So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「ミッション:8ミニッツ」列車事故解明のため犠牲者の死ぬ8分前の意識に何度も入りこむのだが、、 [映画]

スポンサードリンク




「ミッション:8ミニッツ2011年アメリカ映画93分

★★☆☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 ダンカン・ジョーンズ

出演者 ジェイク・ギレンホール ミシェル・モナハン

軍の大尉であるスティーブンは突然自分が電車の中にいることに気が付く。

鏡を見ると映っているのは自分じゃない誰かだった。

そして8分後…彼の乗った電車はシカゴに着く直前で爆発する。

爆発後目を覚ました彼は自分がカプセルの中にいることを知る。

そして軍の極秘ミッションのため、死んだ乗客の意識の中に入り込み、死の直前8分前に意識を飛ばされていることを知る。

電車爆発事故により大量の死者をだした犯人は連続テロを企画し、今度はシカゴのど真ん中で中性子爆弾を爆発させると予告してきていたのだ。

電車が爆発するまでの8分間のみ彼は行動できる。

果たして犯人を見つけテロを防止することができるのか。 



うーん。

過去にタイムワープしているのではないと説明があったけど、そこらへんはわかりにくいね。

平行宇宙の考え方のほうが理解しやすいかも。

だからスティーブンが何度も何度も飛ばされるたびに少しだけ状況が違ってたりする。



ちょっとネタバレになるけど、あれはあくまで意識間でのプログラムなんだから、やっぱりラストはちょっと納得できないかもね。

でも彼が最後は精神社会で生きてるとすれば、大尉の精神の中で世界が展開していくのであれば納得できる…かな。

でもじゃぁメール送るのはやっぱりおかしいやん。

まぁあんまり深く考えないのがいいのかも。

ごめんなさい、観た人じゃないとわからない感想ですけど。


ただあれはきついよね。

何度も何度も自分の死を体験するなんてさ。

いくら戻ってこられるとしてもやっぱり精神的なダメージは大きい。

過酷すぎるわ。

 

ミッション2.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用

 


途中でなんとなく筋書きが読めて、ああ大尉ってもしかしてこんな状態なんちゃうやろか…って思ったとおりだった。

別に自慢してるわけちゃうけどさ。

設定はすんごく面白いんやけど、じゃ死んだ乗客の意識の中に入るのはどうやってんのよ、と。

その人の脳にアクセスしないと無理ちゃう?

爆発事故によって跡形もなく亡くなってる人とどうやって意識をつないだのかも疑問やわ。

これは夢ですよ、夢の中だから何をしてもいいんだよ、みたいな感じだったけど、本人にとっては現実と変わりないんだから難しいよね。

 

ミッション.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用

 


まぁラストはこういう映画にしてはめずらしくハッピーエンド。

もっと悲惨なことになってもおかしくないのにハッピーエンド。

ああ、良かった、…でも…あれ?…なんかおかしくね?みたいな。

どうせ考えたってわからんのやからただただ楽しんで観るのが正解。

ちょっと設定が理解しにくい映画でした。

ルナ135.jpg

 

理解してにゃいのはママだけ…

【本映画過去記事】
本「脱出記―シベリアからインドまで歩いた男たち」驚愕の実話。第二次大戦中シベリアでの捕虜の決死の逃亡劇。
映画「ステキな金縛り」事件の唯一の証人がなんと落ち武者の幽霊?!
本「最後の銃弾」愛した彼女は夫を撃つ悪女なのか?!苦悩する刑事に真実が告げるものとは

 

 


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。タイムループものって下手すると意味わからんくなるよね?ならない?というわたしにポチって頂けたら幸せです。

カレー大好き!これ美味しいかな↓





スポンサードリンク



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。