So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「ワルキューレ」ヒトラー暗殺計画の実話をトムクルーズ主演で描く [映画]

「ワルキューレ」2008年アメリカ、ドイツ映画

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 ブライアン・シンガー

出演者 トム・クルーズ ケネス・ブラナー  ビル・ナイ  トム・ウィルキンソン

第二次世界大戦中、ヒトラーに洗脳されたドイツ軍の中で反乱をたくらむものたちがいた。
ヒトラーの非道なやり方に反発した将校たちはヒトラー暗殺計画を練る。
戦闘で左目と右手を失ったシュタウフェンベルク大佐が主となりヒトラー暗殺計画が実行される。


実際の歴史上、ヒトラーは暗殺されていないので、この計画が失敗に終わることは最初からわかっている。

そこをどのように魅せていくのか、がこの映画のキモかも。

なんだか観ている間中、緊迫感が迫り、なかなかドキドキはらはらできた。
なんだったら成功してくれ!!!!と祈ってしまいながら。
だめなのはわかっているのに…。

でもこんな大規模な暗殺計画があったとは全然知らなかった。
しかもヒトラー側近の将校たちの中で、反逆を試みた人たちがいたなんて。
全員洗脳されてたのだろうと思ってたわ。
そのことだけでもこの映画を観て良かったかも。

ドイツにしたら恥ずべき歴史となってしまっただろうけど、軍の中にもちゃんと人間の心を持った人たちも大勢 いたのだと描きたかっただろうな。
残念なことに、暗殺計画が失敗した9か月後にヒトラーが自害したらしい。

ヒトラー暗殺って何十回も行われようとしたらしいね。
それが成功していたらユダヤの人も少しは救われたかもしれないのに。
頭がおかしい小男一人をなぜあんなに恐れていたのか。

ヒトラーに反逆することはもし失敗したら、自分の命のみならず家族全員殺されてしまう。
その怖さを背負いながらの反逆はどれほどのものだっただろうね。
将軍だったり、結構な上の位の人が賛同していたのは驚いた。

まぁ暗殺は失敗するのだけれど、なんで失敗したのか…をもう少し詳細に描いて欲しかったかも。
ヒトラー出席の会議で爆弾を破裂させるんだけど、一瞬成功か!!と思わせておいて、実はヒトラーは生きていたと。
どこがだめだったのか、もきちんと見せて欲しかったわ。

反逆者のトム・クルーズたちはヒトラーが死んだと思い、ベルリン制圧に向けて軍を動かす。
途中まで成功したのに、ヒトラーが軽傷だとわかり、頓挫してしまう。
ヒトラー側近を逮捕に向かった将校が、その場でヒトラーその人の電話を受け姿勢を正す。
そして側近をそのままにし、反逆者であるトムたちを逮捕に向かう。
このシーンが、ヒトラーの恐怖政治を物語ってる。
ただその人の声を聴いただけですぐさま命令に従う。
疑うことも、反抗することもしないで。
ヒトラーの怖さだよね。

結末はやはりあっさりしている。
なんせ暗殺は失敗なのだから。
これは動かせない事実であって、実際に反逆したものは銃殺されている。

 

ワルキューレ2.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用

 

史実に従って描いているから結末を変えようもないんだけど、ついつい成功して!!と願って観てしまってたな。
まるでスパイ映画、ミッションインポッシブルを観てるようなどきどき感。
誰が味方になり、誰が敵になるのか…その駆け引きや、実行者たちの苦悩。
そして潰えた計画。
胸が痛くなる映画だけど、ドイツ軍に対する嫌悪感は薄れる気がする。
ヒトラーを崇拝する人ばかりじゃなかったということ。
ちゃんと反抗しようとしていた人が軍内部にいたこと。
なんとなくそれは救いになる気がする。

けどこういうドキドキする映画はもーー心臓が持たないわ。。。
ミッションインポッシブルもそうなんだけども。
観ていてどきどきしすぎて、わーーーーって言いたくなる(なんでや!)

トム・クルーズは相変わらずカッコいい、失敗したってかっこいい。
なんで彼はあんなに制服が似合うのか。
軍服めっちゃ似合うよね。
トップガンの時のパイロット姿もかっこよかったし。

 

ワルキューレ.jpg
yahoo!映画サイトより画像引用

 

自分が権力を握りたいだけの政治家や将軍もいたけど、それでもあのヒトラーに反抗しようとする勇気はすごいと思う。
ワルキューレ作戦を知れただけでも価値があったわ。
どきどき感も味わえたしそこそこの映画でした。

ルナ130.jpg

 

人間にも怖い人がいるにゃぁ

【本映画過去記事】
漫画「1ポンドの福音」減量下手のボクサーが修道女に恋をした…高橋留美子ワールド
映画「カウボーイ&エイリアン」ハリソン・フォード出演作。西部劇の世界にエイリアンが侵略してきたら… 
映画「コンテイジョン」世界各国に広がる新種のウイルス。パンデミックの恐怖を描くパニックムービー。 

 


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。隣国にミサイル打ち込む現代のヒトラーは誰か暗殺してくれないのですかね?と思うわたしにポチってください。

これいいね~↓



 


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「きっと、うまくいく」インドの優秀大学に入学した3人の恋と友情、それぞれの生き方を描く。 [映画]

「きっと、うまくいく」2009年インド映画170分

★★★★☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 ラージクマール・ヒラニ

出演者 アーミル・カーン(ランチョー)  カリーナ・カプール(ピア)  R・マドハヴァン(ファラン)  シャルマン・ジョシ(ラジュー)

インドでも有数の理工系エリート大学に入学したファランとラジュー。
そこで出会ったランチョーは破天荒で常識にとらわれない自由人だった。
ランチョーは学業トップの成績、理工系が好きだから…という彼に振り回されながらもその生き方に二人は惹かれていく。
そして三人の間には友情が。
しかし卒業と同時にランチョーは誰とも連絡を取らずに姿を消してしまう。
一体彼はどこに行ったのか?!

 


 



実はインド映画は初めての鑑賞。
突然ダンスや歌が始まり、やたら陽気なイメージがあった。
…まあ、そのとおりやったんやけど。

この映画、これは掘り出し物でした!!!!!
めっちゃイイ!!!!
笑えてほっこりして泣けてラストはもうこれ以上ないほどのすっきり感。
確かに途中歌やダンスがいきなり始まるけど、それはそれで全然OK!
結構耳に残るメロディだったり、歌詞だったりして、そのシーンも全然苦痛じゃなかった。
いや、むしろ楽しめた。

 

きっとうまくいく2.jpg
映画.comサイトより画像引用
 

 

インドの俳優さんて筋肉むきむきが多いのかな?
主人公のランチョを演じてた人も背は低かったけど、身体はむきむきやった。
目がぱっちりしてて可愛らしい感じの俳優さん。

ストーリーとしては、インドのエリート大学に入学したファランとラジュー。
ファランはインドの貧困層の出身。
家族を食べさせるために卒業し、良いところに何がなんでも就職したい。
ラジューはインドの一般家庭出身。
決して裕福ではないけれど、彼を良い大学に入れるために父親はラジューの部屋にだけエアコンを設置したり、少し無理をしてでも良い企業に入って欲しいと願っている。
しかし実は彼はカメラマンになりたいと思っているが、父親にはそれを言いだせない。

ランチョーはそんな彼らに生きたいように生きるべきだと諭す。
そして「きっと、うまくいく」と胸に唱えることを教える
インドの収入格差や、学歴社会、そういったものを風刺しているともいえる映画。
インドってなんとなく日本より遅れてるイメージがあったんだけど、今の日本と変わらないんやねぇ。
ランチョーはその自由な考え方により、学長から嫌われ疎まれている。
ところが彼が好きになった女性は学長の娘だった…。

彼らが在籍中にいろいろな出来事がある。
笑えることも多いけど、知り合いが自殺するとか、友達が大けがするとかシリアスできつい出来事もある。
それでも彼らはランチョーの真摯な生き方に触れどんどん感化されていく。
しかしランチョーには秘密があり、彼は卒業後すぐに行方をくらませてしまう。

映画の最初はそのランチョーが見つかったと連絡が入り、 ファランとラジュー、そして嫌われ者の元クラスメイトと共に彼を探しにいくところから。
そして彼らの大学時代に戻り、時折、ランチョーを探す現在に行きつ戻りつしつつ話が進む。

笑えるところはしっかり笑わせ、泣ける部分はしっかり泣かせる。
ランチョーの人物像や、親友二人の生活から考え方までしっかり肉付けされているから観ていて違和感なくのめり込める。
最初からとんとん拍子に上手くいくのではなく、それなりに試行錯誤があって成功したり、時には失敗したり、ランチョーの言動に共感したり、ええええええ~っと思ったり。
映画の最初に出てくる細かな伏線もすべてしっかり回収され、ラストは思いっきりすかっとする。

きっとうまくいく.jpg
映画.comサイトより画像引用
 

 

インド映画ってこんな素晴らしかったのかぁと目からうろこです。
途中で唐突に始まる歌やダンスも全然違和感ないし、むしろぴったりな感じ。
日本もインドもエリートめざし良い大学に入り…というのは一緒やなと知ったわ。
でもインドの方が親を大事にしてるのかもしれないな。
親の意向がすごく大事な感じ。
貧富の差が大きいのも要因かも。

次々と小さな事件から大きな事件が起こり、結構長い映画だけど全然飽きさせない展開。
ランチョーの秘密も、インドならありうるのかもしれないと思わせるし。
ランチョーを探す旅もすごく良かった。
インドって広いねぇ。

ランチョーは成績優秀。
あとの二人はぎりぎり留年せずに済んでいるレベル。
一体どうして?と聞く二人にランチョーは自分は理工が好きだからと答える。
そしてファランには、君は怖がり過ぎているから…と伝える。
ファランは貧しい家族のために絶対に良い会社に入りたい、入らなければならないと考えている。
そのため試験の前には神に祈り、指には縁起かつぎの指輪を何個もはめている。
怖がらずにありのままで生きればいいとランチョーに教えられる。
ラジューは本当はカメラマンになりたいけれど、彼のために一生懸命の父親には言い出せない。
理工が本当は好きではないので成績が伸びないというのがランチョーの考え。
好きなことをするべきだというランチョー。
彼の生き方や行動には学ぶべきことがあるような気がする。
まぁただの理想だと言えばそうなんだけど。


三人の友情がまた微笑ましくて笑えて泣けて感動して…というすべてが詰め込まれた映画でした。

これでインド映画を好きになったわ。
これからは喰わず嫌いならぬ、観ず嫌いを治したいと思います。
この映画は超超おすすめ!!!!!

ルナ134.jpg

 

インド……一体どこ…

【本映画過去記事】
本「あたたかな雪」超能力を持つ女性が山で遭遇した事故とは…
映画「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」血まみれホラーコメディ。サイコキラーにしか見えないホントは心優しい二人を襲う不運とは。
本「人生の価値―私たちは、どのように生きるべきか」生きがいとか生きる価値とか人生啓発本です。

 


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。てっきりインド映画はターバン巻いた人ばっかり出てくるのかと思ってた、偏見でしたすみません、日本映画は着物と忍者ばっかりと思い込んでる外国人のようなわたしにポチって頂けると嬉しいです。

インドと言えばカレーという偏見をすてたい↓



nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎原作。風変わりな隣人と知り合った大学生、本屋強盗を持ちかけられる。 [映画]

「アヒルと鴨のコインロッカー」2006年日本映画110分

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 中村義洋

出演者 濱田岳 瑛太 関めぐみ 松田龍平 大塚寧々

大学に入学するため仙台に引っ越してきた椎名。
引っ越し当日、隣人の河崎から本屋強盗の話を持ちかけられる。
孤独で失意にあるブータン人のため広辞苑を盗んでこようと言うのだ。
奇妙な隣人の河崎と椎名は徐々に仲良くなっていくのだが…。


原作を読まずに映画鑑賞。
全然内容を知らずに観ました。

仙台の大学に入学のため椎名は一人暮らしをするため東京から引っ越してくる。
荷物を片づけているところへ話しかけてきたのは隣に住む河崎という男だった。
椎名の隣に住むブータン人のため本屋を襲撃し広辞苑を強奪してこようと持ちかけられる。

ネタバレせずに感想言うのがなかなか難しいわ。
とりあえず、一体なんで河崎はわざわざ本屋を襲おうと言うのか。
謎はここから始まる。
一応理由としては、椎名の隣に住むブータン人。
彼は付き合っていた彼女を失くし失意の中にいると。
彼は日本語を覚えるため辞書を欲しがっており、それをプレゼントしたいのだと河崎は言う。
それなら買えばいいじゃん!と思うのだが。
河崎はあくまで本屋を襲うのだと主張する。

最初椎名はしり込みするのだが、結局手伝うことになってしまう。
そして無事成功するのだが、河崎が盗んできたのは広辞林…ちょっと違った。
これはひとつのカギにもなるんだけどね。

河崎がなぜそんなことをしたのか…。
これが大きな謎になる。
河崎はブータン人とその彼女の話を椎名にする。

映画は、現在の椎名と河崎、そして過去に戻りブータン人の彼女、琴美の話の二本立てになる。
代わる代わる現在と過去を行きかううちに、だんだんいろいろな事実が判明してくることになる。
なぜ琴美は死んだのか。
それにはこの街で起きていた動物虐待事件が大きくかかわっていた。

これはちょっと想像つかないオチだったなぁ。


でもなるほど!とも思わされるのは、伊坂幸太郎原作だからかな。 

事実がわかるにつれて、何とも言えない同情心とか哀しみとかが湧き出てくる。
ちなみにタイトルのアヒルと鴨というのは、外来種と日本在来種、つまりは外国人と日本人という意味らしい。
それと、この映画のキモとなるのはボブ・ディランの「風にふかれて」という歌。
聞いたことあるけど、曲名とかは知らなかったわ。
河崎はボブ・ディランを神だと崇めているんだよね。
これもストーリーの重要なファクターでもある。

ただね~、なんで★三つかというとね、納得いかないこともあったからね。
少しネタバレになるけど琴美は車にはねられて死ぬんだけども。
警官の目の前ではねられて、そのあと、その車はトラックが突っ込んできてぐしゃっとなり、乗員3名のうち2名が死亡。
一人生き残るんだけど、彼は犯罪者とはならないわけ?
どうも逮捕されてない感じなんだけども。
女性を跳ね飛ばしておいて、自分も事故に遭ったかもしれないけど、加害者は間違いないはず。
でもそのあとも普通に暮らしてるんだよ、納得いかんわ。

あと、ラストもね、なんか好きじゃない。
必然性があったのかなぁ。
まぁあるのかもしれないけど。
それと瑛太の英語が全然ネイティブじゃない感じがしてなじめなかったわ。

感想書いてるうちにどんどんネタバレしていく気がするので、この辺で止めておきます。
ただ、徐々に事実が判明していく過程は面白かったし、理不尽さもなんかリアルではあったかな。
ああ、そういうことなのかぁ…と思えるので映画としては面白かった。
原作も読んでみたいなぁ。
しかし濱田岳というのは、こういう人に流される役似あうねぇ。

あ、あと出演者でも結構驚いた。
まず岡田将生が超脇役で出演。
濱田岳の大学の同級生で名前もないちょい役。
その何年か後には一緒にW主演で映画やるなんて想像してるかなぁ。
もう一つ驚いたのは、都市伝説の人「信じるか信じないかはあなた次第です!」って言う人。
あの人が悪役で出てた。声もそのまんま。
あの人俳優やったんやねぇ、びっくり。

結局最後はどうなるのか、どうなったのか、が知りたいけど原作でも描かれてないらしい。
そこらへんも★みっつになった理由かも。

まぁ結構そのまんまのストーリーではなく、伏線があったり、捻じ曲げてあったりするので結構面白いです。
何も予備知識なしで観るのが一番おすすめ。
あ、このブログ読んでる時点で予備知識仕入れてしまってるけども。

ルナ100.jpg

 

悪い人間っているんだにゃぁ
↑でも善い人間もいるんだよね

【本映画過去記事】
本「憎しみもなにもかも」真面目な治安判事が惹かれた相手は新しい秘書?!
映画「モンスターズ / 地球外生命体 」メキシコの隔離地区から脱出を図る男女。そこでは異星人がうろうろしていて…。
本「四十でがんになってから」40歳女性ががんと宣告されたら…リアルながん患者のエッセイ

 


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。伊坂幸太郎さんの小説はどれも面白いねぇ。一筋縄ではいかないストーリー展開で。ということでできればポチって頂けるとめっちゃ嬉しいです。

原作も読みたくなったわ↓



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「プリンセス トヨトミ」大阪城地下で大阪府民に400年間ずっと守られてきたものとは…ネタバレ [映画]

プリンセス トヨトミ」2011年日本映画119分

★★☆☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 鈴木雅之

出演者 綾瀬はるか 堤真一 中井貴一 岡田将生

会計監査官の松平は大阪にて、国の予算が正しく使用されているかを調べていた。

大阪府庁等監査を続けるうちに、財団法人OJOに疑問を持つ。

一体彼らは何を隠しているのか。

そしてとうとう松平は大阪府下で400年間も続いたある真実に行き着く。


【ネタバレしてます注意!】

堤さんが良かった。

あと設定も良かった。

大阪国っていうのも良かったし、大阪城の抜け道も良かったし、大阪城の地下っていうのも良かった。

 

プリンセストヨトミ2.jpg
映画.comサイトより画像引用

 


なのに結局は父と子のきずなみたいなもんに流されて検査官が見逃してしまうのがな~、なんだかな~。

自分の父が大阪人やったのが大きいってのはわかるけどさ。

ただただ豊臣家の末裔を守るためってのは無理があるような。

他にも大事なものを守ってるって言うけども、父から子へと受け継がれるものって、莫大な国家予算使って大阪全体でやることじゃないような。

なんか腑に落ちないところがあったので、観ていて面白かったんだけど観終わったあとは「うーん」ってなったわ。


映画の中で大阪がからっぽになるんだけど、まずああはならんわな。

大阪府民全員が加担してるっていうのはムリがある。
観光客だったり、大阪にただ就職してるだけの人もいっぱいいるし。

元々大阪人じゃない人もいっぱいいるやん。外国人も。

そういうとこが納得できなかったんよなぁ。

なんかおしい!おしいわっ!っていう映画。


もうなんだったら大阪国として日本に宣戦布告するぐらいが良かったんちゃうやろか。

大阪全体っていうよりかは一部でもええしさ。

ちょっと無茶な感じが否めなかったな。

 

プリンセストヨトミ.jpg
映画.comサイトより画像引用

 


綾瀬はるかは可愛いし走ると胸が揺れるし、堤さんは頭堅そうな感じがいいし、当然岡田くんは美少年、ビジュアル的にも見ごたえあった。

でも中井貴一さんは大阪弁あんまし上手じゃないね。

総理大臣としてはいい感じやけども。


プリンセスとしての見どころももっとあっても良かったような気がする。

あ、なんかめっちゃ批判的やけど、最後まで退屈せずに観れました。

設定はむちゃくちゃ面白いし、途中までわくわくして観てた。

でも結局そないよくもないし、悪くもない中途半端な映画でした。

ルナ132.jpg

プリンセスの名はわたちにこそふさわしいにゃ

【本映画過去記事】
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」宇宙人が攻めてきた!よくある話だけどこれがなかなか… 
本「理想の恋の作りかた」35歳女性が婚活のため独身セレブが集まるリゾートへ…
映画「エラゴン 遺志を継ぐ者 」俺、伝説のドラゴンライダーになる!!!(嘘)まぁそんな話です。

 


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。設定は良かったんよ!、ほんとに!勿体ないな~なんか、というえらそうなわたしにポチって下さると嬉しいです。

こういうの作るの好き!↓



nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「ジャックと天空の巨人」ジャックと豆の木を元に巨人と人間の戦いを描くリアル童話。 [映画]

「ジャックと天空の巨人」2013年アメリカ映画114分

★★★☆☆(個人評価 ★多めならおすすめ)

監督 ブライアン・シンガー

出演者 ニコラス・ホルト  エレノア・トムリンソン  ユアン・マクレガー

ジャックは両親を亡くし叔父の農場に引き取られ育てられた。
ある日修道士から馬と引き換えに古い豆をもらう。
しかしその豆は天空へと通じる道だった。
伝説でしかなかった人間を喰う巨人が住む天空と地上が繋がった時、人類に危機が訪れる…。


童話「ジャックと豆の木」と「ジャック・ザ・ジャイアント・キラー」というお話が元になっているらしい。
けど後のお話は全然知らなかったわ。

映像は綺麗。
豆の木はちょっと作り物くさかったけど、重量感とかそういうのはリアルやった。

伝説として語り継がれてきた天空の巨人。
ジャックも子供の頃、お話を聞かされて育った。
ところが馬と引き換えにその豆を手に入れることに。
雨が降る夜、その豆が転がり軒下へ。
ぐんぐん成長し、天空へとつながってしまう。

たまたま、王女がジャックの家にいて(話が長くなるから割愛するけど)、成長した豆の木と共に天空へと連れ去られてしまう。
王女を救うため、ジャックと王様の兵士たちが豆の木を登ることに。
けど、そこに悪い大臣が混じっていて、彼は巨人を操ることができる王冠を手に、巨人たちの王に収まってしまう。
そして地上へと巨人を放ち、すべての国を自分のものにしようとする。

巨人の姿は結構良い感じ。
ただね~どうしても進撃の巨人を思い浮かべてしまうわ~。
あれもこうやって天空から巨人がきたのかも…なんて。
姿形はそこまで変な感じではなくて、どちらかと言うと造形は、「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラム似。
そっくり。声もそっくり。
汚らしくて臭そうでその辺は良かったな。

 

ジャック2.jpg
映画.comサイトより画像引用

 

主人公のジャックは、ただのラッキーボーイにしか思えなかったわ。
運が良くてここまでとんとん拍子に上手くいく…みたいな感じ。
顔がトム・クルーズの劣化版みたいな(失礼な!)感じ。

 

ジャック.jpg
映画.comサイトより画像引用

 

でも巨人がせめてきたら人類はおしまいだよねぇ。
絶対勝てない。
巨人を傅かせる王冠があれば別だけど。

童話を実写化したってことで娘と一緒に観たけど、そこそこ面白かったんじゃないかな。
巨人がリアルだったし、どきどきも少ししたし(少しかよ)。
進撃の巨人みたいにグロくはなかった。
人間を食べるシーンはうつさなかったからね。
じゃないとR12とかにせなあかんもんね。

CGがどんどん進化したからこそ面白かったんだろね。
ストーリーは王道やから。
小さな子供はちょっと巨人が怖いかもしれんけど、小学校高学年くらいなら楽しめると思う。

ご家族で観れる映画です。

ルナ122.jpg

 

巨人はにゃんこも食べるのかにゃ

【本映画過去記事】
映画「デイブレイカー」人類が滅亡寸前、すべてヴァンパイアと化した世界。そんな時、人間へと戻れる方法が見つかり…。
映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」木村拓哉主演。宇宙戦艦ヤマトの実写化!
本「水冥き愁いの街―死都ヴェネツィア」龍の黙示録シリーズ。ヴァチカンへと帰る修道士、そして龍に魔の手が。


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村←ブログランキング参加してます。ジャックと豆の木って考えてみると結構怖い童話だよね、と思ったわたしにポチっていただけますか?

こういうのも出てるくらいやもんね↓


本当は怖い世界の童話

本当は怖い世界の童話
価格:596円(税込、送料別)


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。