっと知性を感じさせる表情豊かさで、結構良い感じ。
ハリーポッターほど夢中になれるわけではないけれどね。

 

エラゴン.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用

 

映画よりきっと小説の方が面白いんちゃうかな。
短い時間に詰め込むからね、映画は。
主人公の少年は大抜擢された人らしい。
アヒル口の可愛らしい感じの人。

ドラゴンぽいものを乗りこなすというのは、アバターでもあったね。
あれも意思を通わせて乗るんだったはず。
あっちは知性はなかったと思うけどね。

ドラゴンの魅力は感じられるけど、ストーリーや主人公にあまり魅力は感じなかったな。
特に主人公のエラゴン。
まぁまだ未熟だという表現なんだろうけど、無茶が多くて、ええええええ~と思うことで好きになれないんだよねぇ。
応援したくならないというか。
成長していくから今はこれでいいのかもしれんけど、観てる方がいらっとするわ。

あとは、短い時間に詰め込んだもので、ドラゴンはあっという間に成長するわ、主人公はいつの間にか魔法が使えるわ、早いなおい!という突っ込みが随所で観られたのも残念な要因かな。

でもトータルで考えると、子どもと一緒に観るファンタジーとしては合格な気がする(えらそうに何様や!)
ちょっと原作読んでみたくなったな。
あとあのドラゴン欲しいな~~。
朝の通勤も渋滞知らず!!(そんな使い方かよ)

ルナ109.jpg

 

ドラゴンよりにゃんこでしょ
↑なにも対抗しなくても…

【本映画過去記事】
本「あたたかい恋」恵まれない生い立ちを背負った女性と大富豪の恋。二人の運命は…
映画「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎原作。5つの時代のエピソードが一つにまとまる時…地球は救われる?!
本「深夜の逃亡者」1953年にマシスンが描くストーカーのお話です。


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。外国ではドラゴンやけど、日本なら龍、でも日本の場合は神様の化身でもあるよねぇ、解釈が違うなぁと思うわたしにポチってくださいませんでしょうか。

これが原作、何巻か出てますね↓


エラゴン 遺志を継ぐ者 〔1〕

エラゴン 遺志を継ぐ者 〔1〕
価格:864円(税込、送料別)




スポンサードリンク



nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 2

ニッキー

ドラゴンで通勤、良いですねぇ(^O^)
あっ、でも知性あるドラゴンだと「は?通勤に私を使うの?」とか冷めた目で見られそうな気がw

by ニッキー (2016-02-05 16:09) 

youyou_s

>ニッキーさん 確かに!!あと、やっぱり広い着地場所がないとキツイかもしれませんねぇ。。結構かさばるし…。もうちょっと小さい方がいいかもってドラゴンの使い方間違ってる!!!
by youyou_s (2016-02-05 21:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。