So-net無料ブログ作成

本「ペトロバグ―禁断の石油生成菌」無機質を石油に変える細菌が発明されたら…高嶋哲夫が描くリアルな世界とは [本]

スポンサードリンク




「ペトロバグ―禁断の石油生成菌」著者 高嶋哲夫

★★★★☆ (個人評価 ★多めならおすすめ)

石油を生成する事のできる細菌(ペトロバグ)を発明した天才科学者山之内。
彼は大学で事故を起こし部下を死なせてしまった過去を持ち身体のみならず精神に深い傷を負って生きている。
大学を追われ家族を失い、今では一企業の研究所員として石油生成菌を生み出した。

その情報を知り石油産出国OPEC、国際石油資本の巨大組織が山之内の殺害とペトロバグ略奪に動き出す。

ところがペトロバグは無機物を石油に変えるのみならず、有機物(生物)をも石油に変えてしまう恐ろしい生物兵器であることが判明。
世界のエネルギー事情をすべて塗り替えてしまうペトロバグを巡って様々な思惑が絡むなか山之内が決意したこととは。

ペトロバグ―禁断の石油生成菌 (文春文庫)

ペトロバグ―禁断の石油生成菌 (文春文庫)

  • 作者: 高嶋 哲夫
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/11/10
  • メディア: 文庫


いや~面白かったわ!

もしこんなバクテリアが遺伝子組み換えで生まれたとしたら石油が無限に手に入るわけやね。

人間を石油に変えてしまうのは頂けないが。


まぁそうなれば確かにアラブ諸国等石油輸出に頼っている国は死活問題やわね。


しかし日本の政府のとろくささに苦笑。
まぁ現実もこんなもんちゃうかなと。

他国が動いて初めて日本国内に目を向けるのは今に始った事ちゃうし。
リアルさがあったわ。


原子力しかり石油しかりそういうものに変わるクリーンなエネルギー源が見つかったらいろんな企業が大ダメージを受けるんやろなぁ。
てことは現実そんなものが開発されたとしてもこっそり抹殺されるんちゃうか。


面白かったし考えさせられる一気読みレベルの小説でしたわ。 

ルナ128.jpg

 

触るものすべて下僕に変わるにゃ!

【本映画過去記事】
本「理想の恋の作りかた」35歳女性が婚活のため独身セレブが集まるリゾートへ…
映画「エラゴン 遺志を継ぐ者 」俺、伝説のドラゴンライダーになる!!!(嘘)まぁそんな話です。
映画「モンスターズ / 地球外生命体 」メキシコの隔離地区から脱出を図る男女。そこでは異星人がうろうろしていて…。

 


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。身体がどろどろに溶けるとか恐怖だよねぇ、、、というわたしにポチっていただけませんか?

スーツケース借りるより買う派です↓





スポンサードリンク



nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 2

ニッキー

触らなくても目が合っただけで皆下僕です(^_^;)
by ニッキー (2016-02-20 11:40) 

youyou_s

>ニッキーさん 確かに!(笑)
ごろんってされてあの大きな目で見つめられたら…。。。なんでもしますーーーー><
by youyou_s (2016-02-20 21:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。