So-net無料ブログ作成
検索選択

本「ザ・キル」元FBI捜査官シリーズの第三弾。連続少女殺人鬼を追うヒロインの運命とは [本]

スポンサードリンク




「ザ・キル」著者 アリスン・ブレナン

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

ヒロインが元FBI捜査官の三部作ラスト。

FBIにて研究所に勤めるオリヴィアは5歳の時、姉が誘拐され殺害されるという過去を持つ。
その犯人が投獄され34年が過ぎ、新たにDNA鑑定で冤罪が確定してしまう。
自分の誤った証言により無実の人間を34年も投獄し、真犯人はその間もずっと少女殺害を続けていたのだ。

オリヴィアは真犯人を捕まえるためシアトルへと向かう。 

 

ザ・キル (集英社文庫)

ザ・キル (集英社文庫)

  • 作者: アリスン ブレナン
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 文庫



三部作の中ではこれが一番好きかも。
少女殺しだからきつい事件なんだけど、娘を殺された母親のネグレクトにより心を傷つけられる少女が痛々しい。


オリヴィアが考えるように確かに現代に娘を持つことの怖さってあるよな。


いつどこでどんな悪意が娘を襲うかもしれんし。


今は自分が死にたいがために人を襲う奴がいるくらいやからね。


自殺する勇気がないから人を殺して死刑になる…もうね、あほかと。


勝手に一人で死ねや!!みたいな。




町でいきなりその手のアホが襲ってきても、娘を守り切れるとは限らないもんなぁ。

弱い者しか相手にできない犯罪者が多いから怖い。

しかし、冤罪で服役し人生の大半を刑務所で過ごした男が一番哀しいわ。。。
最後まで救われないっつーか。

ルナ134.jpg

 

少女殺し…わたちも危にゃいな…狙われるかも

【本映画過去記事】
映画「タイタンの戦い」ギリシャ神話をベースにゼウスの息子ペルセウスが人間を守るため戦う物語
漫画「1ポンドの福音」減量下手のボクサーが修道女に恋をした…高橋留美子ワールド 
映画「カウボーイ&エイリアン」ハリソン・フォード出演作。西部劇の世界にエイリアンが侵略してきたら…

 


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。子どもが殺される事件は耐えられない!!!と思うわたしにポチって下さると世の中の子ども全部が幸せに…なれるといいなぁ。

これいいね↓



 




スポンサードリンク



nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 2

mitsuya

あつおくんへのコメント、記事掲載本当にありがとうございました。youさんのコメントが一番泣けてしまいました、あつおくんの為に泣いていただいて感謝感謝です。これからまたよろしくお願いしますね。
by mitsuya (2016-03-02 01:51) 

youyou_s

>mitsuyaさん 何日経っても考えると泣いてしまいます…。本当に可愛い子でしたもん。
なかなか癒されないでしょうけど、他の子たちのためにも頑張らなきゃ…ですね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
by youyou_s (2016-03-02 20:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。